お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Sequences

シーケンスにコンタクトを登録する

更新日時 2019年 12月 19日

対象製品

Sales Hub  Starter, Professional, Enterprise
Service Hub  Starter, Professional, Enterprise

シーケンスサマリーページ、コンタクトレコード、またはEメール受信トレイからコンタクトをシーケンスに登録することができます。シーケンスに1件のコンタクトを登録することができます。また、Sales Hub ProfessionalまたはEnterpriseユーザーである場合は、シーケンスキューを使用してシーケンスに複数のコンタクトを登録することもできます。シーケンスにコンタクトを登録する際は、Eメール送信のベストプラクティスに従ってください。

ご注意ください:ユーザーがEメールプロバイダーの送信制限に達しないように、ユーザーが毎日開始できるシーケンス登録数に制限があります。これは、アカウント設定で指定されたタイムゾーンの真夜中でリセットされます。HubSpotでは、シーケンス登録数の制限を増やすことはできません

シーケンスサマリーページ

シーケンスサマリーページからシーケンスにコンタクトを登録する

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [シーケンス]の順に進みます。
  • シーケンスの名前をクリックします。
  • 1件のコンタクトを登録するには、次の手順を実行します。
    • Sales Hub Starter またはService Hubユーザーの場合、右上の [登録] をクリックします。
    • Sales Hub ProfessionalまたはEnterpriseユーザーの場合、右上の [登録] ドロップダウンメニューをクリックし、[1件のコンタクトを登録] を選択します。

enroll-contact-dropdown-menu

  • 登録するコンタクトを検索し、コンタクトの名前の横にあるチェックボックスを選択します。
  • [次へ] をクリックします。

sequences-select-contacts-next

注:シーケンスに波括弧を含むテンプレートがある場合、シーケンスにコンタクトを登録すると、画面読み込み中の状態が続きます。テンプレートから波括弧をすべて削除して、コンタクトを再登録します。

  • [シーケンスを登録] ダイアログボックスで、シーケンス設定をセットアップし、テンプレートをパーソナライズします。
    • Eメールテンプレートの一番下にあるリッチテキストツールバーを使用して、テキストをフォーマットするか、リンク、 スニペットドキュメントを挿入するか、またはビデオを追加します。 
    • Sales HubProfessional または Enterpriseシートが割り当てられている場合、HubSpot はベストプラクティスとコンタクトインサイトに基づいてEメールによる推奨を試みます。[提案を取得] アラートをクリックして推奨事項を確認します。enroll-contact-get-suggestions
    • 上部の [開始] ドロップダウンメニューをクリックし、シーケンスで最初に実行するステップを選択します。
    • [タイムゾーン] ドロップダウンメニューをクリックし、タイムゾーンを選択します。
    • 右上の [フォローアップオプション] をクリックします。ウィンドウで、Eメールとタスクのフォローアップをカスタマイズします。
      • 平日にEメールを送信するには、[平日にのみフォローアップを送信]チェックボックスを選択します。
      • シーケンス内のEメールをスレッド化された状態にするには、[フォローアップEメールを最初のEメールに対する返信としてスレッド化する]チェックボックスを選択します。これらの設定はシーケンスの既定設定を上書きします。
      • 後続のEメールを送信する時間を選択します:
        • フォローアップを手動で設定した時間に送信:シーケンス内の各Eメールに特定の送信時間を指定します。送信時間を手動で設定するには、シーケンス内の各Eメールの上のドロップダウンメニューを使用します。
        • 時間範囲内にフォローアップを送信: ドロップダウンメニューをクリックして、シーケンスで実行するフォローアップEメールごとに時間範囲を設定します。
        • 推奨の送信時間にフォローアップを送信Sales Hub ProfessionalまたはEnterprise のみ):フォローアップEメールは、その日の開封率が最も高い時間に送信されます。この時間はHubSpotによって決定されます。
      • 次に、タスクを作成するタイミングを選択します:
        • タイムテームを手動で設定するフォローアップタスクを作成:シーケンスで作成するタスクごとに時間を指定してください。送信時間を手動で設定するには、シーケンス内の各タスクのドロップダウンメニューを使用します。
        • フォローアップタスクを既定時に作成:ドロップダウンメニューを選択して、シーケンスで作成するフォローアップタスクごとに時間を設定します。
    • フォローアップオプションの編集が完了したら、[適用] をクリックします。
    • シーケンス内の最初のEメールをすぐに送信しない場合は、ドロップダウンメニューステップ1でクリックし、[最初のEメールを特定の時間に送信する] を選択してから、ドロップダウンメニューをクリックして、送信する日付と時刻を選びます。sequences-send-follow-ups-dropdown-menu-1
    • 複数の受信トレイがHubSpotに接続されている場合[シーケンスを登録] ダイアログボックスの下部にある [送信者] ドロップダウンメニューをクリックし、シーケンスEメールを送信するEメールアドレスを選択します。sequence-enroll-modal-select-secondary-address
  • コンタクトを登録する準備ができたら、[シーケンスを開始] をクリックします。

