Become a HubSpot power user — join us for HubSpot Training Day 2017.

アトリビューション(属性)レポートの作成方法

更新日時 July 11, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Pro & Enterprise

アトリビューション(属性)レポートは、コンタクトがウェブサイトに初めて訪問してから顧客になるまでのプロセスを理解するうえで役立ちます。このレポートは、何がコンバージョンに貢献したのかを把握するためにコンバージョンパスを分析します。マーケターは、ファネルを通したコンバージョンに影響したすべての要因を把握する必要があります。アトリビューション(属性)レポートを利用して、コンバージョンパスのどの要素がコンバージョンに貢献したのか洗い出すことができます。

レポートを作成する前に、解決しようとしている問題が何か把握しておくことが重要です。ブログから創出されたリード数を知りたいのか?最も大きなコンバージョンを生み出しているソースを知りたいのか?アトリビューション(属性)レポートの目標が定まったら、レポートの作成に取りかかりましょう。

アトリビューション(属性)レポートは、Enterprise版HubSpotをご契約のお客様のみご利用いただけます。 Professional版をお使いのお客様はこのレポートツールのスターター版をご利用いただけます。このバージョンでは、コンバージョンに導いたすべてのインタラクションまたは参照ページに基づくURLでレポートを作成できます。 この機能を利用するためにアカウントのアップグレードをご検討のお客様については、アカウントマネージャーにお問い合わせいただくか、30日間の無料Enterprise版トライアルサービスをご利用ください。 
 
以下のスクリーンショットは、Enterprise版HubSpotの画面です。

手順

1.Reports Home(レポートホーム)に移動する

HubSpotマーケティングダッシュボードから、[Reports(レポート)] > [Reports Home(レポートホーム)]の順に移動します。

2.新規レポートを作成する

[Reports Home(レポートホーム)]で、青い[Create a new report(新規レポートを作成)]ボタンをクリックします。

3.アトリビューション(属性)レポート

ポップアップウィンドウから、[Attribution Report(アトリビューション(属性)レポート)]セクションをクリックします。

次に、作成するアトリビューション(属性)レポートのタイプを選択します。次のオプションがあります。

1.Start from Scratch(スクラッチから作成)

2.Website Content & Blog Posts That Generate Leads(見込み客を獲得している、ウェブサイトコンテンツおよびブログ記事)

3.Most Converting Channels(最もコンバージョンしているチャネル)

4.Frequent Pages Viewed That Generate Leads(リード獲得時に頻繁に閲覧されるページ)

各オプションの下に、レポートによってどういった情報が提供されるかについて簡単に説明されています。

ここでは、[Start from Scratch(スクラッチから作成)]を選択して、条件を自分で指定してレポートを作成する手順について説明します。[Start from Scratch(スクラッチから作成)]ラジオボタンが選択されている状態で、[Create report(レポートの作成)]をクリックします。

4.レポートを構築する

新しいアトリビューション(属性)レポートが表示されます。ビジネスに役立つレポートを作成するための多数のオプションも表示されます。各オプションについて説明します。

1.レポートの対象とするコンタクトのグループを選択します。

- 社内データベース上の全コンタクトまたはHubSpotデータベース上の既存リストをレポート作成の対象として選択することもできます。また、新しいリストを作成することもできます。

2.コンバージョンタイプと期間を選択します。

- レポートの対象とする日付プロパティと期間を選択します。

3.インタラクションのスコアリングタイプを選択します。

- このオプションは、そのレポートの核となる部分になります。このオプションによって、コンタクトがコンバージョン前にあなたの会社のウェブサイトに対して行ったインタラクションをどのようにレポートするかが決まります。オプションとしては、[By URL(URL別)]、[By Referrer(リファラー別)]、[By Source(ソース別)]があります。この3つのオプションから1つだけ選択できます。各オプションを使用することにより、これらのインタラクションをさらに細かく(最新の接触、最初の接触などで)分類できます。

4.レポートを作成します。

- 上記のオプションを適宜選択したら、このボタンをクリックします。

用語について

レポートの構築についてオプションを選択する際、それぞれの用語の意味を正確に把握し、必要なオプションを理解できるようにしておくことが必要です。用語の定義とユースケースモデルは以下のとおりです。

All interactions/sessions(すべてのインタラクション/セッション) – 各タッチポイントを均等に加重します。

コンタクトの保持と認知の維持を目的としているキャンペーンの場合、このモデルを使用します。

First touch(最初の接触) – 最初のタッチポイント。

最初の認知を引き起こすことを目的としたキャンペーンの場合、このモデルを使用します。

Last touch(最新の接触) – 最新の訪問の最初のタッチポイント。

コンタクトの獲得と認識ステージは終了していて、惹きつけるステージ用のキャンペーンである場合、このモデルを使用します。

Last interaction(最新のやり取り) – 最新のタッチポイント。

コンタクトを惹きつけてコンバージョンさせることが目的のキャンペーンである場合、このモデルを使用します。

First & last touch(最初と最新の接触)(リファラー別またはソース別) – 会社のサイトへとコンタクトを差し向けた最初と最新のページ/ソース。

訪問者に会社を紹介したタッチポイントと、コンバージョンまたはセールスにつながった最新のタッチポイントを重要視している場合に、このモデルを使用します。

Simple Decay(シンプルディケイ) – 6つ前までのタッチポイントを最新ページとして加重します。

コンバージョンを促したタッチポイントと、コンバージョンが発生したタッチポイントを重要視している場合、このモデルを使用します。

5.レポートを表示する

アトリビューション(属性)レポートの条件を設定できたら、アトリビューション(属性)レポートの基本ビューを見てみましょう。

1.タイトル:レポートのタイトルは、指定された条件に基づいて自動的に生成されます。タイトルを変更する場合は、この領域をクリックして編集します。

2.Contacts assisted(支援したコンタクト)/Percentage of contacts assisted(支援したコンタクトの割合)(%)/Attributions Score(属性スコア):このドロップダウンから、以下のグラフに表示するデータを選択できます。

3.グラフ:この場所に、上記のドロップダウンで示されたグラフデータが表示されます。

4.内訳:このレポートは、ソース別に分類されるので、コンタクトの作成を支援した各ソースと、そのソースのコンタクト数、コンスタント割合、およびその属性スコア(コンタクトのコンバージョンに成功したタッチポイントの価値)を示します。

5.[Filter by table...(テーブルによってフィルター...)]:テーブル(パート4、5、6)から、さらに細かくプロパティを分類できます。

6.[Edit report(レポートを編集)]:間違ったオプションを選択した場合は、このボタンをクリックして前の画面に戻り、オプションを変更できます。

7.[Report Actions(レポートアクション)]:レポートの使用、共有、再作成、削除など、基本的なアクションを選択できます。

レポートをEメールで送信する

アトリビューション(属性)レポート内から、1人以上の特定のコンタクトに短いメッセージを付けてEメールでレポートを送信したり、このレポートをEメール送信する頻度を設定したりできます。

レポートを送信するEメールは、スケジュール設定された日の午前5時(EST)に送信されます。

レポートをエクスポートする

サイドバーのエクスポートボタンをクリックして、レポートをエクスポートできます。レポートデータは、行数に応じて、ExcelファイルまたはCSVファイルでEメール送信されます。64,000行を超えるレポートについてはCSVファイルでEメール送信されます。

レポート詳細

画面右下に[Report Details(レポート詳細)]領域があります。レポートの編集画面に戻らなくても、この領域から、リスト条件を確認できます。また、レポートの最終変更者と最終変更日時も表示されます。

HubSpot Help article screenshot

前の記事

Measuring Your Performance Project

次の記事