ミーティングの概要

更新日時 March 14, 2018

free

CRM内で、手間取ることなくミーティングを予約。HubSpot Salesのミーティング機能を使うと、プロスペクト(見込み客)とのやり取りを素早く簡単に行えます。ミーティングツールとGoogleカレンダーやOutlook 365のカレンダーを連携させることで、プロスペクトや顧客は個別のページにてあなたの空き状況を確認してミーティングを予約することができ、今までのように何度もEメールをやり取りする必要はなくなります。

ミーティングツールの機能

ミーティングツールの機能についてご紹介します。一部の機能は、Sales Professionalユーザーのみ対応となっています。

 

空き状況の設定

ミーティングツールでは、いつ、誰が、何時にあなたを予約できるか管理することができます。空き状況は、ミーティングの設定にて設定できます。

GoogleカレンダーやOffice 365との連携

ミーティングツールは、GoogleカレンダーやOffice 365のカレンダーと連携して使用できます。新しいミーティングは自動的にカレンダーに予定として追加され、事前通知のメールが届きます。

カスタマイズしたミーティングリンクの共有

ミーティングを予約したい相手とミーティングのリンクを共有し、あなたの空き時間に応じて都合のいい時間を相手に選択してもらいます。リンクは個別に共有したり、Eメールの署名に入れて誰でも予約できるようにしたり、HubSpot Salesを使ってあなたのEメールに埋め込むことができます。

HubSpot Sales Professionalユーザーは、ミーティング名を任意の名前に変更したり、好きな数だけリンクを作成することができます(Sales Freeユーザーが使用できるミーティングリンクは1つのみです)。

コンタクトのレコードからミーティングを予約する

顧客とミーティングのリンクを共有できることに加えて、CRMのコンタクトとミーティングを予約することもできます。現時点では、この機能はGoogleカレンダーとの連携にのみ対応しています。詳細はこちらをご覧ください。

新規コンタクトの作成

まだコンタクトベースに登録されていないコンタクトがミーティングを予約した場合、ミーティングフォームを基にして新規コンタクトが作成されます。Sales Professionalユーザーは、ミーティングフォームの質問をカスタマイズできます。

ミーティングをウェブサイトに埋め込む(Sales Professionalのみ)

ミーティングを作成すると、ウェブサイトに設定可能な埋め込みコードが用意されます。ウェブサイトにミーティングを埋め込むと、セールス担当者はウェブサイト上で重要な見込み客のデータをすぐに確認できるため、より迅速かつ効率的に見込み顧客とつながることができます。ミーティングを埋め込む方法については、こちらの記事をご覧ください。

チームミーティングを作成する(Sales Professionalのみ)

社内の複数のメンバーが参加でするグループミーティングや、見込み客のスケジュールに応じて最適なチームメンバーとミーティングを行うラウンドロビン方式のミーテイング作成できます。

前の記事

次の記事