Become a HubSpot power user — join us for HubSpot Training Day 2017.

フォームで非表示のコンタクトプロパティ値を渡す方法

更新日時 June 29, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Basic, Pro, & Enterprise

コンタクトがフォームを送信するときにある情報を入力しなくても、そのフォームからコンタクト記録に特定のプロパティ値を設定できる最も簡単な方法は、非表示のフォームフィールドを使って値を渡すという方法です。たとえば、ページ上に「見積依頼」フォームを用意している場合、このフォームを送信するコンタクトの「ステータス」を「オープン」に設定し、そのコンタクト記録にこの値を渡す、ということができます。この「オープン」ステータスにより、営業担当者に内部通知を送信するためのワークフローにそのコンタクトを登録し、営業担当者がそのコンタクトに連絡を取れるようにします。フォームにコンタクトがそのプロパティを入力しなくても、または追加のワークフローをセットアップしなくても、このステータスをそのフォーム上に設定することができます。

このフォーム機能は、どのコンタクトプロパティに対しても使用できます。よく利用されるのは、ブログ購読通知頻度、リードソース、トライアルステータス、ライフサイクルステージ(こちらの記事を参照してください)ペルソナ(こちらの記事を参照してください)、その他作成しているカスタムプロパティなどに対してです。この機能が適用されないのは、アナリティクスプロパティのみです。

フォーム上の非表示フィールドは、実行中のフォーム上には表示されません。したがって、これらのプロパティがリードに見られることはありません。HubSpotでは、値をコンタクト記録に渡すための非表示フィールドを簡単に追加できます。

フォームを作成または選択

HubSpotダッシュボードから、[Contacts(コンタクト)] > [Forms(フォーム)]の順に選択して、既存のフォームを開くか、新しいフォームを作成します。

フィールドを追加する

左上の[Fields(フィールド)]タブをクリックして、必要なフィールドをフォームに追加してから、そのフィールドをフォームまでドラッグします。

フィールドオプションを編集する

編集するフィールド内で鉛筆アイコンをクリックします。

[Make field hidden(フィールドを非表示にする)]を選択する

表示されるポップアップウィンドウの[Field Configuration(フィールド設定)]セクションに、[Make field hidden(フィールドを非表示にする)]チェックボックスがあります。このチェックボックスを選択します。

渡す値を選択する

使用可能なオプションから、送信時にコンタクトの記録に渡す値を選択します。必要に応じて、フォームから直接プロパティオプションを追加または削除することもできます。

値を選択したら、[Done Editing(編集完了)]をクリックします。

フォームを保存する

非表示フィールドとして設定したフォームフィールド内には、青い「目」が付いています。値を渡す非表示フィールドの設定に問題がなければ、[Save form(フォームを保存)]をクリックします。

フォームをプレビューする

ページ上部の[プレビュー(Preview)]をクリックして、ライブページ上でフォームがどのように表示されるか確認します。このフォームの非表示フィールドである[Lead Source(リードソース)]が、実行中のフォームに表示されていないことがわかります。

前の記事

次の記事