ご注意ください:シーケンス内のタスクは、シーケンスにコンタクトを登録したユーザーに割り当てられます。

コンタクトレコード

  • HubSpotアカウントから [コンタクト] > [コンタクト] を開きます。
  • 登録するコンタクトの名前をクリックします。
  • 左側のパネルで、Eメールアイコンemail をクリックします。
  • ポップアップボックスで、[シーケンス] をクリックします。sequences-select-sequence-from-new-record
  • ダイアログボックスで、コンタクトを登録するシーケンスの上にカーソルを置き、[選択] をクリックします。
  • [シーケンスを登録] ダイアログボックスで、シーケンス設定をセットアップし、テンプレートをパーソナライズします。
    • Eメールテンプレートの一番下にあるリッチテキストツールバーを使用して、テキストをフォーマットするか、リンク、 スニペットドキュメントを挿入するか、または動画を追加します。 
    • Sales Hub ProfessionalまたはEnterpriseシートが割り当てられている場合、HubSpot はベストプラクティスとコンタクトインサイトに基づいてEメールによる推奨を試みます。[提案を取得] アラートをクリックして推奨事項を確認します。
    enroll-contact-get-suggestions
    • 上部の [開始] ドロップダウンメニューをクリックし、シーケンスで最初に実行するステップを選択します。
    • [タイムゾーン] ドロップダウンメニューをクリックし、タイムゾーンを選択します。
    • 右上の [フォローアップオプション] をクリックします。ウィンドウで、Eメールとタスクのフォローアップをカスタマイズします。
      • 平日にEメールを送信するには、[平日にのみフォローアップを送信]チェックボックスを選択します。
      • シーケンス内のEメールをスレッド化された状態にするには、[フォローアップEメールを最初のEメールへの返信としてスレッド化する]チェックボックスをオンにして、それ以降のEメールが最初のEメールでスレッド化されるようにすることができます。これらの設定はシーケンスの既定設定を上書きします。
      • 後続のEメールを送信する時間を選択します:
        • フォローアップを手動で設定した時間に送信:シーケンス内の各Eメールに特定の送信時間を指定します。送信時間を手動で設定するには、シーケンス内の各Eメールの上のドロップダウンメニューを使用します。
        • 時間範囲内にフォローアップを送信: ドロップダウンメニューをクリックして、シーケンスで実行するフォローアップEメールごとに時間範囲を設定します。
        • 推奨の送信時間にフォローアップを送信Sales Hub ProfessionalまたはEnterprise のみ):フォローアップEメールは、その日の開封率が最も高い時間に送信されます。この時間はHubSpotによって決定されます。
      • タスクを作成するタイミングを選択:
        • タイムテームを手動で設定するフォローアップタスクを作成:シーケンスで作成するタスクごとに時間を指定してください。送信時間を手動で設定するには、シーケンス内の各タスクのドロップダウンメニューを使用します。
        • フォローアップタスクを既定時に作成:ドロップダウンメニューをクリックして、シーケンスで作成するフォローアップタスクごとに時間を設定します。
    • フォローアップオプションの編集が完了したら、[適用] をクリックします。
  • シーケンス内の最初のEメールをすぐに送信しない場合は、最初のEメールの上にあるドロップダウンメニューをクリックし、[最初のEメールを特定の時間に送信する] を選択してから、ドロップダウンメニューをクリックして、送信する日付と時刻を選びます。
sequences-send-follow-ups-dropdown-menu-1
  • コンタクトを登録する準備ができたら、[シーケンスを開始] をクリックします。

ご注意ください:シーケンス内のタスクは、シーケンスにコンタクトを登録したユーザーに割り当てられます。

Eメールの受信トレイ

HubSpot Sales Chrome拡張機能 HubSpot Sales Outlookのデスクトップアドイン、またはHubSpot Sales Office 365アドインを使用して受信トレイからシーケンスにコンタクトを登録する方法について説明します。

コンタクトを登録した後は、アクティブなシーケンスをモニタリングして編集します。経時的にシーケンスのパフォーマンスを分析して、返信数や予定ミーティング数が順調であることを確認することもできます。

シーケンスEメール送信のベストプラクティス

現在のところ、HubSpotではバウンス率が高い場合のシーケンス送信機能に制限を設けていませんが、シーケンスを使用する際に従うべき一般的なベストプラクティスがあります。

  • エンゲージメントしていないコンタクトの保存済みフィルターを作成し、シーケンスEメールにエンゲージメントしそうにないコンタクトを識別します。
  • アカウントからハードバウンスされたコンタクトを削除します。
  • 連絡しないよう意思表明しているコンタクトには送信しないでください。
  • コンタクトのEメールアドレスが確認されたソースからのものであること、それらのコンタクトが E メールコミュニケーションの受信にオプトインしていることを確認します。
  • セールスEメールテンプレートでパーソナライズトークンを使用してエンゲージメントを強化します。
/jp/sequences/enroll-contacts-in-a-sequence?hs_ungate__cos_renderer_combine_all_css_disable=true&hsSkipCache=true