コンテンツモジュールの使用方法

更新日時 July 1, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Basic, Pro, & Enterprise
アドオン: ウェブサイトページ
HubSpotで作成するページおよびEメールはすべて、コンテンツモジュールを使ってコンテンツを保存したり表示したりします。使用するコンテンツモジュールのタイプは、作成、保存、表示するコンテンツの種類によって異なります。

フレキシブルカラム

テンプレートでフレキシブルカラムを使用すると、テンプレートビルダーの代わりにコンテンツエディターからテンプレートの列にモジュールを追加できるようになります。

HubSpot Help article screenshot

リッチテキスト

リッチテキストモジュールは、HubSpotコンテンツツールで使用される最も一般的なコンテンツモジュールです。これには、基本的な単語の書式設定、段落スタイル、画像、リンクなど、コンテンツに使用する編集オプションのほとんどが用意されています。

HubSpot Help article screenshot

[Edit(編集)]メニュー

HubSpot Help article screenshot

リッチテキストモジュールの[Edit(編集)]メニューの内容は、次のとおりです。

  • Undo(元に戻す) - コンテンツに対する最近の変更を元に戻します。
  • Redo(やり直し) - コンテンツに対する変更を元に戻した場合に、その変更をもう一度反映します。
  • Cut(切り取り) - モジュールから選択したコンテンツを切り取り、クリップボードに保存します。
  • Copy(コピー) - 選択したコンテンツをクリップボードにコピーします。
  • Paste(貼り付け) - クリップボードに保存したコンテンツをコンテンツモジュールに貼り付けます。
  • Select all(すべてを選択) - モジュール内のすべてのコンテンツを選択します。
  • Find and replace(検索して置換) - コンテンツモジュール内で特定の単語または語句を検索し、その単語または語句を別の単語または語句に置き換えます。

[Insert(挿入)]メニュー

HubSpot Help article screenshot

リッチテキストコンテンツモジュールの[Insert(挿入)]メニューの内容は、次のとおりです。

  • Insert Personalization Token(パーソナライゼーショントークンを挿入)(プロフェッショナル版およびエンタープライズ版) - 訪問者のコンタクトプロパティ値に基づいて自動的に変化するコンタクトプロパティのパーソナライゼーショントークンをコンテンツに挿入します。
  • Insert video(ビデオを挿入) - ビデオのURLまたはビデオの埋め込みコードを使用してコンテンツにビデオを挿入します。
  • Insert Document Link(ドキュメントリンクを挿入) - HubSpotファイルマネージャーツールにアップロードしたファイルへのリンクをコンテンツに挿入します。
  • Insert image(画像を挿入) - コンテンツに画像を挿入します。
  • Insert Call-to-Action(CTAを挿入) - HubSpot Call-to-Action(CTA)ツールに組み込まれているCTAボタンをコンテンツに挿入します。
  • Link(リンク) - 別のページへのリンクをコンテンツに挿入します。
  • Media(メディア) - ビデオのURLまたはビデオの埋め込みコードを使用してコンテンツにビデオを挿入します。
  • Special character(特殊文字) -特別なHTML文字をコンテンツに挿入します。
  • Horizontal line(水平線) - 水平線の改行をコンテンツに挿入し、同じモジュール内のコンテンツを分割します。
  • Anchor(アンカー) - アンカータグをコンテンツに挿入し、コンテンツの特定の部分にリンクできるようにします。
  • Nonbreaking space(改行なしのスペース) - 改行なしのスペースをコンテンツに挿入し、間隔を調整できるようにします。

[View(表示)]メニュー

HubSpot Help article screenshot

リッチテキストコンテンツモジュールの[View(表示)]メニューの内容は、次のとおりです。

  • Show blocks(ブロックを表示) - リッチテキストエディターでコンテンツのブロックの周りの書式のタイプと点線ラインを表示します。
  • Visual aids(視覚補助) - 公開または送信したコンテンツに表示されないアンカーなど、カスタムコンテンツタイプの横にあるシンボルを表示します。

