HubSpotでリストを活用できる場所

更新日時 July 8, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Basic, Pro, & Enterprise

リストはマーケティングに欠かすことができません。HubSpotからEメールを送信するときに必要なだけでなく、共通する特性からコンタクトを整理したり特定したりする際にも役立ちます。 HubSpotのどの部分でリストが利用されるかを把握することは、マーケティングエフォートへの取り組み方に影響するため重要です。 

次のHubSpotツールは、何らかの形でリストを使用します。 

このリストからもわかるように、リストの作成は他のHubSpotツールをフル活用するために欠かせない作業です。

ワークフロー

HubSpotでのワークフローに対するリードナーチャリングにより、コンタクトをマーケティングファネルの下部に進めることができます。この活動の大半は、多くの場合、リストを使用して行われます。ワークフローの開始条件の1つは、コンタクトが特定のリストに参加したときにコンタクトを登録する、というものです。この条件には、スマートリストを利用すると非常に便利です。なぜなら、スマートリストに追加されたコンタクトはワークフローにも追加され、ナーチャリングの対象になるので、最初のリストとワークフローを構成するだけで済むからです。

HubSpot Help article screenshot

コンタクトをリストに追加したり、リストから削除したりするワークフローに、アクションや遅延を追加することもできます。この操作は静的リストでのみ実行できるので、右端のドロップダウンメニューには常に静的リストのオプションが表示されます。

HubSpot Help article screenshot

ワークフローは目標リストも活用します。このリストでは、ワークフローの目標に適合する基準のリストを設定できます。これらの要件を満たしたコンタクトは、目標リストに追加され、ワークフローから削除されます。目標リストの詳細については、こちらの記事をご覧ください

HubSpotワークフローは抑制リストも使用します。ワークフロー設定で、1つまたは複数の抑制リストを追加できます。このリストに含まれたコンタクトは、それ以降ワークフローに登録されなくなります。抑制リストの詳細については、こちらの記事をご覧ください

Eメール

HubSpotのEmails(Eメール)では、Eメールを送信する相手と送信しない相手を把握するためにリストを使用します。Emails(Eメール)の[Recipients(受信者)]タブをクリックし、受信者を含めるまたは除外する設定を実行できます。これらはHubSpotリストでしか設定できません。

HubSpot Help article screenshot

レポート

HubSpot Reports(レポート)では、さまざまなタイプのレポートを作成して、データをまとめることができます。こうしたデータの多くは、リストを使用してレポートに収集されます。下図は、全期間のうちにリストに追加されたコンタクトで構成されたContacts(コンタクト)レポートの例です。 

HubSpot Help article screenshot

データのエクスポート

HubSpotリストを作成すると、HubSpotデータベースに含まれ、何らかの共通点を持つコンタクトを特定して整理することができます。このリストは、HubSpotの随所で使用できるほか、そのデータをエクスポートすることもできます。リストの作成後に、[Actions(アクション)] > [Export List(リストをエクスポート)]に移動します。ここから、すべてのコンタクトとそのデータをCSV、XLS、XLSXファイル形式でEメールアドレスにエクスポートできます。こうすることで、リストデータを細分化して調査できます。

HubSpot Help article screenshot

またHubSpot Lists(リスト)ツールで、HubSpot内のある場所から新しいリストへと、絞り込まれたデータをエクスポートすることも可能です。たとえば、Eメールを送信した後、特定のEメール指標(開封済みEメールなど)でフィルタリングをかけて絞り込み、特定のEメールを開封したコンタクトのリストを作成できます。この機能でリストを細分化すると、具体的な目標を持って、特定のグループにのみ次回のコンテンツを送信することができます。

HubSpot Help article screenshot

スマートコンテンツ

スマートコンテンツでは、リストを使用して、コンタクトが特定のウェブページやEメールで閲覧するコンテンツのタイプを決定することができます。スマートコンテンツの機能を使用すると、指定した基準をベースに、コンタクトごとに異なるコンテンツを表示できます。そのため、あるリストに含まれるメンバーに、そのリスト外のコンタクトとは別のCTAを表示することもできます。

HubSpot Help article screenshot

Salesforceインクルージョンリスト

HubSpotアカウントとSalesforceを統合している場合は、スマートリストでSalesforceインクルージョンリストを作成できます。このリストは、Salesforceと同期するコンタクトをリストのメンバーに限定します。これにより、ターゲットを絞った有望な見込み客のリストを作成し、HubSpotとSalesforceの間ですべてのリードが同期される事態を回避します。

HubSpot Help article screenshot

前の記事

次の記事