Become a HubSpot power user — join us for HubSpot Training Day 2017.

ランディングページのパフォーマンスを分析する方法

更新日時 June 30, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Basic, Pro, & Enterprise
ここまでにHubSpotでランディングページを作成する方法を紹介しました。ページは公開されてしばらくの時間がたち、一部の訪問者をコンタクトに変えてきました。ページが情報を収集した後、アクティブなランディングページを見直し、ランディングページの効果を分析してみてください。期待どおりの数のコンタクトがコンバージョンされていますか。ランディングページの訪問者から何件の新規コンタクトが生まれたでしょうか。[Landing Pages(ランディングページ)]ダッシュボードの分析セクションには、この情報が表示されており、成功していること、次のランディングページに向けて改善を要することを把握できます。

ランディングページに移動

[HubSpot]ダッシュボードから[Content(コンテンツ)] > [Landing Pages(ランディングページ)]の順に移動します。

HubSpot Help article screenshot

分析対象とする特定のランディングページを選択

特定のランディングページの分析を進める場合は、ランディングページの名前をクリックし、マウスポインターをランディングページの上に置いて、右に[Edit(編集)]ボタンが表示されるまで待ちます。

パフォーマンス

デフォルトでは[Performance(パフォーマンス)]タブに導かれます。ここで、一定時間(デフォルト値は[All Time(すべての期間)])内の[Views(ビュー)]、[Submissions(送信)]、[New Contacts(新規コンタクト)]、[Customers(顧客)]をトグルで切り替えられます。 

下のグラフの内容は、切り替えたデータに対応して表示されます。 

[Submissions(送信数)]、[Contacts(コンタクト数)]、[Customers(顧客数)]の数値をそれぞれクリックすると、その基準に当てはまるコンタクトの名前を確認できます。

HubSpot Help article screenshot

[Views(ビュー数)]、[Submissions(送信数)]、[New Contacts(新規コンタクト数)]、[Customers(顧客数)]のどれを選択したかに応じ、[Performance(パフォーマンス)]タブの下部に表示されるソースのグラフも変化します。 

最適化

このエリアでは、現在のランディングページの最適化を進める方法について情報を収集できます。[Optimization(最適化)]タブをクリックし、この情報を確認してください。

このエリアの左側に表示される一群のリンクから、ページのどの側面をどう最適化できるかについて情報を収集できます。最初に誘導される[On Page SEO(オンページSEO)]セクションでは、メタディスクリプションを修正する必要があるか、ページにタイトル、H1タグなどがあるかを確認できます。

[Keywords(キーワード)]をクリックすると、このページでKeywords(キーワード)ツールに登録されているキーワードのうち、いくつが検索エンジンの上位100位以内にランクされているかを確認できます。

[Inbound Links(インバウンドリンク数)]をクリックすると、自分のランディングページにリンクされた外部URLの数を確認できます。

[Internal Links(内部リンク数)]をクリックすると、このランディングページにリンクされた内部URLの数を確認できます。

前の記事

次の記事