メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Tickets

チケットをマージする

更新日時 2021年 6月 30日

対象製品

すべての製品とプラン

HubSpotアカウントで、2つのチケットを1つのレコードにマージすることができます。チケットをマージする前に、チケットレコードのデータがどうなるかを理解しておく必要があります。

注:2つのチケットレコードをマージすると、マージ解除することはできません

チケットをマージする

  • HubSpotアカウントにて、[サービス] > [チケット]の順に進みます。
  • プライマリー チケット レコードにするチケット名をクリックします。
  • 左側のパネルで、[アクション] ドロップダウンメニューをクリックし、[マージ] を選択します。

  • プライマリーチケットにマージするチケットを検索します。セカンダリーチケットを選択したら、[マージ]をクリックします。
  • マージが進行中であることを示すメッセージが表示されます。すべてのチケットのアクティビティーが同期されるまでに最大30分かかる場合があります。

2つのチケットをマージするとどうなりますか?

2つのチケットをマージすると、一意のチケットIDを持つ新しいチケットレコードが作成されます。

チケットのプロパティー

2つのチケットをマージすると、プライマリーチケットのプロパティー値が新しいチケットレコードに採用されます。以下のプロパティーは例外です。

  • 作成日:古い方のチケットの値が維持されます。
  • チケットID:マージ後のチケットに、まったく新しい値が割り当てられます。

関連付けとエンゲージメント

両方のレコードのすべての関連付けられたオブジェクトおよびタイムラインアクティビティーがマージされ、新しいチケットレコードに表示されます。

ワークフロー登録(Service Hub ProfessionalおよびEnterpriseのみ)

  • マージ前にワークフローに登録されたプライマリーおよびセカンダリーのチケットは、マージ後にすべて登録解除されます。
  • マージの結果生成されるチケットは、プライマリーチケットおよびセカンダリーチケットが登録されていたワークフローには登録されません。
  • マージ中にデータの変更が発生するため、マージ後のチケットは自動的にはワークフローに登録されません。
  • それ以降、マージとは関係のないプロパティーの変更またはアクションが発生すると、マージによって生成されたチケットをワークフローに登録できるようになります。