メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Integrations

HubSpotワークフローでQuickBooksアクションを使用する

更新日時 2022年 6月 28日

対象製品

Marketing Hub Professional, Enterprise
Sales Hub Professional, Enterprise
Service Hub Professional, Enterprise
Operations Hub Professional

QuickBooks Onlineの統合により、HubSpotワークフローを使用して、QuickBooksの請求書、見積書、販売領収書を作成できます。 

注意:これらのアクションは、見積もり、支払い、または取引ベースのワークフローでのみ使用できます。

HubSpotの連絡先とラインアイテム情報は、QuickBooksで請求書、売上見積書、および売上領収書を作成するために使用されます。

  • 連絡先の場合: HubSpot連絡先レコードをQuickBooks連絡先に一致させるには、名、姓、 メールアドレスの連絡先プロパティが必要です。一致するものが見つからない場合、QuickBooksに新しい連絡先が作成されます。HubSpotの見積レコードまたは取引レコードに関連付けられた複数の取引先責任者レコードがある場合、最初の関連付けられた取引先責任者が使用されます。
  • ラインアイテムの場合: HubSpotのラインアイテムは、QuickBooksで請求書、売上見積もり、および売上領収書を作成するために、ワークフローに登録されている見積もりまたは取引レコードに関連付けられている必要があります。HubSpotは、HubSpotのラインアイテムをQuickBooksの製品と一致させます。一致するものが見つからない場合、請求書、売上見積書、および売上領収書は作成されません。 

注意: QuickBooks設定で製品の同期を有効にし、取引および見積品目にQuickBooks製品を使用して、請求書、売上見積書または売上領収書が作成されることを確認することをお勧めします。

ワークフローにアクションを追加する

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [ワークフロー]の順に進みます。
  • 既存のワークフローを編集するには、ワークフローの名前をクリックします。または、[ワークフローの作成]をクリックして、新しいワークフローを作成します。
  • プラスアイコン(+)をクリックします。
  • 右側のパネルで、QuickBooksアクションを選択します。
    • 請求書を作成するには、[QuickBooks請求書の作成]をクリックします。
      • [インボイスを作成するQuickBooksアカウント]ドロップダウンメニューをクリックし、インボイスを作成するQuickBooksアカウントを選択します。
      • [請求書が作成されてから何日後に支払期日があるか]フィールドに を入力します。請求書の支払い期日は、この値に基づいて設定されます。 
      • [Save(保存)]をクリックします
qbo - wf - invice
    • 見積もりを作成するには、[クイックブックの見積もりを作成]をクリックします。
      • [見積もりを作成するQuickBooksアカウント]ドロップダウンメニューをクリックし、見積もりを作成するQuickBooksアカウントを選択します。
      • [保存]をクリックします。
    • 販売領収書を作成するには、[QuickBooks販売領収書の作成]をクリックします。 
      • [販売領収書を作成するQuickBooksアカウント]ドロップダウンメニューをクリックし、販売領収書を作成するQuickBooksアカウントを選択します。
      • [保存]をクリックします。
  • ワークフローの編集を完了し、[確認して公開]をクリックしてワークフローを確認します。
  • [オンにする]をクリックして、ワークフローをオンにします。

有料見積をワークフローに登録するには:

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [ワークフロー]の順に進みます。
  • 新しいワークフローを作成するには、右上の [ワークフローの作成]を クリックします。
  • 左パネルで、[見積もりベース]を選択ます。
  • 右側のパネルで、ワークフローの種類を選択します。
  •  鉛筆アイコンをクリックしてワークフロー に名前を付け、[次へ]をクリックします。 その後、ワークフローエディタに移動します。
  • ワークフローエディタで、[トリガーの設定]をクリックします。
  • [フィルター] セクションで、[見積もり> 支払い状況]を選択し、[支払済み]のいずれかを選択します。 
wf - quote - enrollment

有料取引をワークフローに登録するには:

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [ワークフロー]の順に進みます。
  • 新しいワークフローを作成するには、右上の [ワークフローの作成]を クリックします。
  • 左パネルで、[Deal - based]を選択ます。
  • 右側のパネルで、ワークフローの種類を選択します。
  •  鉛筆アイコンをクリックしてワークフロー に名前を付け、[次へ]をクリックします。 その後、ワークフローエディタに移動します。
  • ワークフローエディタで、[トリガーの設定]をクリックします。
  • [フィルター] セクションで[ > 取引 ]を選択し、[支払いリンク]のいずれかが含まれます。 

ワークフロー-支払い-取引

HubSpot支払いでQuickBooksアクションを使用する

HubSpot支払いツールをセットアップしている場合は、ワークフローを使用して支払済みの請求書と販売領収書を作成することもできます。すべての種類の製品に販売領収書を作成できます。支払い済みの請求書は、非課税のラインアイテムに対してのみ作成できます。

注意:このアクションは、支払いベースのワークフローでのみ使用できます。 

HubSpot支払いツールを設定している場合:

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [ワークフロー]の順に進みます。
  • 新しいワークフローを作成するには、右上の [ワークフローの作成]を クリックします。
  • 左側のパネルで、[お支払いベース]を選択します。
  •  鉛筆アイコンをクリックしてワークフロー に名前を付け、[次へ]をクリックします。 その後、ワークフローエディタに移動します。
  • 選択したトリガーを選択します。 
  • プラスアイコン(+)をクリックします。
  • 右側のパネルで、QuickBooksアクションを選択します。
    • 請求書を作成するには、[クイックブックの作成]をクリックします。これにより、HubSpot支払いデータを使用してQuickBooksで有料請求書が作成されます。 
      • [インボイスを作成するQuickBooksアカウント]ドロップダウンメニューをクリックし、インボイスを作成するQuickBooksアカウントを選択します。
      • [顧客]ドロップダウンメニューをクリックし、最初に関連付けられたHubSpot連絡先を使用するを選択します。
      • [Products]ドロップダウンメニューをクリックし、[Use associated HubSpot line items]を選択します。 
      • [保存]をクリックします。
    • 販売領収書を作成するには、[QuickBooks販売領収書の作成]をクリックします。これにより、HubSpot支払いデータを使用してQuickBooksで販売領収書が作成されます。
      • [販売領収書を作成するQuickBooksアカウント]ドロップダウンメニューをクリックし、販売領収書を作成するQuickBooksアカウントを選択します。
      • [顧客]ドロップダウンメニューをクリックし、最初に関連付けられたHubSpot連絡先を使用するを選択します。
      • [Products]ドロップダウンメニューをクリックし、[Use associated HubSpot line items]を選択します。 
      • [保存]をクリックします。 
Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.