HubSpotでのレポート追加機能の使用方法

更新日時 July 11, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Basic, Pro, & Enterprise
アドオン: レポート

マーケターは、さまざまなチャネルで生成した訪問やリードの数からランディングページのコンバージョン率、自社の収益まで、あらゆることを報告する必要があります。これらすべてを1つの指標にまとめることはできません。レポートも指標も数が多いうえ、報告が不要なものもありません。

HubSpotのレポート追加機能は、あらゆるマーケティングレポートとセールスレポートを1つのインターフェイスに集約したダッシュボードです。これにより、マーケティングチームとセールスチームの両方が、担当する指標やこれらのイニシアチブの進捗状況をすべて一か所で確認できるようになります。

レポート追加機能は、HubSpotのお客様であれば月額200ドルでご利用いただけます。 まずは10日間の無料トライアルをお試しいただき、レポートを作成してみてください。必要な操作方法については以下で説明します。レポート追加機能の詳細や、この機能を使用すると自社のビジネスに具体的にどのようなメリットがあるかを確認するには、こちらのブログ記事をチェックしてください。

レポート追加機能に移動

HubSpotダッシュボードから、[Reports Dashboard(レポートダッシュボード)]の順に進みます。

HubSpot Help article screenshot

レポート追加機能ダッシュボードについて詳しく知る

レポート追加機能に移動すると、デフォルトのレポートがいくつか作成されていることがわかります。このダッシュボード内を移動してレポートをカスタマイズする方法は多数あります。

まず、現在のダッシュボードの名前をクリックすると、以前に作成した別のダッシュボードを選択できます。

HubSpot Help article screenshot

日付範囲を絞り込むこともできます。ダッシュボード名の横で鉛筆アイコンをクリックすると、日付範囲を条件にデータをフィルター処理できます。ここでは、2つのドロップダウンからデータの比較方法を選択できるほか、選択内容をデフォルトとして設定できます。デフォルトに設定すると、ダッシュボードに戻ってくるたびに選択した時間枠が表示されるようになります。

HubSpot Help article screenshot

現在のダッシュボードの右上にある[+ New Dashboard(+新規ダッシュボード)]では、ダッシュボードを追加できます。 これにより、特定のユーザーが独自のダッシュボードを使用したり、セールスが重視する要素のダッシュボードとマーケティングが重視する要素のダッシュボードを分けたりできるようになります。

HubSpot Help article screenshot

ダッシュボードの右上にある[+ Add Report(+レポートを追加)]では、レポートを追加できます。これにより、現在使用しているダッシュボードに新しいレポートを追加できます。

HubSpot Help article screenshot

ダッシュボードにある各レポートで、ギアをクリックすると、各種のレポートアクション(ダッシュボード上のレポートの名前変更、編集、複製、または削除)を実行できます。

HubSpot Help article screenshot

また、ダッシュボード内でレポートを移動することもできます。左上にあるレポートの上にマウスカーソルを置くと、十字矢印アイコンが表示されます。この矢印をクリックして、レポートをダッシュボード内でドラッグアンドドロップします。

HubSpot Help article screenshot

ダッシュボード内のレポートのサイズを変更するには、レポートウィンドウの右下にマウスカーソルを置きます。矢印が表示されたら、レポートをクリックしてドラッグすると、サイズを変更できます。

HubSpot Help article screenshot

ダッシュボードを新規作成

レポート追加機能で新しいダッシュボードを作成するには、画面の右上にある[+ New Dashboard(+新しいダッシュボード)]をクリックします。

HubSpot Help article screenshot
HubSpot Help article screenshot

表示されるポップアップメニューで、ダッシュボードに名前を付け、ダッシュボードに権限を設定して(誰でも表示/編集できるようにするか、あなただけが表示/編集アクセス権を持つようにし)、[Create dashboard(ダッシュボードを作成)]をクリックします。

新規レポートを追加

レポート追加機能の使用方法がわかったので、次は新しいレポートを追加してみましょう。 新しいレポートを追加するダッシュボード内にいることを確認し、右上にある[+ Add Report(+レポートを追加)]を選択します。

