メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Integrations

連携のマーケティングコンタクト設定を管理する

更新日時 2021年 4月 30日

対象製品

Marketing Hub  Starter, Professional, Enterprise

連携またはHubSpot APIを介して作成されるコンタクトが、自動的にマーケティングコンタクトとして作成されるようにすることができます。また、マーケティングコンタクトとして設定されるコンタクトをカスタマイズすることもできます。

マーケティングEメールを受信したり、広告のターゲティングの対象となったりするのは、マーケティングコンタクトとしてタグ付けされたコンタクトのみです。

連携によって作成されるすべてのコンタクトをマーケティングコンタクトとして設定する

注:連携のマーケティング コンタクト ステータスを更新するには、ユーザーにマーケティングコンタクトのアクセス権が付与されていなければなりません。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左側のサイドバーメニューで、[連携]に移動し、[マーケティングコンタクト]を選択します。
  • [接続されたアプリ]セクションに、HubSpotアカウントに接続されているすべてのアプリのリストが表示されます。
  • 連携のマーケティングコンタクトを有効にするには、統合の名前の右側にあるスイッチをクリックしてオンに切り替えます。

注:HubSpotのカレンダーとGoogleカレンダーまたはOutlookカレンダーとの同期によって、新しいコンタクトが作成されたり、マーケティングコンタクトのステータスが更新されたりすることはありません。カレンダー連携の設定をオンに切り替えても、マーケティングコンタクトは自動的に同期されません。コンタクトをマーケティングとして手動で設定する方法をご確認ください。

コンタクト作成APIエンドポイントを介して作成されるコンタクトについては、リクエストにHapiキーを含める必要があります。コンタクトが作成された後、HubSpot APIキーの設定をオンに切り替えることができます。 

marketing-contacts-API

注:HubSpotには、ユーザーがレコードのステータスを更新するために使用できるエンドポイントはありませんが、コンタクト読み取りエンドポイントhs_marketable_status[マーケティングステータス]プロパティーの内部値として使用して、レコードのステータスを調べることができます。

マーケティングステータスを更新する権限が付与されている場合は、連携を通じて以前に作成されたマーケティング対象外コンタクトを更新してマーケティングコンタクトにすることができます。これらの新しく設定されたマーケティングコンタクトは、現在の請求期間でそれ以降、請求可能コンタクト数の上限に計上されるようになります。

特定のコンタクトをマーケティングコンタクトとして更新するには、次の操作を行うことができます。