Callingの概要

更新日時 November 6, 2017

必要条件

マーケティング: N/A
セールス: 無償, Starter
HubSpot Callingでは、数回のクリックだけで最適なプロスペクト(潜在見込み客)を確認できます。 電話機は不要です。ブラウザーから直接通話でき、必要に応じて通話の録音もできます。通話が終了すると、すべてのログが自動的にHubSpot CRMまたはSalesforceに記録されます。

電話の発信

CRMのどのコンタクトレコード宛てでも直接電話をかけられます。コンタクトレコードを開いて、[Call]タブをクリックします。

Callingには、発信する通話を管理するための豊富な機能が用意されています。複数の電話番号を登録しておき、電話をかける前に発信者番号を選択できます。

電話をかけるのに、ブラウザーを使用するか、電話機を使うかを選択することもできます。 通話は自動的に録音されます。ただし、当事者間の合意が必要な国や州への通話は自動的には録音されません。その場合は、手動で録音を有効にできます。

コールキュー

CRMでは、コールキューを作成できます。このキューを使って、順番に電話をかけたいコンタクトをあらかじめ選択しておけます。 コールキューを作成するには、HubSpot Salesアカウントで[Task]を開き、[Add a queue]をクリックします。

次に、[Contacts]を開きます。 電話をかけたいコンタクトを選択します。そのためには、コンタクトレコードの横にあるチェックボックスを選択します。 [More]ドロップダウンをクリックし、[Create tasks]を選択します。タスクの詳細を入力し、[Type]を[Call]に変更し、[Queue]に作成したキューを指定します。

コンタクトに電話をかける準備ができたら、[Tasks]に戻り、左にあるサイドバーのメニューからキューを選択し、[Start queue]をクリックします。コールキューの作成については、こちらの記事をご覧ください。

詳細なガイド

Callingについてさらに詳しいガイドを参照したい場合は、Callingユーザーガイドに次の情報が記載されています。

  • Callingに自社の電話番号を登録する方法
  • 電話のかけ方
  • Callingに登録した電話番号の管理

前の記事

次の記事