Eメールのパーソナライズ方法

更新日時 June 30, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Basic, Pro, & Enterprise

コンタクトに基づいてEメールをパーソナライズすることは、コンテンツを見てもらう上で非常に重要です。もちろん、パーソナライズは素晴らしいことですが、敬遠されることなくコンタクトを惹きつけるには、節度をわきまえる必要があります。パーソナライゼーションがエンゲージメントを推進することは実証済みであり、『2014 Science of Email Marketing Report』によると、個人名で呼びかけるだけでクリックスルー率が約5.8%から約7%に上がりました。

HubSpotを使用すると、個人名や会社名など、コンタクト記録にある任意のプロパティでEメールをパーソナライズできます。個人名のパーソナライゼーションをEメールで使用するように指定すると、コンタクト記録の名プロパティが検索され、そのプロパティの値が取り出されてEメール内の指定位置に配置されます。

パーソナライゼーションをEメールで使用するには、まず、HubSpotアカウントでコンタクトプロパティを作成する必要があります。HubSpotでプロパティを作成したら、以下に示すパーソナライゼーションの利用方法を見ていきます。例では、個人名と会社名を取り上げます。

以下の手順に従って、Eメールをパーソナライズしてください。

前の記事

次の記事