テーマ別の基本テンプレートの概要

更新日時 July 13, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Basic, Pro, & Enterprise

それぞれの標準的なテーマには、ドラッグ&ドロップ型の基本テンプレートが約20種類あります。この記事では、HubSpotのテーマに含まれている、これらの標準的なテンプレートについて説明します。

テーマのテンプレートは、ページのスタイルを指定するのにカスタムクラスやCSSを使用するため、テーマ内で新しいテンプレートを作成する際は、一から作るのではなく、事前に用意されたテンプレートをコピーしてから編集してください。

HubSpotのデフォルトのテーマは、新しいHubSpotアカウントでのみご利用いただけます。既存のアカウントに標準的なHubSpotテーマをインストールする場合は、こちらの手順に従ってあなたのアカウントがこれらのテーマと互換性があることを確認します。

標準的なテーマの基本テンプレートとは

Skyline blog

HubSpotのテーマの基本テンプレートには、ブログテンプレート、ランディングページテンプレート、サイトページテンプレート、システムテンプレートがあります。各テーマには、異なるグローバルヘッダーとグローバルフッターグループが使用されます。

これらのテンプレートはテンプレートレベルでカスタマイズでき、またフレキシブルカラム内ではページレベルでモジュールを追加することもできます。

ブログテンプレート

Path to theme blog template

HubSpotのすべての標準的なテーマには、ブログテンプレートが含まれています。このテンプレートは、テーマのグローバルヘッダーとフッターによって構成されていますが、ブログ購読モジュールや「複数タブ」カスタムモジュールなどのさまざまなサイドバーモジュールも含まれています。

ブログテンプレートのレイアウトは、デザインマネージャー[Theme Name(テーマ名)]ブログフォルダーTemplates(テンプレート)/ Custom(カスタム)/ Blog(ブログ)/ Theme Name(テーマ名)ブログ)で見つけることができます。

Setting blog template
このブログテンプレートは、[Content(コンテンツ)] > [Content Settings(コンテンツ設定)] > [Blog(ブログ)]から選択できます。

サイトページテンプレート

Path to pages templates

HubSpotの基本的な各テーマには、内部ページやサンキューページの作成時に使用できる、サイトページテンプレートがあります。これらのテンプレートは、グローバルヘッダーやフッターグループと、ユーザーが特定のページにモジュールを追加できるフレキシブルカラムで構成されています。

テーマのサイトページテンプレートのレイアウトは、デザインマネージャー[Theme Name(テーマ名)]フォルダー(Templates(テンプレート)/ Custom(カスタム)/ Page(ページ名)/ Theme Name(テーマ名))で見つけることができます。

ランディングページテンプレート

Path to landing pages

すべてのHubSpotの基本的なテーマには、ランディングページテンプレートがあります。このテンプレートはサイトページテンプレートに似ていますが、グローバルヘッダーが異なり、ナビゲーションがなく、レイアウトにフォームが含まれています。また、ユーザーが特定のページにモジュールを追加できるフレキシブルカラムも含まれています

テーマのサイトページテンプレートのレイアウトは、デザインマネージャーの[Theme Name(テーマ名)]フォルダー(Templates(テンプレート)/ Custom(カスタム)/ Page(ページ)/ Theme Name(テーマ名))で見つけることができます。

システムテンプレート

HubSpotのデフォルトのテーマには、Eメール設定ページ、エラーページ、パスワード保護されたページなどに使えるさまざまなシステムテンプレートがあります。このテンプレートは、ブランドに固有のデフォルトコンテンツを含むようにカスタマイズすることが可能です。

Email Preferences(Eメール設定)テンプレートは、購読者がコミュニケーション設定を管理するのに使用します。Email Backup Unsubscribe(Eメール配信解除バックアップ)テンプレートは、購読者がコミュニケーションを配信解除するのに使用します。Subscription Update Confirmation(Eメール購読の更新確認)テンプレートは、購読者がEメール設定の変更を確認するのに使用します。

Selecting email subscription templates

この3種類のEメール設定テンプレートは、[Email Settings(Eメール設定)]([Content(コンテンツ)] > [Content Settings(コンテンツ設定)] > [Email(Eメール)])から選択できます。

HubThemeには、クライアント側のブラウザーがサーバーと通信できるもののリクエストされたページが見つからない場合に使用する404テンプレートがあります。 HubThemeには、クライアント側のブラウザーがサーバーと通信できない場合に使用する500エラーテンプレートがあります。 これらのエラーテンプレートは、[Content(コンテンツ)] > [Content Settings(コンテンツ設定)] > [Page Publishing(ページの公開)]から、サイトのエラーページとして設定できます。

HubSpot Help article screenshot

このテンプレートは、[Content(コンテンツ)] > [Content Settings(コンテンツ設定)] > [Page Publishing(ページの公開)]から、サイトのパスワードプロンプトページとして設定できます。

Selecting password protect template

標準テーマテンプレートの変更

b

詳細情報

テンプレートの複製を作成してからカスタマイズ可能なバリエーションを作成すると、オリジナルのテンプレートに変更を加えずそのままの状態にしておくことができます。テンプレートを複製することによって、後でいつでもマスターテンプレートを参照できます。

変更内容に不満がある場合は、いつでもテンプレートやページの修正箇所を元に戻すことができます。 

続きを読む

デザインマネージャーのテンプレートビルダーを使用すると、テンプレートのレイアウトをカスタマイズできます

テンプレートを構成する方法について詳しくは、こちらの記事をご覧ください。テンプレートに変更を加えるだけでなく、フレキシブルカラムを使用したテンプレートで作成されたページで、コンテンツエディターを使用して特定のページに直接モジュールを追加することもできます。

テーマには特定のカスタムクラス、スタイルシート、Javascriptファイルが必要なため、これらの必要なアセットの一部を削除すると、テーマ別テンプレートが壊れる可能性があります。

前の記事

次の記事