[Style(スタイル)]メニュー

HubSpot Help article screenshot

リッチテキストコンテンツモジュールの[Style(スタイル)]メニューの内容は、次のとおりです。

  • Formats(書式) - 選択したコンテンツの書式を変更できます。
  • Font(フォント) - 選択したコンテンツのフォントを変更できます。
  • Text Size(テキストサイズ) - 選択したコンテンツのフォントサイズを変更できます。
  • Line Height(行の高さ) - 選択したコンテンツの行の高さを変更できます。
  • Clear formatting(書式をクリア) - 選択したコンテンツのすべてのスタイルおよび書式をクリアします。

[Table(表)]メニュー

HubSpot Help article screenshot

リッチテキストコンテンツモジュールの[Table(表)]メニューの内容は、次のとおりです。

  • Insert table(表を挿入) - インタラクティブなエディターを使用してコンテンツモジュールにHTML表を挿入します。表は、リストを整理したりカレンダーを表示したりする場合に役に立ちます。

  • Cell(セル) - セルのサブメニューでは、セルのプロパティを調整、複数のセルを1つのセルにマージ、または1つのセルを複数のセルに分割する操作を行うことができます。

  • Row(行) - 行のサブメニューでは、行のプロパティを調整、選択した行の前に新しい行を挿入、選択した行の後ろに新しい行を挿入、選択した行を削除、テーブルから選択した行を切り取ってクリップボードに保存、選択した行をコピーしてクリップボードに保存、クリップボードに保存されている行を選択した行の前に貼り付け、またはクリップボードに保存されている行を選択した行の後ろに貼り付ける操作を行うことができます。

  • Column(列) - 列のサブメニューでは、選択した列の前に新しい列を挿入、選択した列の後ろに新しい列を挿入、または選択した列を削除する操作を行うことができます。

[Tools(ツール)]メニュー

リッチテキストコンテンツモジュールの[Tools(ツール)]メニューの内容は、次のとおりです。

Source code(ソースコード) - Source code(ソースコード)ツールを使用すると、リッチテキストモジュールのコンテンツのHTMLを直接編集できます。これにより、モジュールのコンテンツの背後にあるコードを完全に制御できます。

Spellcheck(スペルチェック) - Spellcheck(スペルチェック)ツールを使用すると、次の言語についてリッチテキストモジュール内のすべてのテキストのスペルをチェックできます: オランダ語、英語(オーストラリア、カナダ、イギリス、ニュージーランド、アメリカ、および南アフリカ)、エスペラント語、フランス語、ガリシア語、アイスランド語、イタリア語、クメール語、マラヤーラム語、ポーランド語、ポルトガル語(ポルトガルおよびブラジル)、ルーマニア語、ロシア語、スロバキア語、スロベニア語、スペイン語、スウェーデン語、タガログ語、またはウクライナ語。

HubSpot Help article screenshot

フォーム

フォームコンテンツモジュールは、HubSpotコンテンツツールで使用される2番目に一般的なモジュールです。これは、ウェブサイトへの訪問者からコンタクト情報をキャプチャするために使用します。このモジュールは、ランディングページ、サイトページ、およびブログページで作成したコンテンツおよびテンプレートに追加できるモジュールとして利用可能です。

フォームコンテンツモジュールを使用すると、以下の操作を行うことができます。

  • ページでフォームにタイトルを付ける。
  • どのページにどのHubSpotフォームを表示するかを選択する。
  • フォームを送信するユーザーを別のページにリダイレクトするか、同じページでサンキューメッセージを表示するかを選択する。
  • HubSpot設定からデフォルトのフォーム送信通知オプションをオーバーライドし、訪問者がフォームを送信したときに特定のEメールアドレスに通知メールを送信する。
  • フォームを送信した訪問者にフォローアップメールを送信する。
  • フォームを送信した訪問者をSalesforceキャンペーンに追加する(プロフェッショナル版またはエンタープライズ版のHubSpotのほか、Salesforceとのインテグレーションが必要です)。
HubSpot Help article screenshot

カスタムHTML

ページを編集するときにモジュールのコンテンツの背後にあるHMTLコードを完全に制御したい場合には、カスタムHTMLコンテンツモジュールを使用できます。

HubSpot Help article screenshot

Call-To-Action(CTA)

