メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Meetings

ミーティング使用時のカレンダーの空き状況に関する問題をトラブルシューティングする

更新日時 2022年 2月 24日

対象製品

すべての製品とプラン

接続されたカレンダーとスケジュール設定ページの設定によっては、表示される使用可能な時間スロットが予想より少ないなど、予期しない空き状況が発生することがあります。問題を特定するため、トラブルシューティングモードを使用できます。

注:複数のHubSpotアカウントにアクセスできる場合は、トラブルシューティングモードに移る前に、スケジュール設定ページを作成する際に使用したアカウントにログインします

  • HubSpotアカウントにて、[セールス] > [ミーティング]の順に進みます。
  • ミーティングリンクの上にカーソルを重ねて[編集]をクリックします。
  • 右上の[トラブルシューティング]をクリックします。

スケジュール設定ページが別のブラウザータブで開きます。利用できない時間帯はブロック化され、その時間帯を利用できない理由の説明が示されます。

scheduling-page-troubleshooting-mode
その時間に予約できない理由が判明したら、接続されているカレンダーとスケジュール設定ページの設定を確認して、空き状況またはスケジュール設定操作の問題を解決します。

空き状況

「[ユーザー]さんのイベントと重なります。」、「この日には空き状況が設定されていない」、または「特定の期間の日付がない」と表示されている場合は、まず、スケジュール設定ページで空き状況の設定を確認してください。

  • HubSpotアカウントにて、[セールス] > [ミーティング]の順に進みます。
  • ミーティングリンクの上にカーソルを重ねて[編集]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[スケジュール設定]に移動します。
  • 利用可能な空き時間帯を追加し、[保存]をクリックします。

no-availability-set-for-this-day

Office 365やGmailのカレンダーをミーティングツールと連携させている場合、カレンダーのイベントが「予定なし」に設定されていると、空いていない時間に予定を入れられることがあります。または、カレンダーに[予定あり]に設定されているイベントがあると、実際には予定がないのに、予定があるように表示されることがあります。 

Office 365またはGmailのカレンダーでカレンダーイベントを確認して、イベントが[予定あり]または[予定なし]のいずれに設定されているかを確認し、必要に応じて変更してください。

  • Office 365の場合:
    • カレンダーのイベントをクリックして、予定エディターを開きます。
    • 上部のツールバーで、[公開方法]ドロップダウンメニューを使用してイベントを[予定あり]または[予定なし]に変更します。busy-event-outlook

注:Office 365カレンダーの終日イベントは、Office 365カレンダーが別のタイムゾーンに設定されている場合でも、HubSpotアカウントのタイムゾーンでスケジュール設定ページに表示されます。

  • Gmailの場合:
    • カレンダーの予定をクリックし、上部にあるedit鉛筆アイコンをクリックしてエディターを開きます。
    • [予定の詳細]タブで、会議の説明の上にあるドロップダウンメニューを使って、予定を[予定あり]または[予定なし]に変更します。gmail-event-busy-or-free

注:HubSpotでは、ミーティングの対応可否について、Googleカレンダーの勤務時間は考慮されません。

会議などの終日イベントをカレンダーに設定しているものの、予約可能であるように表示するには、終日イベントを必ず[予定なし]に設定してください。 

スケジュール設定環境の詳細設定

最小通知時間、バッファー時間、ミーティング設定範囲に矛盾があるというエラーが表示された場合は、スケジュール設定画面で詳細設定を確認してください。

  • HubSpotアカウントにて、[セールス] > [ミーティング]の順に進みます。
  • ミーティングリンクの上にカーソルを重ねて[編集]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[スケジュール設定]に移動します。
  • [詳細設定]メニューをクリックして展開します。
    • 最小通知時間のエラーを解決するには、[最小通知時間]ドロップダウンメニューをクリックし、より長い最小通知時間を選択します。
    • バッファー時間のエラーを解決するには、[バッファー時間]ドロップダウンメニューをクリックして、別の時間を選択します。
    • ミーティングを予約できる期間外であるというエラーを解決するには、[ミーティングをスケジュール設定できるタイミング]設定を確認して、必要な変更を加えます。

notice-time-buffer-time-conflict

Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.