HubSpotのワークフローレシピを使用して時間を節約する方法

更新日時 July 6, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Pro & Enterprise
効果的なマーケティングオートメーションの設定には時間がかかり、熟慮を重ねた計画が必要です。初めてのワークフローの設定に自信がない場合でも、または時間を節約する方法を探しているだけの場合でも、ワークフローレシピを使ったHubSpotのデザイン済みワークフローのいくつかをぜひご覧ください。これらのレシピには、リスト、Eメール、オートメーションが事前設定されたワークフローが含まれているため、自分でワークフローを設定する面倒がありません。ワークフローを初めて使用するユーザーの助けになるように設計されているだけでなく、ベテランのワークフローマスターにも時間の節約になるテンプレートを提供します。レシピをインストールしたら、あとはアセットをカスタマイズし、ワークフローをアクティベートするだけです。

ワークフローに移動する

HubSpotダッシュボードから、[Contacts(コンタクト)] > [Workflows(ワークフロー)]の順に移動します。

[Browse Recipes(レシピを参照)]を選択する

Workflow(ワークフロー)ダッシュボードの左側に[Browse Recipes(レシピを参照)]リンクが表示されます。

レシピを選択する

この画面では、以下の6種類のレシピを選択できます。

購読者のナーチャリング

このレシピは、購読者からリードへのコンバージョン用に設計されています。購読者のライフサイクルステージにいるすべてのコンタクトを収集し、リードに転換するために自動化したEメールを送信します。

リードナーチャリング

このレシピは、リードからマーケティング上の有望なリード(MQL)へのコンバージョンのために設計されています。購買に結びつかないコンタクトを選別し、購入する可能性が高いコンタクトとの関係を強化するマーケティングオファーをリードに提供します。

セールスへの通知

このレシピは、「鉄は熱いうちに打つ」ことができるように、新しくコンバージョンされたマーケティング上の有望なリード(MQL)をセールスチームに通知する設計になっています。

顧客ナーチャリング

このレシピは、新規顧客をコミュニティメンバーへと、より深い関係へ転換させるために設計されています。

エバンジェリストナーチャリング

このレシピは、コンテンツをソーシャル共有サイトで共有する活動的なエバンジェリストを奨励するように設計されています。

データクリーンアップ

このレシピは、「会社名」プロパティの非標準フォームフィールドをクリーンアップして、標準の値を設定するように設計されています。このワークフローをテンプレートとして使用すると、コンタクトのプロパティを標準値に変更できます。

このレシピを追加

各レシピは、コンタクトをファネルの最終的な段階まで育成したり、プロモータとの関わりを維持したり、データのクリーンアップを支援したりするように設計されています。[Add this recipe(このレシピを追加)]をクリックすると、各レシピをポータルに素早く追加できます

レシピに含まれるすべてのアセットを作成するには、しばらく時間がかかることがあります。

レシピアセットのコンテンツをカスタマイズする

レシピの実行が完了したら、[View Workflow(ワークフローを表示)]をクリックします。

ワークフローの概要が表示され、その画面で各種ステップ、アクション、アセットをカスタマイズできます。 たとえば、ワークフローの一部として含まれるEメールを編集できます。ストックEメールを編集するには、Eメールの名前をクリックします(Eメールの詳細画面で[Edit(編集)]をクリックしてEメールをカスタマイズします)。

ステップをカスタマイズする必要がある場合、たとえば、セールスへの通知ワークフローを変更して、営業担当者またはチームに社内通知を送信するためのEメールアドレスを変更する必要がある場合は、右側にある鉛筆をクリックしてそのステップを編集します。

ワークフローを公開する

ワークフローを追加したら、あとはそのワークフローを確認してその意図を把握し、エバンジェリストナーチャリング自動化Eメールなど、そのアセットをカスタマイズするだけです。準備ができたら、スイッチをオンに切り替えてワークフローをアクティブ化します。

前の記事

次の記事