HubSpotとGoToWebinarを接続する方法

更新日時 July 12, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Basic, Pro, & Enterprise

GoToWebinarインテグレーションを利用すると、高品質のウェビナーを作成、宣伝、配信するためにかかる時間を削減できます。このインテグレーションは、いくつかの異なる用途で利用できます。次のことができます。

  • 特定のHubSpotランディングページでコンバージョンが行われたときに、GoToWebinar内で登録者を作成する。
  • ウェビナーに関連するアクティビティに基づいて、リードをセグメンテーション、育成(ナーチャリング)、スコアリングする。
  • リードとウェビナーとのインタラクションをHubSpotのタイムラインに表示する。
  • GoToWebinarから登録者と参加者をインポートする。

これらの機能により、ウェビナーの開始から終了まで統合されたサービスを利用できます。HubSpotアカウントとGoToWebinarの接続方法については、以下の記事をご覧ください。GoToWebinarアカウントにまだ登録していない場合は、こちらからサインアップしてください。

インテグレーションホームに移動する

HubSpotダッシュボードから、[Account Menu(アカウントメニュー)] > [Integrations(インテグレーション)]の順にクリックします。

HubSpot Help article screenshot

HubSpotと連携する

GoToWebinarのセクションを見つけ、[Integrate with HubSpot(HubSpotと連携)]をクリックします。 

HubSpot Help article screenshot

HubSpotにGoToWebinarアカウントへのアクセス権を付与する

青色の[Authorize HubSpot to access GoToWebinar(HubSpotにGoToWebinarへのアクセス権を付与)]ボタンをクリックして、2つのアカウントの接続を許可します。

HubSpot Help article screenshot

GoToWebinarにサインインする

次の画面で、GoToWebinarのユーザー名とパスワードを入力して、GoToWebinarアカウントにサインインします。サインインが完了したら、[Login(ログイン)]をクリックします。

HubSpot Help article screenshot

GoToWebinarにログインすると、アカウントが自動的に接続し、ウェビナーが存在する場合、HubSpotに過去のウェビナーと今後のウェビナーが表示されます。HubSpotアカウントとGoToWebinarアカウントの接続は、[Disconnect(接続解除)]ボタンをクリックするといつでも解除できます。

デフォルトではすべてのウェビナーがオフになっています。つまり、HubSpotとGoToWebinarはデータを交換したことがないということです。ウェビナーがオフの場合、連携という点では、そのウェビナーは存在しません。これは、過去に実施した古いウェビナーまたは内部のウェビナーを確認する場合に便利です。

HubSpot Help article screenshot

ウェビナーをオンにする

ウェビナーに対して何らかのアクション(リストの作成や過去のウェビナーからのデータのインポートなど)を実行する場合は、そのウェビナーをオンにする必要があります。ウェビナーをオンにするには、対象ウェビナーの横にあるボタンを[ON(オン)]に切り替えます。

HubSpot Help article screenshot

ウェビナーをオンにすると、HubSpotがGoToWebinarから登録と参加のデータをインポートしたことを知らせるメッセージが届きます。GoToWebinarで見つかった登録者と参加者の数も表示されます。

HubSpot Help article screenshot

過去のウェビナーをオンにする

セグメンテーションとスコアリングのために、過去のウェビナーのデータをHubSpotのコンタクトに追加することが必要な場合があります。ウェビナーをオンにすると、HubSpotとGoToWebinarは15分以内に同期します。データを手動でインポートする必要はありません。すべてのデータがウェビナーから自動的にインポートされ、新しいコンタクトもHubSpotに自動的に作成されます。ウェビナーをオンにすると、HubSpotはコンタクトのウェビナー関連のアクティビティの履歴もインポートして、Contacts Overview(コンタクト概要)のコンタクトのタイムラインに追加します。

HubSpotのコンタクトデータベースをより完全なものにするために、価値あるデータを持つすべての過去のウェビナーをオンにすることをおすすめします。過去のウェビナーをオンにするには、[Upcoming Webinars(今後のウェビナー)]の場合と同様に、ボタンを[ON(オン)]に切り替えるだけです。

注:現時点では、HubSpotのGoToWebinarインテグレーションでは、1つのアカウントとのみ連携できます。ただし、Zapierインテグレーションを利用すれば、他のGoToWebinarアカウントとの簡単なインテグレーションも設定できます。

前の記事

次の記事