Sales Professionalのセットアップ方法

更新日時 février 19, 2018

対象製品

Sales Professionalアカウントを最大限活用するには、Chrome用、Outlook用のHubSpot Salesをインストールすることをお勧めします。また、Eメールアカウントと接続して、スケジュール設定した時刻にEメールを送信したり、アクティビティーストリームに未開封通知を追加したりするHubSpot Salesの権限を付与できます。

HubSpot Salesのインストール

Gmail

  • Google ChromeストアのこちらのページにあるHubSpot Sales拡張機能を開きます。
  • [+ Chromeに追加]をクリックします。

  • 拡張機能の追加を確認します。

  • 拡張機能をクリックして、Salesアカウントにログインします。

Outlook for Windows

注:HubSpot Salesは、Outlook for Macに対応していません。 

  • こちらで、HubSpot Sales for Outlookのインストーラーをダウンロードします。 

  • HubSpot Sales for Outlookのインストーラー(setup.exe)を実行します。 

  • Outlookを再起動します。 

  • HubSpot Salesアカウントでのログインを求めるメッセージが表示されます。

  • HubSpot Salesがリボンに表示されます。

  • 新規Eメールを作成し、コンタクトにEメールを送信します。 hello@getsidekick.com宛てにEメールを送信して、Eメールトラッキングのテストを行うこともできます。確認の通知が届いたら、HubSpot Salesは正常に機能しています。

Outlook用のHubSpot Salesプラグインには、HubSpot Sales for Windowsという追加のコンポーネントがあります。これを利用すると、HubSpot Sales Chrome拡張機能をインストールしなくても、即座に通知を受け取れるようになります。HubSpot Sales for Windowsがあれば、Google Chromeを実行する必要はありません。

Outlook用のHubSpot Salesプラグインをインストールすると、HubSpot Sales for Windowsのダウンロードを促すメッセージが表示されます。

 
こちらをクリックして直接ダウンロードすることも可能です。HubSpot Sales for Windowsをインストールすると、WindowsトレイのHubSpot Salesアイコンをクリックするだけでストリームを確認できます。
 

Eメールアカウントの接続

Gmail(G Suite、旧Google Apps for Work)またはOutlook 365の受信トレイをHubSpot Salesアカウントと接続する方法については、以下の手順を参照してください。受信トレイの接続に必要な条件については、こちらの記事をご覧ください。
  • HubSpot Salesアカウントにログインし、[Settings]を開きます。
  • 左のサイドバーメニューにある[Email Integrations]をクリックします。
  • [Connected Emails]タブで、[Connect your email]をクリックします(既にEメールと接続している場合は、下にスクロールして[Connect another account]をクリックします)。

  • [Gmail]または[Outlook 365]を選択します。 

  • Eメールプロバイダーを選択したら、[Connect your account]をクリックします。

  • ダイアログボックスの情報を確認し、[Accept and connect to Gmail/Outlook]をクリックします。
  • 次に、対象のアカウントにログインするように求められます。 既に1つ以上のGmailまたはOutlook 365アカウントにログインしている場合は、接続するアカウントを選択するように求められます。 [Allow]をクリックしてアクセスを許可します。

受信トレイに正常に接続できたことを知らせる通知が表示されます。設定画面に戻ると、新しく接続したEメールアカウントが表示されます。

前の記事

次の記事