テーマ別カスタムテンプレートの概要

更新日時 July 13, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Basic, Pro, & Enterprise

前の記事で説明した標準テンプレートに加え、デフォルトのHubSpotテーマのほとんどに、コンテンツのタイプに合わせた2つのカスタムテンプレートが含まれています。 これらのカスタムページテンプレートには、ホームページテンプレートやお問い合わせページテンプレートがあります。

HubSpotのデフォルトのテーマは、新しいHubSpotアカウントでのみご利用いただけます。既存のアカウントに標準的なHubSpotテーマをインストールする場合は、こちらの手順に従ってあなたのアカウントがこれらのテーマと互換性があることを確認します。
Path to pages

ホームページやお問い合わせページテンプレートのレイアウトは、デザインマネージャー[Theme Name(テーマ名)]ブログフォルダー(Templates(テンプレート)/ Custom(カスタム)/ Page(ページ)/ Theme Name(テーマ名))で見つけることができます。テンプレートの名前は、「ホームページ」と「お問い合わせ」になります。

ホームページ

各HubSpotのデフォルトのテーマは、同じカスタムモジュールを活用できますが、レイアウトや機能はテーマによって異なる場合があります。ホームページテンプレートのテーマ別の外観を確認するには、以下のリンクをご覧ください。

Stratus home

お問い合わせ

Velocityのテーマ以外の、その他のデフォルトのテーマには、お問い合わせページのテンプレートが含まれています。お問い合わせページには、企業情報のほか、Googleマップモジュールを貼り付けることができるHTMLモジュールが含まれています。Velocityのテーマでは、標準のランディングページテンプレートを使用します。 

Skyline contact us

テーマ別カスタムテンプレートの変更

b

詳細情報

テンプレートの複製を作成してからカスタマイズ可能なバリエーションを作成すると、オリジナルのテンプレートに変更を加えずそのままの状態にしておくことができます。テンプレートを複製することによって、後でいつでもマスターテンプレートを参照できます。

変更内容に不満がある場合は、いつでもテンプレートやページの修正箇所を元に戻すことができます。 

続きを読む

デザインマネージャーのテンプレートビルダーを使用すると、テンプレートのレイアウトをカスタマイズできます

テンプレートを構成する方法について詳しくは、こちらの記事をご覧ください。テンプレートに変更を加えるだけでなく、フレキシブルカラムを使用したテンプレートで作成されたページで、コンテンツエディターを使用して特定のページに直接モジュールを追加することもできます。

テーマには特定のカスタムクラス、スタイルシート、Javascriptファイルが必要なため、これらの必要なアセットの一部を削除すると、テーマ別テンプレートが壊れる可能性があります。

前の記事

次の記事