お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Email

BIMIを使用して認証済みブランドロゴをEメールに表示する

更新日時 2021年 3月 30日

対象製品

Marketing Hub  Starter, Professional, Enterprise
CMS Hub  Professional, Enterprise
Marketing Hub Basic(旧製品)

BIMI(メッセージ識別のためのブランド指標)は、Eメール送信者がブランドを認証するための任意の方法です。構成が終わると、サポートされているインボックスプロバイダーで認証済みメッセージの横にブランドロゴを表示することができます。

要件

以下の認証ポリシーを設定すると、HubSpotを送信するときにBIMIを使用することができます:

BIMIで使用するドメインの構成

DMARCを設定してから、DNSプロバイダーにBIMI TXTレコードを作成します。 
  • レコードのホストまたは名前フィールドの場合、default._bimi.example.comと入力し、example.comをお客様のEメール送信ドメインに置き換えます。
  • レコードの値の場合、"v=BIMI; l=URL of Logo; a=URL of VMC;"と入力し、URL of Logoをお客様のブランドロゴのSVGファイルへのリンクに置き換えます。認証マーク証明書(VMC)がある場合は、URL of VMCをお客様のVMCへのリンクに置き換えるか、値を空のままにしておくことができます。現在VMCは、Googleが提供するBIMIパイロットに招待されたドメインにのみ発行されます。

メールボックスプロバイダーの互換性

BIMIは、まだ広くサポートされていない新しいEメール認証方法です。

  • Verizon Media Groupは現在、BIMIをサポートしている最大のメールボックスプロバイダーです。
  • GoogleはBIMIの非公開試験プログラムを実施しています。他のプロバイダーの導入ステータスは、BIMIワーキンググループのウェブサイトでご覧いただけます。

注意事項:BIMIレコードが適切に構成されていても、受信者のメールボックスプロバイダーがお客様のブランドロゴを表示されることは保証されていません。プロバイダーは、評判、乱用防止チェック、ユーザーからの苦情などの他の条件を使用して、ロゴを表示するかどうかを判断することができます。

BIMIワーキンググループのウェブサイトでBIMIの動作に関する詳細をご覧ください。