フォームのオプションをカスタマイズする方法

更新日時 June 29, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Basic, Pro, & Enterprise

このガイドの前のセクションでは、簡単なフォームの設定方法を説明しました。この記事では、フォームエディターで使用できるオプションについて、さらに詳しく説明します。最初にフォームを作成するときに、送信ボタンのテキストは簡単に変更できます。デフォルトでは、「Submit(送信)」となっていますが、お好みの言葉に変更することができます。一般的には、「ここをクリック」や「Go」、「ウェビナーに登録」など、よりはっきりと行動を示す言葉の方が、標準的な「Submit(送信)」よりも成果が上がる傾向がありますが、これはお好みによります。HubSpotでは、判断に応じて変更がしやすいようになっています。

マーケターならば、訪問者の気を引くようなフォームになるように、プロパティのラベルを変更してユーザーに分かりやすい質問にしたり、フィールドを隣同士に並べたり、業界や人物、ニーズ等に応じた情報を収集するためのカスタムプロパティを追加したりしたいと思われるでしょう。リードがフォームデータを送信しやすいように、すでに収集済みのデータがあるフィールドには予め値を設定するオプションを利用することができます。リードがフォームに入力したらメールの通知を受け取ることもできます。そのためには、フォームが送信された場合に通知先となる(1つ以上の)Eメールアドレスを設定します。この機能は、HubSpotページで使用するフォームや外部のウェブサイトで使用するHubSpotフォームで利用できます。

フォーム全体に適用できるオプションは他に4つあり、フォーム内の[Options(オプション)]タブからアクセスできます。

  1. Error message language(エラーメッセージの言語) - このドロップダウンメニューでは、ユーザーが必須フィールドに入力せずにフォームを送信しようとしたときに表示される言語を指定できます。
  2. Pre-populate fields with known values(フィールドに予め値を入力しますか?) - ブラウザーにインストールされたCookieをもとに、訪問者を判断して、データを予め入力しておくことができます。これにより、リードはすでに収集されている情報を再度入力する必要がなくなります。
  3. Disable cookie tracking(クッキーのトラッキングを無効化しますか?) - ブラウザーで保存されたHubSpotのトラッキングCookieによって、コンタクトが認識されます。そのため、1つのブラウザーで複数のコンタクトが同じフォームに入力すると、新しいEメールアドレスを入力しても、元のコンタクトの記録が更新されます。これを無効にしておくと、1つのブラウザーで複数回フォームを送信した場合に、Eメールアドレスが異なればその度に新しいコンタクトが作成されます。既存のEメールアドレスを使用した場合は、そのコンタクト情報が更新されます。Cookieの追跡を無効にすると、HubSpotでそのコンタクトに関する分析情報の収集ができなくなります。そのため、これを使用するのはオフラインのフォーム(展示会や内部的な送信フォームなど)のみにしておく必要があります。オフラインのフォームの設定については、このガイドの後のセクションで詳しく説明します。
  4. Display Captcha on this form(このフォームでCaptchaを表示しますか?) - 自動的なフォーム送信を防止するためのCaptchaをフォームで使用するかどうかを選択することができます。これにより、フォームで受信するスパムの量を減らすことができ、品質の低いフォームの送信を防止し、品質の高いリードは維持(拡大)するのに役立ちます。
  5. Notified when submitted(送信があれば通知) - このウィンドウに入力したすべてのEメールアドレス宛てに、フォームの送信を通知するEメールが送信されます。ここに入力するEメールアドレスは、ポータルのユーザーでなくてもかまいません。ここにEメールアドレスを入力していて、HubSpotランディングページで通知先として登録されたEメールアドレスがある場合、ランディングページの設定が、フォームで指定したEメールアドレスよりも優先されます

フォームを開く

HubSpotダッシュボードから[Contacts(コンタクト)] > [Forms(フォーム)]の順に移動します。そこから、既存のフォームの名前をクリックして編集することや、新しいフォームを作成することができます。

