お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Sequences

シーケンスステップの送信時間

更新日時 2020年 5月 1日

対象製品

Sales Hub  Professional, Enterprise
Service Hub  Professional, Enterprise

シーケンス内のステップは 24 時間間隔で実行されます。これは、各ステップが、コンタクトが最初に登録されるのと同時に実行されることを意味します。各ステップの遅延をカスタマイズして、E メールとタスク間の遅延を長くしたり、週末に E メールを送信できるようにしたりできます。土曜日と日曜日がシーケンス遅延に与える影響、フォローアップ E メールの送信時間とタスクの作成時間をカスタマイズする方法、および不完全なタスクがシーケンス遅延に与える影響を確認してください。 

注:HubSpot は 1 つのキューから 1 つずつのシーケンス E メールを送信します。複数のシーケンス E メールが同時に送信されるようにスケジュールされている場合は、送信が 30 秒ごとに調整されます。

週末にフォローアップ E メールを送信する

シーケンスの最初のステップが E メールの場合は、それが平日か週末かに関係なく、シーケンスが開始された日に送信されます。ただし、既定で、シーケンスで次の E メールは平日にしか送信されません。シーケンスステップが週末に実行されるようにスケジュール設定されている場合、E メールは送信されません。代わりに、コンタクトが最初に登録された時点で、次の月曜日に送信されます。

たとえば、次のシーケンスを作成しました。

  • テンプレート A を送信します。
  • 3 日後まで返信がない場合、テンプレート B を送信します。
  • 3 日後まで返信がない場合、テンプレート C を送信します。

コンタクトは月曜日の午後 5 時にこのシーケンスに登録されました。コンタクトがいずれの E メールにも返信しない場合は、各ステップが実行される時刻と日にちはこのようになります。

  • コンタクトは月曜日の午後 5 時に登録されたとき、テンプレート A を受信します。
  • コンタクトは木曜日の午後 5 時にテンプレート B を受信します。
  • コンタクトは、次の日曜日の午後 5 時にテンプレート C を受信するようにスケジュール設定されていますが、既定で、E メールは月曜日の午後 5 時に送信されます。

コンタクトが土曜日と日曜日のシーケンスで E メールを受信できるようにするには、シーケンスにコンタクトを登録する前に [フォローアップを平日にのみ送信] チェックボックスをオフにすることで、コンタクトごとにこの設定を無効にすることができます。

シーケンスフォローアップの送信時間をカスタマイズする

フォローアップ E メールが送信されるタイミングとフォローアップタスクが作成されるタイミングをカスタマイズできます。シーケンスにコンタクトを登録する場合:

  • 右上の [フォローアップオプション] ドロップダウンメニューをクリックします。ウィンドウで、E メールとタスクフォローアップをカスタマイズします。
    • E メールが平日にのみ送信されるようにするには、[フォローアップを平日にのみ送信] チェックボックスをオンにします。
    • 同じスレッドでシーケンス E メールを保持するには、[フォローアップEメールを最初のEメールに対する返信としてまとめる] チェックボックスをオンします。この設定によって、シーケンスの既定の設定が上書きされます。
    • 後続の E メールを送信するタイミングを選択します。
      • フォローアップを手動で設定した時間に送信:シーケンス内の各 E メールの送信時間を指定します。送信時間を手動で設定するには、シーケンス内の各 E メールの上にあるドロップダウンメニューを使用します。
      • 時間範囲内にフォローアップを送信:ドロップダウンメニューをクリックして、シーケンスで実行するフォローアップ E メールごとに時間範囲を設定します。
      • 推奨の送信時間にフォローアップを送信 (Sales Hub Professional または Enterprise のみ):フォローアップ E メールがその日の開封率が高い時間に送信されます。この時間は HubSpot によって決定されます。
    • 次に、タスクを作成するタイミングを選択します。
      • 手動で設定した時間にフォローアップタスクを作成:シーケンスで作成するタスクごとに時間を指定します。送信時間を手動で設定するには、シーケンス内の各タスクのドロップダウンメニューを使用します。
      • フォローアップタスクを既定時に作成:ドロップダウンメニューを選択してクリックし、シーケンスで作成するフォローアップタスクごとに時間を設定します。
  • [適用] をクリックします。

注:既定で、先行するタスクが完了するまでシーケンスが一時停止されます。タスクと、次のステップの実行がスケジュールされている時間の間に遅延がある場合は、タスクが完了するまで遅延が開始されません。つまり、タスクの 2 日後に送信予定の E メールがある場合は、タスクが完了するまでシーケンス上の 2 日の遅延が開始されません。

/jp/sequences/what-time-will-steps-execute-sequences?_ga=2.77412819.733193376.1565018226-137539966.1552578076