フォームでライフサイクルステージを設定する方法

更新日時 June 29, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Basic, Pro, & Enterprise

すべてのフォームが同等ではありません。「TOFU(Top Of The Funnel)」フォームと見なされるフォームがある一方で、「BOFU(Bottom Of The Funnel)」と見なされるフォームもあります。「お問い合わせ」フォームに入力する訪問者は、「見積り依頼」フォームに入力する訪問者よりもリードとして見なされる可能性が高くなります。後者はSQL(Sales Qualified Lead)になる可能性が高いでしょう。各フォームを、適切なライフサイクルステージが自動で割り当てられるように設定することができます。

デフォルトでは、コンタクトがフォームに入力すると、そのコンタクトのデフォルトのライフサイクルステージはリードに設定されます。ブログ購読フォームまたはブログコメントフォームにはこのルールは適用されません。これらのフォームが新しいコンタクトの初めて送信するフォームである場合、これらのフォームにより、リードではなく購読者が作成されます。

コンタクトのマーケティングファネルでの自動移動方向は下向きだけであり、ファネルの上の方に戻ることはないことに注意してください。たとえば、データベースですでにリードになっているコンタクトがブログ購読フォームを送信した場合、そのコンタクトは購読者にならず、リードのままとなります(ファネル内でリードは購読者よりも下にあるため)。

以下に、非表示のライフサイクルステージフィールドをフォームに追加した方がよい理由のいくつかを示します。

  • フォームは、コンタクトをファネルの下方へ自動的に移動できる最速の方法です。非表示フォームフィールドを使用する手法の方が、ワークフロー(ProfessionalとEnterpriseのみ)よりも設定に時間をかけずに作業を実行できます。また、HubSpotのBasicに登録している場合、ワークフローは使用できません。
  • 特定のフォームコンバージョンをライフサイクルステージの更新に結び付けることができます。本当にMQL(Marketing Qualified Lead)またはSQL(Sales Qualified Lead)なら、以前コンバージョンしたかどうかに関係なく、すでにTOFU(Top Of The Funnel)のオファーを順調に受けているはずです。MOFU(Middle Of The Funnel)またはBOFU(Bottom Of The Funnel)のオファーのためのフォームに入力するコンタクトは、ソーシャルメディア戦略の実施に関するホワイトペーパーのオファー用の簡単なフォームを入力するコンタクトよりも購買ステージに近い位置にいます。
  • コンタクトをファネル内で移動するために、ワークフローと併用するリードスコアリングを設定していない場合も、非表示フォームフィールドは有効なオプションです。 リードのスコアリングを設定するには、時間をかけて考える必要があります。。一夜で簡単に設定できるものではなく、セールスとマーケティングの両方が協働して、スコアになるアクション、スコアの得点、スコアとライフサイクルステージの関連付けを定義します。実際には、スコアリングはすべてのビジネスで必須というわけではなく、場合によっては時間の無駄ともなり得ます。 フォームにリードスコアリングではなく、非表示ライフサイクルステージを含めた方が適していないかどうかも検討してください。

コンタクトのライフサイクルステージを自動的に設定する方法は1つだけ使用することも、複数の方法を組み合わせて使用することもできます。または、ワークフローやリードスコアリングを使うよりも高度なオートメーションを設定する時期が来たと判断するまで、フォームを使い続けるだけでもかまいません。

フォームを作成または選択する

HubSpotダッシュボードから、[Contacts(コンタクト)] > [Forms(フォーム)]の順に選択して、既存のフォームを開くか、新しいフォームを作成します

フォームにライフサイクルステージを追加する

[Fields(フィールド)]タブをクリックし、ライフサイクルステージを見つけてフォームに追加します。

フィールドオプションを編集する

編集するフィールド内で鉛筆アイコンをクリックします。

フィールドを非表示にする

表示されたポップアップの[Field Configuration(フィールド設定)]セクションに、[Make field hidden(フィールドを非表示にする)]チェックボックスがあります。このチェックボックスをオンにします。

適用するライフサイクルステージを選択する

[Property Options(プロパティオプション)]セクションで、フォームに適用するライフサイクルステージを選択します。コンタクトが自動的に移動する方向は、ファネルの下方だけである点に留意してください。ファネル(TOFU、MOFU、BOFU)でのフォームの位置について検討し、検討結果に応じてライフサイクルステージを選択します。選択したら、[Done Editing(編集完了)]をクリックします。

フォームを保存する

非表示としてマークしたフォームのフィールド内には青い「目」が付いています。値を渡す非表示フィールドの設定に問題がなければ、[Save form(フォームを保存)]をクリックします。

フォームをプレビューする

一番上にある[プレビュー(Preview)]をクリックし、ライブページでフォームがどのように表示されるかを確認します。このフォームの非表示フィールド(ライフサイクルステージ)は「ライブ」フォームには表示されません。

前の記事

次の記事