コンタクトレポートの作成方法

更新日時 July 11, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Enterprise
コンタクトデータベースは、マーケターにとって最大のアセットです。HubSpotには、個々のコンタクトレコードのリッチデータを細かく見ることができるツールが用意されています。また、コンタクトレポートによって、探している情報に基づいたコンタクトリストの概要を一目で確認することもできます。コンタクトレポートを作成すると、最も重要な情報に基づいてコンタクトデータベースをセグメント化することができます。
コンタクトレポートは、Enterprise版HubSpotをご契約のお客様のみご利用できます。 この機能を利用するためにアカウントのアップグレードをご検討のお客様については、アカウントマネージャーにお問い合わせいただくか、30日間の無料Enterprise版トライアルサービスをご利用ください。

コンタクトレポートでは、HubSpot内のコンタクトデータベースの情報に基づいてレポートを作成できます。具体的な機能は次のとおりです。

  • HubSpotデータベース上の全コンタクト、またはHubSpot内の任意のリストのレポートを作成できます。
  • コンタクトデータベース内の任意の日付プロパティ(作成日、リードになった日付など)に基づいて任意の期間のコンタクトをグラフ化できます。
  • データベース上のコンタクトプロパティ(ライフサイクルステージ、ソース、業種、ペルソナなど)によりレポートを分類できます。
  • レポートに表示されているコンタクトのコンタクトデータベースの数値コンタクトプロパティ(収益、リードスコア、開封数など)を集計できます。

手順

1.[Reports Home(レポートホーム)]に移動する

HubSpotマーケティングダッシュボードから、[Reports(レポート)] > [Reports Home(レポートホーム)]の順に移動します。

2.新規レポートを作成する

[Reports Home(レポートホーム)]で、青い[Create a new report(新規レポートを作成)]ボタンをクリックします。

3.コンタクトレポート

ポップアップウィンドウから、[Contacts Report(コンタクトレポート)]セクションをクリックします。

次に、作成するコンタクトレポートのタイプを選択します。次のオプションがあります。

1.Start from Scratch(スクラッチから作成)

2.Contacts Revenue Last Month(先月のコンタクト収益)

3.Lifecycle Stage Distribution(ライフサイクルステージの分布)

4.Most Converting Offers(最もコンバージョンしているオファー)

(これらのオプションはHubSpot CRMを利用しているかどうかにより外観が少し異なります。)

ここでは、[Start from Scratch(スクラッチから作成)]を選択して、条件を自分で指定してレポートを作成する手順を見ていきましょう。[Start from Scratch(スクラッチから作成)]ラジオボタンが選択されている状態で、[Create report(レポートの作成)]をクリックします。

4.レポートを構築する

新しいコンタクトレポートには、目的のレポートを作成するために選択できる多くのオプションがあります。各オプションについて説明します。

1.レポートするコンタクトグループを選択します。

- データベース上の全コンタクトを選択するか、HubSpotデータベース内の既存のリストを選択するか、またはここで新しいリストを作成することもできます。

2.コンバージョンタイプと期間を選択します。

- このレポートの条件とする日付プロパティと期間を選択します。

3.コンタクトをグループ化する方法を選択します。

- コンタクトレポートを週別または月別で表示できます。

4.コンタクトプロパティでレポートを分類します(オプション)。

- このドロップダウンメニューでは、レポートを分類する条件となるHubSpotコンタクトプロパティを選択できます。たとえば、すべてのコンタクトが初めてリードになった(ライフサイクルステージが「リード」になった)日付についてのレポートを作成したい場合は、[Became a Lead Date(リード(見込み客)になった日付)]を選択します。

5.数値コンタクトプロパティの合計値を計算します(オプション)。

- このドロップダウンメニューからHubSpotの数値コンタクトプロパティを選択して、レポートでこのプロパティの合計値を計算できます。

6.レポートを作成する

- 目的のプロパティとコンタクトをすべて選択したら、このボタンをクリックします。

5.レポートを表示する

上記のステップでオプションを選択して、レポートを作成したら、レポートが表示される画面に移ります。通常、最初は、次のような画面が表示されます。

HubSpotが情報を抽出し、新しいレポートにその情報を表示する準備をしている間、この画面が表示されます。

数値処理が終了すると、レポートの作成が完了します。コンタクトレポートの構造は次のとおりです。

1.タイトル:レポートのタイトルは、選択したレポート条件に基づいて自動的に生成されます。タイトルを変えたい場合は、この領域をクリックすれば編集できます。

2.[Standard(標準)]または[Cumulative(累計)]:これらのボタンにより、標準的な棒グラフにするか、累計的な線形グラフにするか選択できます。

3.グラフ:指定した時間範囲のグラフデータが表示されます。

4.[Chart(チャート)]:[Chart(チャート)]の下にあるボタンをクリックすることにより、内訳セクションの各値について数量を簡単に見分けられるように色を設定することができます。

5.コンタクトプロパティの内訳。("Property not set(プロパティが設定されていません)"というプロパティ値がありますが、これは、そのプロパティの値がないコンタクトがレポート内に含まれているということです。)

6.[Contacts(コンタクト)]:内訳プロパティについて、同じコンタクトプロパティ値を持つコンタクトの数。

7.[Filter table...(テーブルをフィルタリング...)]:テーブル(パート4、5、6)から、さらに細かくプロパティを分類します。

8.[Edit report(レポートを編集)]:オプションを選択し間違えた場合でも、問題ありません。このボタンをクリックすれば、元に戻ってオプションを変更できます。

9.[Goal Tracking(目標のトラッキング)]:期間単位を指定して、現在のレポートのデータ取得条件での目標コンタクト数を設定できます。目標を設定する場合、最初のボックス(テキストボックス)に数値を入力し、ドロップダウンで[Daily(日次)]、[Weekly(週次)]、[Monthly(月次)]、[Yearly(年次)]のいずれかを選択します。

10.[Report Actions(レポートアクション)]:レポートの使用、共有、再生成、削除など、基本的なアクションを選択できます。

レポートをEメールで送信する

コンタクトレポート内から、レポートを1人以上の特定のコンタクトに、短いメッセージを付けてEメールで送信することができます。また、グラフのビューや、表示する指標(コンタクト数、合計、または平均)を指定したり、レポートをEメール送信する頻度も設定できます。

レポートを送信するEメールは、スケジュール設定された日の午前6時(米国東部標準時)に送信されます。

レポートをエクスポートする

サイドバーのエクスポートボタンをクリックして、レポートをエクスポートできます。レポートデータは、行数に応じて、ExcelファイルかCSVファイルでEメール送信されます。64,000行を超えるレポートについてはCSVファイルでEメール送信されます。

HubSpot Help article screenshot

レポートを更新する

HubSpotの他のレポートと違って、コンタクトレポートは自動的に更新されません。レポートを更新するには、サイドバーの更新オプションをクリックするか、レポートのEメール送信頻度を毎日、毎週、毎月に設定することにより、自動的に更新されるように設定できます。

HubSpot Help article screenshot

レポート詳細

画面右下に[Report Details(レポート詳細)]領域があります。レポートの編集画面に戻らなくても、この領域から、リスト条件を確認できます。また、レポートの最終変更者と最終変更日時も表示されます。

HubSpot Help article screenshot

前の記事

Measuring Your Performance Project

次の記事