HubSpot Help article screenshot

レポートを選択

ここでは、作業を簡単に開始できるようにテンプレート化されたレポートのリストが表示されます。必要なレポートの下にある[Add to dashboard(ダッシュボードに追加)]をクリックすると、これらのレポートの1つを選択できます。これにより、レポートがダッシュボードに自動的に追加されます。

HubSpot Help article screenshot

テンプレート化されたレポート

左側では、テンプレート化されたレポートにアクセスできます。これらは、業務上生じる可能性がある各種ニーズに備えてすでに作成されているレポートです。セールスチームやマーケティングチーム用にテンプレート化されたレポートのほか、タイプが異なるいくつかのレポートから選択できます。

HubSpot Help article screenshot

最初から作成

このほか、[Build from scratch(最初から作成)]ボタンをクリックすることにより、好みに応じて作成およびカスタマイズできるレポートを作成することもできます。カスタマイズしたレポートの作成に進みましょう。

HubSpot Help article screenshot

レポートを作成

基本的なレポートに移動し、ここでカスタマイズできます。まず、左側のメニューを見てみると、いくつかのドロップダウンメニューがあります。

  • Type(タイプ):実行するレポートのタイプを決定します。オプションには、[Contacts(コンタクト)]、[Companies(企業)]、[Deals(取引)]、[Engagements(エンゲージメント)]、[Contacts funnel(コンタクトファネル)]、[Deals funnel(取引ファネル)]があります。 [Contacts(コンタクト)]は、データベース内の個人に基づいてレポートを作成します。[Companies(企業)]は、データベース内のアカウントの数に基づいてレポートを作成します。[Deals(取引)]は、CRM(接続されている場合)からデータを読み込みます。[Engagements(エンゲージメント)]は、セールスチームが潜在的な顧客にどのように対応したかを示します。[Contacts funnel(コンタクトファネル)]は、さまざまなライフサイクルステージを通じたコンバージョン率を示します。[Contacts funnel(コンタクトファネル)]は、さまざまな取引ステージ間のコンバージョン率を示します。
  • View(ビュー): これは、HubSpot CRMから取得する内訳です。たとえば、地域に基づいてデータベース内のコンタクトを分割する場合、この情報に基づいてビューを構築できます。
  • List(リスト): これは、マーケティングプラットフォームから取得する内訳です。たとえば、ライフサイクルステージまたはページビュー数に基づいてデータベース内のコンタクトを分割する場合、この情報に基づいてリストを構築できます。リストの詳細については、このブログ記事を参照してください
HubSpot Help article screenshot

さて、今度はレポートビルダーの中央にある表に注目してみましょう。この表では、レポートの構築のベースとなる情報のタイプを選択します。以下に示したドロップダウンは、構築しているレポートのタイプに基づいて変更されます。このレポートタイプはコンタクトレポートであるため、ここではコンタクト情報を使用できます。

また、右側にある[Add a column(列を追加)]をクリックすると、レポートに情報を追加できます。

HubSpot Help article screenshot

視覚化を追加

重要な情報を使用したレポートのカスタマイズが完了したら、[Add visualization(視覚化を追加)]をクリックします。 

HubSpot Help article screenshot

ここには、6つの異なるタイプのチャートを作成するためのオプションがあります。また、チャートに表示される情報を編集したり、棒グラフを積み上げ棒グラフに変更したりできます。視覚化オプションを使用してみて、どの視覚化がレポートに最も適しているかについてガイダンスが必要な場合は、この記事をチェックしてください

HubSpot Help article screenshot

ダッシュボードに追加

レポートとその視覚化の最終的な編集が完了したら、[Add to dashboard(ダッシュボードに追加)]をクリックします。レポートに名前を付けて、保存します。これで、レポートを作成し、ダッシュボードに追加できました。

HubSpot Help article screenshot

前の記事

Measuring Your Performance Project

次の記事