Become a HubSpot power user — join us for HubSpot Training Day 2017.

ワークフローの目的に取り組むための目標を設定する方法

更新日時 July 6, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Pro & Enterprise

優れたマーケティングオートメーションは、目標をしっかりと認識していることから始まります。ワークフロー用のアセットの作成やステップの追加を開始する前に、ワークフローの目標を決定する必要があります。マーケティングオートメーションツールの柔軟性により、時には最終目標を見失いがちになることがあります。ワークフローの目標を設定するときには、次のような点を考える必要があります。

  • このワークフローから、コンタクトにどのようなアクションをとってもらいたいのか。
  • このワークフローから、コンタクトについてどのような新しい情報を入手したいのか。
  • 一連のマーケティングイベントの成否を評価するときに自社で使用する主要業績評価指標は何か。
  • このワークフローの成功をどのように測定するのか。

ワークフローの目標を設定することにより、ワークフロー内のコンタクトがこの目標基準を満たすと、そのコンタクトはワークフローから登録解除されます。

目標を設定することは、ワークフローに必要なアセットを作成したり、ワークフローのタイプを選択したり、適切なアクションを設定したりするだけでなく、ワークフローの成功を追跡する上でも助けになります。

ワークフローに移動する

HubSpotダッシュボードから、[Contacts(コンタクト)] > [Workflows(ワークフロー)]の順に移動します。

HubSpot Help article screenshot

新規ワークフローを作成する

既存のワークフローを選択するか、新しいワークフローを作成します。

ワークフローに名前を付け、ワークフローのタイプを選択し、開始条件を選択する

このセクションでは、ワークフローのタイプと開始条件について説明します。

ワークフローの目標を設定する

ワークフローと目標リストを作成した後、ワークフローの右上にある[Set a goal(目標を設定)]をクリックすると、目標の基準を設定するためのポップアップが表示されます。

この例の場合、ライフサイクルステージがマーケティング上の有望なリード(MQL)であるコンタクトを見つけ、コンタクトがこの基準を満たしたらワークフローから登録解除するように目標を設定します。このためには、[Contact Property(コンタクトプロパティ)] > [Lifecycle Stage(ライフサイクルステージ)] > [is any of(次の条件のいずれかに該当する)] > [Marketing Qualified Lead(マーケティング上の有望なリード)]の順に選択します。選択後、設定した内容を確認して、[Set goal(目標を設定)]をクリックします。

HubSpot Help article screenshot

既存の目標を編集する

ワークフローで目標をすでに設定したけれども、基準に不足があって編集する必要がある場合は、[View/edit goal(目標を表示/編集)]を選択すると、基準を編集できます。

HubSpot Help article screenshot

この画面から[and...(と...)]ボタンまたは[or...(または...)]ボタンを選択して、既存の基準にさらに基準を追加することができます。

HubSpot Help article screenshot

目標に対してすでに設定した基準を削除する必要がある場合は、その基準内の鉛筆アイコンをクリックしてから、[Delete filter(フィルターを削除)]を選択します。

HubSpot Help article screenshot

目標の検証

ワークフローの最終目標は、ワークフロー内で実行する必要があるアクションを決定する上でも重要です。たとえば、目標を明確に定義したら、医療関連ウェビナーに関する情報、および登録フォームがあるページに誘導するCall-To-Action(CTA)をEメールでコンタクトに送信するとします。1週間後、この情報を載せたフォローアップEメールを再び送信して、早期登録を促します。さらに1週間後、最後のフォローアップEメールで詳細を送信し、サインアップの期限が迫っていることを伝えます。

リーチが効果的な場合は、ワークフローの[Actions(アクション)]画面にある[met goal(件が目標達成)]の指標が上がり始め、コンバージョン率も上昇します。これは、ワークフローが健全で成功していることを示しています。

コンタクトは、目標の基準に達するとワークフローから削除されます。そのコンタクトがすでに目標の基準に達してワークフローから削除されたことを伝えるアラートが、ワークフローの履歴に表示されます。

前の記事

次の記事