コンタクトまたは会社フィールドのマッピングを調整する方法

更新日時 July 6, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Pro & Enterprise

通常、初期設定時にHubSpotとSalesforceのフィールド間でプロパティのマッピングを行い、2つのフィールド間でデータが確実に同期されるよう、ある程度時間を費やします。初期設定後に変更の必要が生じた場合、マッピングでどのような作業を行うかについてご紹介します。

コンタクトまたは会社フィールドのマッピングを編集するには、以下の手順に従います。

インテグレーションに移動する

HubSpotダッシュボードから、[Accounts Menu(アカウントメニュー)] > [Integrations(インテグレーション)]の順に進みます。

Salesforce設定

[Integrations(インテグレーション)]ページのSalesforceセクションで、[Settings(設定)]をクリックします。

コンタクトまたは会社フィールドのマッピングに移動する

調整するマッピングの種類に応じて、左側の[Contacts Field Mappings(コンタクトフィールドのマッピング)]または[Company Field Mappings(会社フィールドのマッピング)]のリンクをクリックします。

コンタクトフィールドのマッピング

Salesforceコネクター内の[Contacts Field Mappings(コンタクトフィールドのマッピング)]エリアは、[Standard Mappings(標準マッピング)]と[Custom Mappings(カスタムマッピング)]の2つのセクションで構成されています。

[Standard Mappings(標準マッピング)]はHubSpotとSalesforce間で基本的な情報を同期するため、削除や再割り当てはできません。

[Custom Mappings(カスタムマッピング)]セクションには、HubSpotとSalesforce間で同期される追加情報が含まれており、編集または削除が可能です。

詳細オプションを表示する

まず、[Contact Field Mappings(コンタクトフィールドのマッピング)]画面の右上で、[Show Advanced Details(詳細オプションの表示)]の横にあるチェックボックスをクリックし、マッピングに関するその他の情報を表示します。

このボックスにチェックを入れると、HubSpotとSalesforce内の各フィールド名(API名)の他、各プロパティのフィールドタイプが表示されます。

既存のマッピングを編集する

すでに配置した既存のマッピングを編集するには、それぞれのマッピングに移動し、右側にあるギアアイコンをクリックした後、[Edit(編集)]をクリックします。 この編集操作では、このマッピングに使用されるHubSpotプロパティまたはSalesforceプロパティと、このマッピングの更新ルールを変更できます。

既存のマッピングを削除する

SalesforceとHubSpotプロパティ間の同期が不要になったマッピングを削除するには、削除するマッピングに移動し、ギアアイコンをクリックして、[Delete(削除)]を選択します。

HubSpot Help article screenshot
注意点:このエリアには、ギアアイコンの下に[Delete(削除)]オプションが表示されないマッピングもいくつかあります。そうしたマッピングはデフォルトマッピングであり、インテグレーションと連携して作成されたため、削除できません。ただし、カスタムフィールドはいずれも自由に削除できます。

既存のマッピングを更新する

何らかの変更や更新が加えられた場合に、マッピングを更新し、修復または変更を加える必要が生じる場合があります。マッピングの更新がフィールドマッピングに与える影響の詳細については、こちらをご覧ください。

最初のマッピング例は、プロパティの不足を示しています。誰かが誤って、このマッピングの一部を成していたHubSpotのプロパティを削除したようです。フィールドマッピングの背景が赤く表示され、HubSpotプロパティセクションの下に、「(property does not exist)(プロパティが存在しません)」と表示されます。

マッピングの横にある青い「i」アイコンにご注意ください。

このアイコンをクリックすると、HubSpotで識別されたエラーについての情報が表示されます。また、[Delete mapping(マッピングの削除)]のオプションも提供されますが、ここでは使用しません。

この例では、削除するのではなく、マッピングを更新(または修復)します。マッピングの右側にあるギアアイコンをクリックして、[Refresh Mapping(マッピングの更新)]を選択します。

この操作により、このSalesforceフィールドに再マッピングされる新しいHubSpotプロパティが作成されます。今度はマッピングにHubSpotプロパティ、Salesforceフィールドのバックアップが表示されました。エラーは表示されていません。

また、[Refresh Mapping(マッピングの更新)]機能は、Salesforceでは更新されていて、HubSpotではまだ更新されていないフィールドに役立ちます。この例では、新しい値で更新されているSalesforceの選択リストフィールドが表示されます。HubSpotはマッピングの左側にある青い「i」アイコンでアラートを通知します。

青い「i」アイコンをクリックするとポップアップウィンドウが開き、このフィールドで不足しているフィールドが表示されます。ここで[Refresh Mapping(マッピングの更新)]をクリックして、HubSpotプロパティの値を更新できます。

前の記事

次の記事