コンテンツにCTAを含めたい場合には、CTAをリッチテキストコンテンツモジュールに挿入するか、CTAモジュールを使用できます。リッチテキストコンテンツモジュールの書式に影響を与えずにCTAを編集したい場合は、CTAコンテンツモジュールを使用する必要があります。

HubSpot Help article screenshot

単行テキスト

テンプレート内に特定の書式とスタイルが設定されているテキストのセクションがあり、テキストの編集のみを許可したい場合は、単行テキストコンテンツモジュールを使用できます。

HubSpot Help article screenshot

ヘッダー

ヘッダーコンテンツモジュールを使用すると、テキストの行をより大きな見出しのフォントサイズで表示できます。

HubSpot Help article screenshot

セクションヘッダー

セクションヘッダーコンテンツモジュールを使用すると、テンプレート内のコンテンツのセクション全体を示す非常に大きな中央揃えのヘッダーを表示できます。

HubSpot Help article screenshot

画像

画像コンテンツモジュールを使用すると、テンプレート内の特定の場所に画像を表示できます。これは、テンプレート内で画像の書式とスタイルを特定の方法で設定しているときに、書式を変更せずに画像を編集したい場合に役に立ちます。

また、以下の項目を変更することもできます。

  • ユーザーが画像をクリックしたときにリダイレクトされるURL
  • 画像のaltテキスト
  • 画像の高さと幅
HubSpot Help article screenshot

画像スライダー

画像スライダーコマンドモジュールを使用すると、画像のスライドギャラリーをテンプレートに追加できます。

以下の項目をカスタマイズできます。

  • スライダーが自動送りするかどうか、する場合はどれくらいの速さで自動送りするか
  • スライダーがループするかどうか
  • スライダーにページ番号が表示されるかどうか
  • スライダーが最も高い画像のサイズを保持するか、各画像のサイズを調整するか
  • 各画像のキャプションを追加するかどうか
  • キャプションが画像の下に表示されるか、画像の上に重ね合わされるか
HubSpot Help article screenshot

ロゴ

ロゴコンテンツモジュールを使用して、コンテンツで使用される会社のロゴを変更できます。

また、以下の項目を変更することもできます。

  • ユーザーがロゴをクリックしたときにリダイレクトされるURL
  • ロゴのaltテキスト
  • ロゴの高さと幅
HubSpot Help article screenshot

ページフッター

ページフッターコンテンツモジュールでは、現在のカレンダー年の横に著作権記号が表示され、コンテンツ設定で設定された会社名が表示されます。

ソーシャルシェアリング

ソーシャルシェアリングコンテンツモジュールを使用すると、訪問者がソーシャルメディアチャネルとEメール間でコンテンツを簡単に共有できるようになります。

HubSpot Help article screenshot

Follow Me

Follow Meコンテンツモジュールを使用すると、訪問者がソーシャルメディアであなたの会社と連絡をとりやすくなります。

HubSpot Help article screenshot

投稿リスト

投稿リストコンテンツモジュールを使用すると、HubSpotブログから最近のブログ記事または最も人気のあるブログ記事のリストを表示できます。

HubSpot Help article screenshot

投稿フィルター

投稿フィルターコンテンツモジュールを使用すると、特定のトピック、月、または著者のブログ記事のリストを表示できます。

HubSpot Help article screenshot

ブログのEメール購読

ブログのEメール購読モジュールを使用すると、訪問者がフォームに入力することによってブログのダイジェストメールを購読できるようになります。

HubSpot Help article screenshot

Google検索

Google検索コンテンツモジュールを使用すると、コンテンツにGoogleサイト内検索を追加できます。

HubSpot Help article screenshot

水平方向スペーサー

水平方向スペーサーコンテンツモジュールをテンプレートに追加すると、コンテンツモジュールのレイアウトをカスタマイズするための空白スペースを追加できます。

HubSpot Help article screenshot

RSSリスト

RSSリストモジュールをページに追加すると、HubSpotでホストしているブログだけでなく、外部のホストブログからも最近のブログ投稿を表示できます。

HubSpot Help article screenshot

前の記事

Measuring Your Performance Project

次の記事