HubSpotトラッキング設定後のトラフィックソースについて

更新日時 July 13, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Basic, Pro, & Enterprise

外部ウェブサイトページにトラッキングコードをインストールし、任意のHubSpotページを公開して訪問回数を記録すると、HubSpotのSources(ソース)で、これらのページから収集したすべてのデータを表示できるようになります。 

この記事では、Sources(ソース)ダッシュボードを取り上げ、マーケティングがどのような成果を上げているか、またマーケティングエフォートを強化すべきオポチュニティは何かを把握するための初歩として、収集されるデータの種類を解説します。

Sources(ソース)ダッシュボードに移動

HubSpotダッシュボードから、[Reports(レポート)] > [Sources(ソース)]の順に移動します。

HubSpot Help article screenshot
これでSources(ソース)ダッシュボードに入ることができます。 この画面で、それまでに収集したデータをすべて表示対象とするには、ダッシュボードの最初のドロップダウンをクリックし、[All Time(全期間)]を選択します。
HubSpot Help article screenshot

これにより下に表示されるグラフとソースが変化し、期間内に収集されたすべてのデータを確認できます。以上でデータを表示できるようになりました。

各種ソースの内訳

グラフの下に、すべてのソースカテゴリの内訳が表示されます。

いずれかのソースをクリックすると、トラフィック結果の詳細を確認できますが、ここではこれらのカテゴリの完全なリストを示し、それぞれの意味を説明します。

  • Organic Search(オーガニック検索):訪問者をサイトに誘導しているキーワードや検索エンジンを検出します。Googleは現在ほとんどの検索を暗号化しているため、キーワードが指定されていない場合、「Unknown Keywords SSL(不明なキーワードSSL)」というメッセージが表示されます。
  • Referrals(リファラル):インバウンドリンクを介してどの外部サイトが最も多くのトラフィックをサイトに送信しているかを確認します。
  • Social Media(ソーシャルメディア):サイトへの訪問を生成しているソーシャルメディアのサイトを見つけます。
  • Email Marketing(Eメールマーケティング):サイトへの訪問につながったクリックが最も多かったEメールキャンペーンとメッセージを確認します。
  • Paid Search(ペイドサーチ):広告のクリックによって生成されたトラフィックの量から、ペイドサーチ広告のパフォーマンスを確認します。
  • Direct Traffic(直接トラフィック):ウェブサイトへの直接訪問によって(または流入元なしで)どれくらいのトラフィックが生成されたかを確認します。
  • Other Campaigns(その他のキャンペーン):どのマーケティングキャンペーン(トラッキングURLによって定義されているもの)がサイトへの訪問をもたらしているかを確認します。
HubSpot Help article screenshot

ソースデータからコンバージョンパスを抽出する方法について

ソースカテゴリを見ると、コンタクトの生成に続いて顧客を生成した訪問回数がわかります。下の例を確認し、ここに含まれるトラフィックの高いデータをいくつか比較してみましょう。

HubSpot Help article screenshot

オーガニック、リファラル、ソーシャルメディアは、このデータサンプル(直接トラフィック以外)で上位の訪問回数を記録しています。訪問回数だけでなく、訪問回数とコンタクト数の比、および訪問回数と顧客数の比を確認することが重要です。訪問回数とコンタクト数の比に関するベンチマークは、1.3~3%が妥当です。

上の例では、訪問回数は非常に多いものの、比が非常に低いことがわかります。訪問回数を増やすことも大切ですが、訪問者にコンバージョンパスを提示することが不可欠です。これらのチャネルでは、Call-To-Action(CTA)やFormsを追加して、訪問者からコンタクトへの転換を促す余地がありそうです。

また、この例ではソーシャルメディアの活用が訪問回数を増やす大きなオポチュニティとなり、コンタクトと顧客の増加につながることも期待できます。 

ソースデータの読み取りについて質問はありますか?

ソースデータの読み取りと理解について詳しく知りたい場合は、以下の記事をご覧ください。

コンテンツ一覧

前の記事

次の記事