既存およびオフラインのコンタクトをグループにセグメント化する方法

更新日時 July 8, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Basic, Pro, & Enterprise
少し計画さえすれば、既存のコンタクトまたはオフラインソースから獲得したコンタクトすべてをHubSpotにインポートして、フォームへの記入によりHubSpotに入力された新しいリードの場合と同じようにこれらのコンタクトをトラッキングできます。 HubSpotを初めて使用する場合は、既存のリード既存の顧客オプトアウトリストのリストをインポートすることをお勧めします。

リードと顧客をHubSpotにインポートする前にセグメント化する必要があるのはなぜですか?

既存のコンタクトを個別のリストに事前にセグメント化し、共有するコンタクトプロパティのカラムを含めると、コンタクトデータベースが整理された状態で作業を開始できるだけでなく、将来、より柔軟にリストをセグメント化できます。

CSVスプレッドシートにコンタクトを収集してインポートする

Microsoft ExcelまたはApache OpenOfficeのようなスプレッドシートプログラムを使用して、HubSpotにインポートするリードのスプレッドシートを作成します。スプレッドシートの最上行は、HubSpotアカウントのコンタクトプロパティに対応するカラムヘッダーとして使用します。フォーマット方法の例として、このリードのサンプルスプレッドシートをダウンロードできます。

HubSpot Help article screenshot
HubSpotには、インポート中にカラムをマッピングできる標準コンタクトプロパティが用意されています。また、次の手順に従ってカスタムコンタクトプロパティを作成し、これらのプロパティにマッピングすることができます。

その他のコンタクトプロパティを追加して将来の柔軟性を高める

リストをHubSpotにインポートすると、これらのコンタクトがすべてグループ化された静的リストが自動的に作成されます。 しかし、これらのコンタクトは、同じスプレッドシート上にあるということ以外にどのような共通点があって、互いに関連付けられるのでしょうか。  

ペルソナなどのコンタクトプロパティを指定したその他のカラムをCSVに追加すると、将来作成する動的なスマートリストにこれらを容易に含めることができます。 インポートするときに含める情報が多いほど、より多くの方法を使ってこれらのコンタクトをHubSpotでグループ化できます。 したがって、リストをインポートする前に、時間をとってCSVに追加可能な共有コンタクトプロパティがないか確認し、将来セグメンテーションの幅が広がるようにしてください。

リードのスプレッドシートを作成したら、CSV(コンマ区切り値)ファイルとして保存します。Excelでこの操作を実行するには、[ファイル] > [名前を付けて保存]の順に選択し、[ファイルの種類]ドロップダウンメニューから[.CSV]を選択します。

HubSpot Help article screenshot
CSVファイルをHubSpotにインポートする際の問題を避けるため、CSVファイルはUnicode(UTF-8)形式で保存し、リストの全メンバーにEメールアドレスを設定するようにしてください。これはHubSpot上のすべてのコンタクトで必須です。

前の記事

次の記事