メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Integrations

HubSpot APIキーへのアクセス

更新日時 2021年 7月 23日

対象製品

すべての製品とプラン

HubSpot APIキーを使用すると、開発者はHubSpotのAPIを使用してカスタムアプリケーションを作成できます。各キーは、個別のユーザーではなくHubSpotアカウントに固有であり、同時に使用できるキーは1つのみです。

APIキーにアクセスする

アカウントのAPIキーにアクセスするには、スーパー管理者権限が必要です。 

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[連携]>[APIキー]の順に進みます。
    • アカウントのキーが生成されていない場合は、[APIキーを生成]をクリックします。
    • APIキーを生成済みの場合は、[表示]をクリックします。

show-API-key

  • キーが表示されたら、[コピー]をクリックしてキーをコピーします。そのキーを貼り付けて、開発者に提供したり、自分の連携機能で使用したりできます。

APIキーのローテーション

APIキーを渡された開発者は、HubSpotのAPIを介してアカウントを変更するフルアクセス権を持つことになり、接続されたEメールアカウントから記録済みEメールを読み取ったり、他のサード パーティー データを読み取ったりできます。

セキュリティーを強化するには、6か月ごとにHubSpot APIキーをローテーションさせることを検討してください。HubSpot APIキーのローテーションを行うと、既存のAPIキーが無効になり新しいものが生成されます。HubSpot上にAPIキーの経過期間が表示され、APIキーのローテーションは必要な時期になると推奨されます。

APIキーのローテーションを促す通知は、スーパー管理者とAPIキーを最後に作成またはローテーションしたユーザーに以下の頻度と通知タイプで送信されます。

  • APIキーが5か月になると、Eメール通知が配信されます。
  • APIキーが6か月になると、サイドバーに通知が配信されます。
  • 6か月以内にAPIキーがローテーションされなかった場合、Eメールとサイドバー通知の両方が6か月ごとに配信されます。

これによりダウンタイムが生じて余分な作業が必要になるかもしれませんが、悪意のあるアプリケーションが既存のAPIキーを使ってHubSpot情報にアクセスすることを防止でき、セキュリティーレイヤーが追加されます。

HubSpot APIキーをローテーションするには、次のようにします。

  • HubSpotアカウントで、メイン ナビゲーション バーにある設定アイコンをクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[連携]>[APIキー]の順に進みます。
  • [アクション]ドロップダウンメニューをクリックし、[キーを変更(ローテーション)]を選択します。
  •  [今すぐこのキーを変更(ローテーション)して期限切れにする]をクリックします。reCAPTCHAのチェックボックスをオンにします。既存のキーは無効になり、新しいAPIキーが作成されます。
  •  [コピー]をクリックし、アプリケーションで使用されている無効化済みのAPIキーをこの新しいAPIキーに置き換えます。

無効化したHubSpot APIキーでは、API呼び出しが失敗するようになり、アプリケーションが情報にアクセスできなくなります。 

APIキーをローテーションしても、Salesforce連携との接続に影響はありません。ただし、カスタム統合がインストールされている場合は、ローテーション後にAPIキーを更新する必要があります。

注:APIキーをローテーションしても、アプリマーケットプレイスを通してインストールされた接続済みアプリは影響を受けません。

APIキーを無効にする

APIキーを無効にしても、新しいキーは作成されません。無効化されたHubSpot APIキーを使用するAPI呼び出しが失敗するようになり、このキーを使用するアプリケーションは情報にアクセスできなくなります。

APIキーを無効にするには、次のようにします。
  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[連携]>[APIキー]の順に進みます。
  • [アクション]ドロップダウンメニューをクリックします。
  • [キーを無効化]をクリックして、[今すぐこのキーを無効化する]をクリックします。reCAPTCHAのチェックボックスをオンにします。 

API監査ログを表示する

[ログを監査]セクションで、アカウントのAPIキーを閲覧、作成、または無効化した日付のログを表示できます。 

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[連携]>[APIキー]の順に進みます。
  • [監査ログ]タブをクリックします。
  • api-audit-log

APIキーの呼び出しログを表示する

いずれかの連携をデバッグしたり、HubSpotのAPI使用ガイドラインに従っていることを確認したりする際には、過去7日間のAPIキー呼び出しのログを表示できます。 

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[連携]>[APIキー]の順に進みます。
  • [コールログ]タブで、過去7日間の全てのアクティビティーを表示します。
call-log-api