Become a HubSpot power user — join us for HubSpot Training Day 2017.

リストのツアー

更新日時 July 8, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Basic, Pro, & Enterprise

他の企業とかかわりを持つ会社であっても、消費者と直接やり取りする会社であっても、人に重点を置いていることに変わりありません。HubSpotのContacts(コンタクト)ツールは、あなたのビジネスと関係のあるすべての人や企業の情報を記録するための中心となるデータベースです。Contacts(コンタクト)ツールには、あなたのビジネスとやり取りのあるすべての人がコンタクトとして記録されます。

リストはContacts(コンタクト)ツールと連携します。Lists(リスト)ツールを利用すると、コンタクトをビジネスにとって意味のある形で整理できます。 コンタクトの管理と、スマートコンタクトリストや静的コンタクトリストの作成には、Contacts(コンタクト)ツールとLists(リスト)ツールを使用します。

Lists(リスト)ダッシュボード

リストの表示と編集には、Lists(リスト)ダッシュボードを使用します。Lists(リスト)を使うとコンタクトを簡単に整理できます。ワークフローのセットアップやマーケティングEメールの送信などの作業にも活用できます。ダッシュボードでは、画面の上部にあるフィルターで作成者による絞り込みを行うことができるため、自分が作成したリストのみを表示することもできます。また、ステータス、名前、リストのタイプ、作成日、タイプ(スマートリストまたは静的リスト)、サイズ、使用場所、作成者を表示でき、これらの項目別に並べ替えることもできます。ダッシュボードでは、新しいリストの作成、新しいコンタクトやリストのインポート、リスト用のフォルダーの作成、既存のリストの検索を行うこともできます。

HubSpot Help article screenshot

リストフォルダー

リスト用のフォルダーを作成して、リストを整理できます。

フォルダーを作成するには、[Contacts(コンタクト)] > [Lists(リスト)]の順に選択します。 [New folder(新規フォルダー)]を選択します。 フォルダーの名前を入力し、[Create folder(フォルダーを作成)]を押します。 フォルダーの作成後は、リストの名前の右にあるギアアイコンから[Move to...(移動先)]オプションを選択して、選択したフォルダーにリストを移動できます。

HubSpot Help article screenshot

新規リストを作成

スマートリストや静的リストを作成し、どのコンタクトをリストに含めるか、要件を設定してカスタマイズするには、この機能を使用します。リストを利用してコンタクトをセグメント化すると、個別のグループをターゲットとして、そのグループ限定のコンテンツを使用したEメールマーケティングを実行できます。これらのリストについては、以降の章で詳しく解説しますが、リンクから静的リストスマートリストの作成方法をご覧いただくこともできます。

HubSpot Help article screenshot

リストの条件

次の項目による条件に基づくリストを作成できます。

  • Contact Property(コンタクトプロパティ):アカウント内のコンタクトについての情報が含まれます。
  • Account Property(アカウントプロパティ):Salesforceのフィールドからの個人のアカウントに関する情報が含まれます(Salesforceインテグレーションが必要です)。
  • List Membership(リストメンバーシップ):コンタクトが特定のリストのメンバーかどうか。
  • Form Submission(フォーム送信):コンタクトが特定のフォームに記入したことがあるか。
  • Page View(ページビュー):コンタクトが、URLが完全に一致するページまたはURLの一部が一致するページに訪問したことがあるか。 (Enterprise版のみ)
  • Event(イベント):コンタクトが、URLへの訪問やページ上の要素のクリックなどのイベントを実行したことがあるか。(Enterprise版のみ)
  • Workflow Status(ワークフローステータス):コンタクトがアクティブか、またはHubSpot内でワークフローを完了済みかどうか。
  • Call-To-Action(CTA):コンタクトが、ウェブサイト上のCTAを閲覧またはクリックしたことがあるかどうか。 
  • GoToWebinarウェビナーステータス:コンタクトがウェビナーに登録または出席したことがあるかどうか(GoToWebinarとの連携方法については、この記事をご覧ください)。
  • SurveyMonkeyレスポンス:コンタクトがSurveyMonkeyのアンケートに記入したことがあるかどうか(SurveyMonkeyとの連携方法については、この記事をご覧ください)。

リストのアクション

HubSpot Help article screenshot

作成したリスト内で、リストに対して次のようなアクションを実行できます。

  • リストをエクスポート
  • コンタクトをインポート
  • 基準に対してコンタクトをテスト
  • リストを削除
  • リストをSalesforceと再同期(Salesforceと連携している場合)
  • Salesforce同期をこのリストに制限(Salesforceと連携している場合)

リストの分析

作成した各リストには、時間経過にともなうリストの変化も表示されます。たとえば、リストの分析には、リストの増減(時間経過にともなってリストに増えたコンタクトの数またはリストから消えたコンタクトの数)、自社のその他のマーケティングへのコンタクトからの反応、セグメントのマーケティングファネルでの位置が表示されます。マーケティングデータベースのデータは、1年につきその23%が使えなくなります。リスト分析を利用すると、重要なセグメントのデータの質の低下理由や、エンゲージメントの向上のために何ができるかを簡単に診断できます。

HubSpot Help article screenshot

前の記事

次の記事