お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Email

E メール頻度のセーフガードを設定する

更新日時 2021年 4月 14日

対象製品

Marketing Hub  Enterprise

優れたEメールキャンペーンは、購読者の関心を維持しつつも、Eメールを送信しすぎることはありません。「Marketing Hub Enterprise」ユーザーは、Eメール頻度のセーフガード機能を使用して、各コンタクトが指定された期間に受信できるマーケティングEメールの最大数を設定できます。 

この設定をオンにすると、すべてのマーケティングにEメールに自動的に適用されます。これには、バッチマーケティング E メール、ブログ通知 E メール、ワークフロー経由の自動送信 E メールが含まれます。トランザクション E メールCRM 経由で送信される E メールは、E メールのフリクエンシーキャップに含まれず、常に受信者に送信されます。

すべてのコンタクトに受信させたい特定のEメールがある場合、エディターの[受信者]タブでEメールのフリクエンシーキャップ設定を無効にできます。ワークフローを使用して重要な自動配信Eメールを送信する場合は、各Eメールのこの設定を無効にする必要があります。


E メールのフリクエンシーキャップ設定を有効にする

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左側のサイドバーメニューで、[マーケティング]>[Eメール]の順に移動します。
  • [送信頻度]タブをクリックし、[受信者には設定した件数のEメールが送信されます]ラジオボタンを選択すると、この機能を有効にして、設定を選ぶことができます。
    • 受信者ごとのEメールの最大数を入力します。
    • フリクエンシーを選択してこの最大値が測定される頻度を決定します。たとえば、コンタクトが1 週間あたり 4 件の E メールのみを受信するようにしたい場合は、Eメールの最大数を4に、フリクエンシーを週ごとに設定します。

注:過去1日、過去1週間、過去2週間、または過去1か月の間にコンタクトが受信しているEメールの数が、「フリクエンシー」の設定で指定した最大数に達している場合、そのコンタクトにはマーケティングEメールは送信されません。

send-frequency-setting

特定の E メールの E メールのフリクエンシーキャップを無効にする

  • HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [Eメール]の順に進みます。
  • 更新するEメールの上にカーソルを置き、[編集]をクリックします。
  • [送信またはスケジュール]タブをクリックします。
  • [この送信の送信フリクエンシーキャップを有効にする]チェックボックスをオフにします。これにより、この E メールはすべてのコンタクトに送信されます。

enable-send-frequency-cap-email-editor

誤ってこの設定を有効にして送信した E メールを再送信する

  • HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [Eメール]の順に進みます。
  • 再送信するEメールの名前をクリックします。
  • [受信者]タブをクリックします。
  • [未送信]タブをクリックして、送信されなかったコンタクトを確認します。
  • [絞り込み条件]ドロップダウンメニューをクリックし、[フリクエンシーキャップに達しました]を選択します。
  • [リストアクション]ドロップダウンメニューをクリックし、[新規リストを作成]を選択します。

filter-recipients-list

  • 新しいリストの名前を入力し、[リストを作成]をクリックします。
  • 受信者ダッシュボードの上部の、[すべてのEメールに戻る]をクリックします。 
  • 作成したリストに送信するEメールの複製を作成します。元のEメールの設定と元のすべての受信者は、デフォルトで含まれます。
  • [受信者]タブをクリックし、元のEメールの受信者リストを削除します。
  • 作成した新しいコンタクトリストを選択します。
  • [この送信の送信フリクエンシーキャップを有効にする]チェックボックスをオフにして、Eメールのフリクエンシーキャップ設定を無効化します。
  • [送信]をクリックします。

注:「さらに送信」機能では、元の送信に含まれていたコンタクトを自動的に除外し、Eメールのフリクエンシーキャップが有効になっているEメールは再送信されません。