お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Connected Email

Eメールエイリアスを追加する

更新日時 2019年 10月 31日

接続された受信トレイを通じてCRMからEメールを送信すると、送信元アドレスの既定値がユーザーのEメールアドレスに設定されます。CRMからE メールを送信するときに他のEメールアドレスを使用したい場合、複数の受信トレイをHubSpotに接続することができます。

Eメールエイリアスは、ユーザーの既存のEメールアカウントを指す代替アドレスです。EメールエイリアスからEメールを送信したい場合は、Eメールプロバイダーに応じてCRMから実行できます。そうでない場合、[プロファイル&設定]で、Eメールエイリアスを手動で追加できます。それによって、HubSpotの外部から送信されたEメールはCRMに記録されます。

Gmail受信トレイのエイリアスサポート

すでに エイリアス が設定されているGmail受信トレイが 接続 されている場合、エイリアスを使用してCRMからEメールを送信できます。 gmail-email-alias-set-up-in-account

GmailアカウントをHubSpotに接続すると、HubSpotはGmailエイリアスを自動的に検出し、送信元アドレスとして追加します。Eメールのウィンドウの [送信元]ドロップダウンメニューで、Gmailエイリアスを選択できます。

contact-send-email-from-alias

注: これが自動的に実行されるには、 受信トレイを接続する「前」に、 Gmailアカウント にエイリアスを追加する必要があります。 

CRMから順番にコンタクトを登録している場合[順番に選択]ダイアログボックスで[送信元]アドレスとしてエイリアスを選択することもできます。sequences-send-from-alias

Office 365 と IMAP 接続の受信トレイのエイリアスサポート

Office 365 または IMAP を使用して受信トレイが HubSpot に接続されている場合、E メールエイリアスを使用して CRM から E メールを送信できません。ただし、エイリアスを使用して、接続されたEメール受信トレイから直接Eメールを送信し、BCC アドレスまたはHubSpot SalesのEメール拡張機能を使用してHubSpotにログ記録することができます。Office 365またはIMAPの受信トレイを接続する場合は、エイリアスは自動的には追加されません。したがって、エイリアスから送信されたこれらのEメールをログに記録するには、HubSpotの[プロファイル&設定] にエイリアスを追加する必要があります。

  • HubSpotアカウントにて、右上に表示されるアカウント名をクリックし、[プロファイルと設定]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで [セキュリティー] を選択します。
  • [Eメールエイリアス]セクションで、[Eメールアドレスを追加]をクリックします。

  • Eメールエイリアスを入力し、[保存]をクリックします。。