HubSpot Help article screenshot

送信ボタンのテキストを編集する

ライブフォームに表示される送信ボタンのテキストを編集することができます。

左上にある[Options(オプション)]をクリックする

[Submit Button Text(送信ボタンテキスト)]以外にも、多くのフォームオプションが[Options(オプション)]タブの下にあります。このタブは、フォームの左上にあります。

エラーメッセージの言語

カスタマイズできる最初の項目は、ユーザーがフォーム上のフィールドに正しく入力していない場合や、必須フィールドに入力していない場合に表示するメッセージの言語です。

ここで[English(英語)]を選択すると、下の例のように、吹き出しのエラーメッセージが英語で表示されます。ウェブサイトのスタイル設定に応じて、この見た目は異なる場合があります。

フィールドに予め値を入力する

その訪問者が以前サイトに来てフォームに入力したことがあり、HubSpotでそのCookie情報を取得できた場合、このオプションを使用すると、次の訪問時にそのユーザーがフォームに入力する際に、フォームのフィールドに予め情報を入力しておくことができます。 

このオプションのデフォルトの設定は、[Yes(はい)]です。

このオプションを[Yes(はい)]に設定しておくと、訪問者がサイトを訪れたときに、そのユーザーの既知の情報がすでに入力された状態になり、それ以降フォームを入力する際の時間の節約になります。

このオプションを[No(いいえ)]に設定すると、この情報は予め入力されません。ただし、展示会などで使用する場合や、複数のユーザーが同じフォームに入力する場合(カンファレンスなど)で、[Disable cookie tracking(クッキーのトラッキングを無効化しますか?)]と組み合わせて使用すると効果を発揮します。この設定により、必要でない場合に、前のユーザーの送信した情報が予めフィールドに設定されることがなくなります。

これらのオプションはフォームごとに選択することができるので、一部のフォームでは有効にしておいて、他のフォームでは無効にすることができます。

Cookieの追跡を無効にする

HubSpotでは、ブラウザーで保存されたCookieの情報をもとにコンタクトを認識します。ユーザーが初めてウェブサイトを訪問してフォームに入力したとき、Cookieがそのコンタクトと関連付けられ、そのCookieを使用して送信される他のすべての情報がそのコンタクトと関連付けられます。ただし、複数のコンタクトが同じブラウザーで同じフォームに入力した場合(つまり同じCookieが使用された場合)、送信内容によってコンタクトの記録データが上書きされます。

Cookieを追跡を無効にしておくと、送信するごとに新しいコンタクトが作成されます。入力したEメールアドレスがすでに登録されている場合は、そのコンタクトの記録が新しい情報に更新されます。ブラウザーで個別のCookieが使用されるので、別のコンタクトの情報が上書きされなくなります。Cookieの追跡を無効にして送信されたコンタクト情報には、オリジナルソース、ページの表示履歴やその他の記録されるトラッキングデータなどの、レポートデータが含まれません。これについては、「展示会および他のオフラインイベントでコンタクト情報を取得するフォームを使用する方法」の記事で詳しく説明しています。

フォームでCaptchaを表示する

フォームでCaptchaを使用するかどうかを選択できます。これにより、品質の低いフォームの送信を防止するフィルターを一枚追加することができ、品質の高いフォームの送信は維持し、拡大することができます。 

HubSpot Help article screenshot

このオプションのデフォルトの設定は[No(いいえ)]です。

このオプションを[Yes(はい)]に設定すると、Captcha機能により、ロボットではなく人間であることを証明するようにユーザーに求められます。フォームでどのように表示されるかについては、以下を参照してください。

HubSpot Help article screenshot

送信があれば通知する

リードがフォームに入力したら通知を受けるようにするには、このウィンドウにEメールアドレスを入力します。必要に応じて複数のEメールアドレスをいくつでも入力することができます。各アドレスはカンマで区切ってください。ここに入力するEメールアドレスは、ポータルのユーザーでなくてもかまいません。Eメールアドレスを入力しないと、フォーム送信通知のEメールは誰にも届きません。ただし、ランディングページで指定している場合はその設定が有効です。

フォームを保存する

フォームが完成したら、右上の[Save form(フォームを保存)]をクリックします。

前の記事

次の記事