Tickets

チケットレコードを操作する

更新日時 2020年 10月 19日

対象製品

すべての製品とプラン

チケットを使用すると、顧客からのすべての問い合わせを1か所で整理し、長期にわたって問題に関するやりとりをトラッキングできます。詳しくは、チケットを作成するさまざまな方法についての説明を参照してください。

チケットが作成されたら、チケットレコードにアクセスして情報を記録または取得できます。これにより、あなたとチームが顧客の問い合わせについての認識を共有できます。

チケットレコードを表示する

  • HubSpotアカウントにて、[サービス] > [チケット]の順に進みます。
  • チケットホームで、操作するチケットを見つけ、その名前をクリックします。そのレコードが表示されます。

以降のセクションでは、左側、中央、右側の各パネルについて説明します。

概要とアクション

左側のパネルには、チケットレコードのプロパティーと、実行できるアクションが表示されます。詳しくは、このセクションに表示されるプロパティーを編集する方法についての説明を参照してください。管理者すべてのユーザーとチームに対して表示される左側のサイドバーをカスタマイズできます。

  • 上部で、レコードのプライマリプロパティーを表示して編集します。edit(鉛筆アイコン)をクリックして名前を編集し、[ステータス]ドロップダウンメニューをクリックして新しいステータスを選択し、[パイプライン]ドロップダウンメニューをクリックしてチケットパイプラインを更新できます。
  • 左側のパネルの右上にある[アクション]ドロップダウンメニューをクリックします。
    • [フォロー]:レコードをフォローする場合にクリックします。既定では、所有するすべてのレコードをフォローします。レコードをフォローすると、レコードの更新に関する通知が送信されます。
    • [すべてのプロパティーを表示]:レコードのすべてのプロパティーを表示する場合にクリックします。
    • [プロパティーの履歴を表示]:レコードのプロパティー値の履歴を表示する場合にクリックします。
    • [マージ]:チケットレコードをマージする場合にクリックします。
    • [削除]:コンタクトレコードを削除する場合にクリックします。詳しくは、削除中に失われるデータについての説明を参照してください。
  • 該当するアイコンをクリックしてレコードを操作します。
  • [この取引について]セクションで取引のプロパティー値を表示して編集します。詳しくは、ユーザーに対してこのセクションに表示されるプロパティーを編集する方法についての説明を参照してください。
    • プロパティー値を編集するには、プロパティーの上にカーソルを置き、 edit(鉛筆アイコン)をクリックします。
    • 特定のプロパティーの履歴を表示するには、プロパティーの上にカーソルを置いて[履歴を表示]をクリックするか、または下にスクロールして[プロパティーの履歴を表示]をクリックし、すべてのプロパティーの変更履歴を表示します。
    • すべてのプロパティーを表示するには、[すべてのプロパティーを表示]をクリックします。

チケットタイムラインでアクティビティーを記録および表示する

中央のパネルには、チケットに関連するアクティビティーが時系列順に表示されます。最新のアクティビティーが一番上に表示されます。

中央のパネルを表示するためのスペースが必要な場合は、パネル上部にある last のアイコンをクリックして右側のパネルを折りたたみます。パネルをもう一度展開するには、firstのアイコンをクリックします。

以下の方法でこれらのアクティビティを絞り込むことができます:

  • アクティビティをすばやく絞り込むには、上部のタブをクリックします。アクティビティーは、すべてのコメント、Eメール、コール、タスクで構成されています。

  • さらに特定のアクティビティーに絞り込むには[絞り込み条件]ドロップダウンメニューをクリックします。
  • [すべてのユーザー]または[すべてのチーム]ドロップダウンメニューをクリックし、ユーザーまたはチームを選択すると、そのユーザーまたはチームが所有するアクティビティーに絞り込まれます。

  • 特定のアクティビティーを検索するには、右上のsearch(検索アイコン)をクリックします。入力した条件に基づいて、ツールはタイムラインアクティビティで以下のフィールドを検索してアクティビティを取得します:
    • タスクの件名
    • タスク本文
    • メモ本文
    • コール本文
    • Eメールの件名
    • ミーティング本文
  • タイムラインで個々のアクティビティーに対してアクションを実行します。アクティビティーの上にカーソルを置いて、アクティビティーの関連付けの編集、アクティビティーの詳細の編集、詳細の表示、またはアクティビティーの削除を行います。records-interact-with-a-logged-activity
  • アクティビティーによっては、コメントコメントのピン留めEメールスレッドへの返信などの他のアクションを実行できます。pin-note

関連レコードと追加ツール

右側のパネルで、レコードに関連付けられている他のレコードとツールを表示します。セクションをドラッグして再配置できます。

関連レコード

これらの関連付けは、各レコードタイプのセクション(「コンタクト」、「会社、「取引」など)の下に表示されます。詳しくは、異なるレコード間の関連付けについての説明を参照してください。

チケットレコードを別のレコードに関連付けるには、次のようにします。

  • 関連レコードタイプセクションで[追加]をクリックします。
  • コンタクトに関連付ける新しいレコードを作成することも、既存のレコードをコンタクトに関連付けることもできます。
    • チケットを関連付ける新しいレコードを作成するには、[Create a new [record](新しい[レコード]を作成)]タブで、フィールドに情報を入力し、[作成]をクリックします。
    • 既存のレコードを関連付けるには、[既存の[レコード]を追加]タブをクリックして、レコードを検索し、検索結果のレコードの横にあるチェックボックスをオンにします。[保存] をクリックします。

プレイブック

コンタクトとコミュニケーションする際には、プレイブックをクリックして、特定の事前定義の質問またはステップを表示できます。これによりコミュニケーションに備えて適切に準備できます。

添付ファイル

[ファイルをアップロード]または[ファイルを追加]をクリックして、取引レコードにファイルを添付することができます。記録されたEメールの一部として、取引レコードに関連付けられているコンタクトに送信された添付ファイルを表示することもできます。