お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Email

コンタクトの担当者からEメールを送信する

更新日時 2020年 8月 5日

対象製品

Marketing Hub  Starter, Professional, Enterprise
CMS Hub  Professional, Enterprise
Marketing Hub Basic(旧製品)

[コンタクト担当者]プロパティーを使用すると、マーケティングEメールにパーソナライゼーショントークンを使用して、送信者名と送信者アドレスを特定の担当者から送信されたように見せることができます。

注:この機能は無料のHubSpot CRMアカウントでは使用できません。

  • HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [Eメール]の順に進みます。
  • 既存のEメールの下書きの名前をクリックするか、右上の[E メールを作成]をクリックします。

ドラッグ アンド ドロップEメールエディター従来のEメールエディターのどちらを使用しているかに基づいて、以下の対応する手順に従ってください。

ドラッグ アンド ドロップEメールエディターを使用してコンタクト担当者のパーソナライズトークンを追加する

  • 画面上部の[設定]タブをクリックします。
  • [送信者名]ドロップダウンメニューをクリックします。
  • [Add Personalization token(パーソナライズトークンを追加)]をクリックします。
  • ダイアログボックスで、[プロパティー]ドロップダウンメニューをクリックしてから、[コンタクト担当者]を選択します。
  • [既定のユーザー]Eメールコンテンツ設定で設定され、Eメールを受信したコンタクトがHubSpotで担当者を設定していない場合に表示される値となります。[ユーザーのプロパティー]ドロップダウンメニューをクリックして[フルネーム]を選択します。 
  • [挿入]をクリックします。

insert-personalization-token-modal-1上記の手順を繰り返して、担当者のEメールトークンを送信者アドレスとして追加します。

dnd-email-editor-contact-owner-personalizationコンタクト担当者以外のユーザーからEメールを送信する場合は、カスタムコンタクトプロパティーを使用して同じ手順を実行します。 

従来のEメールエディターを使用してコンタクト担当者のパーソナライズトークンを追加する

  • Eメールエディターの上部にある [Eメール詳細] セクションで、[詳細を編集]をクリックします。
edit-email-details
  • [送信者名]ドロップダウンメニュー横にある[追加/管理]をクリックします。from-name-in-email
  • [送信者名の管理]ペインで[パーソナライズ]をクリックします。  
add-manage-from-name
  • ダイアログボックスで、[タイプ]ドロップダウンメニューをクリックして、[コンタクト]を選択します。次に、[プロパティー]ドロップダウンメニューをクリックして、[コンタクト担当者]を選択します。  
  • [既定のユーザー]Eメールコンテンツ設定で設定され、Eメールを受信したコンタクトがHubSpotで担当者を設定していない場合に表示される値となります。[ユーザーのプロパティー]ドロップダウンメニューをクリックして[フルネーム]を選択します。 
  • [挿入]をクリックします。
from-name-contact-owner
  • 右側の[送信者名の管理]ペインで[完了]をクリックします。 

上記の手順を繰り返して、担当者のEメールトークンを送信者アドレスとして追加します。Eメールコンテンツ設定で既定のユーザーを設定する場合、実際の返信を受信するには、実際のEメールアドレスを既定値として入力する必要があります。

email-edit-from-owner-tokens

コンタクト担当者以外のユーザーからEメールを送信する場合は、カスタムコンタクトプロパティーを使用して同じ手順を実行します。 

/jp/email/how-do-i-make-an-email-appear-as-coming-from-a-hubspot-owner