収益レポートの作成方法

更新日時 July 11, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Enterprise
コンタクトの獲得方法を知り、さらにコンタクトをマーケティングファネルの下へと進める方法を把握することは重要ですが、マーケティングエフォートから収益をどう生み出すのかを知ることも大切です。HubSpotでは、収益レポートを使用して、マーケティングエフォートに関連する売上高の合計を追跡できます。このレポートは、ウェブサイトでコンバージョンされるコンタクトの情報だけでなく、ウェブサイトでコンバージョンされる会社に関するインサイトも提供します。ソーシャルメディアから果たしてどれほどの収益が生み出されているのだろうかと考えたことはないですか。このレポートはこの疑問に答えることができます。
収益レポートは、Enterprise版HubSpotをご契約のお客様のみご利用できます。 この機能を利用するためにアカウントのアップグレードをご検討のお客様については、アカウントマネージャーにお問い合わせいただくか、30日間の無料Enterprise版トライアルサービスをご利用ください。

収益レポートを活用するには、HubSpotアカウントを商談プロパティと同期し、このプロパティを利用できるようにする必要があります。これは、次の4つの方法のいずれかで実行できます。

2.オポチュニティの同期が有効になっているSalesforceインテグレーション
4.Bedrock Dataとのインテグレーション(SugarCRM、Zoho、またはDynamics CRMを使用)

これらのうちいずれかを使用している場合、以下の手順に従って収益レポートを作成できます。

手順

1.[Reports Home(レポートホーム)]に移動する

HubSpotマーケティングダッシュボードから、[Reports(レポート)] > [Reports Home(レポートホーム)]の順に移動します。

2.新規レポートを作成する

[Reports Home(レポートホーム)]で、青い[Create a new report(新規レポートを作成)]ボタンをクリックします。

3.コンタクトレポート

ポップアップウィンドウから、[Contacts Report(コンタクトレポート)]セクションをクリックします。

次に、作成するコンタクトレポートのタイプを選択します。ここでは、[Contacts Revenue Last Month(先月のコンタクト収益)]ラジオボタンをクリックして選択します。次に、[Create report(レポートの作成)]ボタンをクリックします。

(収益レポートには緑のドル記号が付きます。)

また、コンタクトレポートではなく、企業レポートを使って収益レポートを作成することもできます。ただし、この例では、コンタクトレポートを使用します。

4.レポートを表示および編集する

ここでは、全コンタクトについて先月得られた売上高を示す収益レポートが自動的に作成されます。これで問題なければ、レポートは完成です。必要に応じて、表示したり使用したりできます。このレポートの条件を変更する必要がある場合は、[Edit Report(レポートを編集)]をクリックします。

5.レポートを編集する

現在、収益レポートの条件を編集できる状態になっています。編集オプションを見てみましょう。

1.レポートの対象とするコンタクトのグループを選択します。

- 社内データベース上の全コンタクトまたはHubSpotデータベース上の既存リストをレポート作成の対象として選択することもできます。また、新しいリストを作成することもできます。

2.コンバージョンタイプと期間を選択します。

- 収益レポートの場合は、[Recent Deal Close Date(最近の取引クローズ日)]を選択する必要があります。また、レポート対象期間を選択できます。

3.コンタクトをグループ化する方法を選択します。

- 日別、週別または月別にコンタクトを表示できます。

4.コンタクトプロパティでレポートを分類します。

- このドロップダウンメニューから、レポートを分類する条件となるHubSpotコンタクトプロパティを選択できます。

5.数値コンタクトプロパティの合計値を計算します。

- 収益レポートの場合は、[Recent Deal Amount(最近の取引額)]を選択して、収益関連データを取得する必要があります。

6.レポートを作成する

- プロパティとコンタクトの選択が終了したら、このボタンをクリックします。

6.レポートを表示する

収益レポートの条件を設定できたら、収益レポートの基本ビューを見てみましょう。

1.タイトル領域:レポートのタイトルは、指定された条件に基づいて自動的に生成されます。タイトルを変更する場合は、この領域をクリックして編集します。

2.Sum of Recent Deal Amount(最近の取引額の合計)またはAvg of Recent Deal Amount(最近の取引額の平均):このドロップダウンにより、最近の取引額の合計または平均に基づいてデータが表示されます。

3.[Standard(標準)]または[Cumulative(累計)]:これらのボタンにより、標準的な棒グラフにするか、累計を表示する線形グラフにするか選択できます。

4.グラフ領域:この場所に、指定された期間のグラフデータが表示されます。

5.Breakdown(内訳):特定期間内においてこのレポートの条件を満たしているすべてのコンタクトと、最近の取引額の合計とその平均が示されます。

6.コンタクト領域:このレポート内の各コンタクトの情報として、[Name(名前)]、[Email(Eメール)]、[Recent Deal Amount(最近の取引額)]コンタクトプロパティが表示されます。

7.[Edit report(レポートを編集)]:オプションを選択し間違えた場合でも、問題ありません。このボタンをクリックすれば、元に戻ってオプションを変更できます。

8.[Goal Tracking(目標のトラッキング)]:期間を指定し、その期間内に、現在のレポートのデータ取得条件で獲得するコンタクト数の目標を設定できます。目標を設定する場合、最初のボックス(テキストボックス)に数値を入力し、ドロップダウンで[Daily(日次)]、[Weekly(週次)]、[Monthly(月次)]、[Yearly(年次)]のいずれかを選択します。

9.[Report Actions(レポートアクション)]:レポートの使用、共有、再生成、削除など、基本的なアクションを選択できます。

レポートをEメールで送信する

コンタクトレポート内から、レポートを1人以上の特定のコンタクトに、短いメッセージを付けてEメールで送信することができます。また、グラフのビューや、表示する指標(コンタクト、合計、または平均)を指定したり、レポートをEメール送信する頻度も設定できます。

レポートを送信するEメールは、スケジュール設定された日の午前5時(米国東部標準時)に送信されます。

レポートをエクスポートする

サイドバーにあるエクスポートボタンをクリックすると、レポートをエクスポートできます。レポートデータは、行数に応じて、ExcelファイルまたはCSVファイルでEメール送信されます。64,000行を超えるレポートについてはCSVファイルでEメール送信されます。

画面右下に[Report Details(レポート詳細)]領域があります。レポートの編集画面に戻らなくても、この領域から、リスト条件を確認できます。また、レポートの最終変更者と最終変更日時も表示されます。

その他の収益関連用語

HubSpotで事前設定されている収益レポートではなく、より詳しい収益レポートを作成する場合に役立つ用語が、収益レポートには多く含まれています。以下のとおりです。

  • Total Revenue(売上高合計) - データベース上の企業によって生成された売上高合計。
  • First Deal Created Date(初回取引作成日):初めてオポチュニティが作成された日。これは多くの場合、営業担当者が潜在的な取引相手として考えられる企業と初めて交渉した日に作成されます。
  • Recent Deal Close Date(最近の取引クローズ日) - 最近の取引成立日。
  • Recent Deal Amount(最近の取引額) - 最近の取引で支払われた金額。複数回の支払い(更新またはアップグレード)がある顧客がいる場合、更新またはアップグレードのたびに新しい日付が発生します。このフィールドには、最も新しい取引額が入力されます。
  • Associated Deals(関連付けられている取引) - 企業またはコンタクトに関連付けられている取引数。

前の記事

Measuring Your Performance Project

次の記事