ミーティングの設定手順

更新日時 March 14, 2018

ミーティングツールとカレンダーの連携の設定が完了したら、ミーティングのURL、ミーティングリンクの初期設定、ミーティングのブランディングをカスタマイズすることができます。

プリファレンスを設定する

HubSpot Salesアカウントで、ナビゲーションメニューの[Settings(設定)]をクリックし、左側のサイドバーメニュで[Sales] > [Meetings(ミーティング)]をクリックします。[Preferences(プリファレンス)]タブで、以下を設定できます。

  • [Meetings URL(ミーティングURL)]にて、ミーティングのURLをカスタマイズします(Sales StarterおよびProfessionalのみ)。変更後のURLは、その後のすべての新しいリンクに適用されますが、既存のミーティングのリンクは変更されません。
  • [Default meeting link(ミーティングリンク初期設定)]ドロップダウンメニューから、初期設定として設定するミーティングのリンクを選択します(Sales StarterおよびProfessionalのみ

ブランディングをカスタマイズする(Sales StarterおよびProfessionalのみ)

HubSpot Salesアカウントで、ナビゲーションメニューの[Settings(設定)]をクリックし、左側のサイドバーメニュで[Sales] > [Branding(ブランディング)]をクリックします。ここでは、以下の設定を行うことができます。

  • すべてのミーティングに表示される会社ロゴのアップロードと選択。
  • すべてのミーティングに適用されるアクセントカラーの選択。5つのプリセットカラーから選択するか、または16進数のカラーコードを入力してカスタムカラーを使用することもできます。
HubSpot Help article screenshot

ミーティングのリンクを設定する

Sales Freeのユーザーには、ミーティングのリンクと予約ページがそれぞれ1つずつ割り当てられます。 Sales StarterおよびProfessionalのユーザーの場合、初期設定にて以下のリンクが入力されています。


15分、30分、60分のミーティングのリンクを事前設定することができます。また、訪問者はミーティングを予約する際に、これらのリンクにて氏名とメールアドレスを入力する必要があります。

それぞれのリンクにマウスカーソルを合わせて、[Edit(編集)]をクリック、または右上の[Create meeting link(ミーティングリンクを作成)]をクリックすると、新しいミーティングリンクをカスタマイズして作成することができます。.

ミーティングのオプション設定をカスタマイズする

以下のオプション設定をカスタマイズすることができます。

  1. [Meeting photo(ミーティング写真)]:ミーティングリンクページの上部に表示される写真です。写真にカーソルを合わせて[Change photo(写真を変更)」をクリックすると編集できます。
  2. [Meeting heading(ミーティング見出し)]:ミーティングリンクページの上部にて、ミーティング写真の横に表示されます。[heading(見出し)]をクリックすると編集できます。
  3. [Meeting Name(ミーティング名)]:ミーティングダッシュボードに表示されるミーティング名で、Eメールにミーティングリンクを挿入するときに使用します。
  4. [Meeting Link(ミーティングリンク)]Sales StarterおよびProfessionalユーザーのみ編集可):プロスペクト(見込み客)がミーティングを予約するときに使用するリンクです。
  5. [Location(ロケーション)]:コールインのリンクや物理的な場所など、コンタクトとの接触方法に関する情報です。この情報は、カレンダー、コンタクトが受け取る招待メール、既定の個人カレンダーで作成されたイベントに表示されます。
  6. [Invite Subject(招待件名)]コンタクトが受け取る招待メールの件名と、ミーティング予約後に既定の個人カレンダーで作成されるイベント名(例:「Laurenの製品デモ」など)。[Contact token(コンタクトトークン)]または[Company token(企業トークン)]をクリックして、件名にカスタマイズトークンを挿入することができます。
  7. [Invite descriptiont(招待内容)]:予約されたときに表示されるミーティングの内容。WebExやZoomなどのサービスを使用してミーティングを行う場合は、ここにビデオ会議のリンクを記載することをお勧めします。この内容は、コンタクトが受け取る招待メールと既定の個人カレンダーで作成されたイベントに表示されます。
  8. [Duration(時間)]:訪問者がリンクをクリックした時に予約可能なミーティングの時間の長さ。

空き状況を設定する

上記の設定が終わったら、[Next(次へ)]をクリックします。

次に、カレンダー内の時間をクリック&ドラッグして、そのミーティングに対してあなたが空いている時間を設定します。空き状況の設定について詳しくは、こちらをご覧ください。

空き状況の設定が終わったら、[Next(次へ)]をクリックします。


フォームの質問事項をカスタマイズする(Sales StarterおよびProfessionalのみ)

次に、フォームの質問事項をカスタマイズすることができますSales StarterおよびProfessionalユーザーのみ)。初期設定では、氏名とEメールが入力必須項目になっていますが、この画面にて、CRMから他のプロパティを選択して追加したり、質問事項をカスタマイズして追加することができます。

[+ Contact property(コンタクトプロパティを追加)]または[+ Custom question(カスタム質問を追加)]をクリックして、ドロップダウンメニューからプロパティを選択するか、またはカスタマイズした質問を入力して、[Save(保存)]をクリックします。追加した項目を任意入力にする場合は、各項目の右側にある[Required(必須)]チェックボックスをオフにします。

HubSpot Help article screenshot

ミーティングの詳細設定をカスタマイズする

最後に、ミーティングの詳細設定をカスタマイズすることができます。次のような項目をカスタマイズできます。

  1. [Minimum notice time(最終掲示時間)]:訪問者がミーティング前のいつまで、そのミーティングを予約可能かを示す時間。
  2. [Buffer time(予備時間)]:各ミーティング前後に設ける予備時間。
  3. [Weeks into the future a meeting can be scheduled(何週先までミーティング予約可能か)]:何週間先までミーティングの予約をできるようにするか。
  4. [Language(言語)]:訪問者に表示するミーティングのリンクとカレンダーの表示言語。
  5. [Date and number format(日付と数字の書式)]:数字と日付のスタイル。

ミーティングリンクの設定が完了したら、[Save changes(変更を保存)]をクリックします。

コンタクトとのミーティングを予約する場合は、ミーティングリンクにカーソルを合わせて、[Copylink(リンクをコピー)]をクリックして、リンクを送信します。コンタクトは、あなたが設定した空き状況とプリファレンス設定に基づいて時間を選択することができます。

:複数のカレンダーと連携している場合は、すべてのカレンダーでの空き状況がミーティングリンクに反映されます。ただし、プロスぺクトが予約したミーティングは、既定の個人カレンダーにのみ表示されます。複数のカレンダーと連携する方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

前の記事

次の記事