HubSpotのワークフロー設定方法

更新日時 7月 30, 2018

対象製品

Marketing Hub
marketing-pro-enterprise
Professional, Enterprise
Sales Hub
sales-pro-enterprise
Professional, Enterprise

リードナーチャリング(有望な見込み客への育成)とは、有望見込み客(リード)をあなたの会社に惹き付け、有望見込み客固有のニーズを理解していることを示すためのプロセスです。コンタクトはまだバイヤージャーニーの意思決定ステージではなく認識や検討のステージにいて、無料のダウンロードコンテンツやホワイトペーパーなどの教育コンテンツを探している段階かもしれません。コンタクトがバイヤージャーニーのどのステージにいるのかを把握することで、個別のニーズへの関連性のあるより適切なコンテンツを提供し、ファネルの下層へ導くことができます。HubSpotのワークフローツールを使用することで、リードナーチャリングプロセスを自動化し、拡張することができます。

HubSpot Academy

ベストプラクティス

特にリードナーチャリングを目的としたワークフローの設定をサポートするために、HubSpotアカデミーチームが作成したプロジェクトを用意しています。このプロジェクトでは、以下の設定を行います。

  • 有望見込み客を自動的にフォローアップする
  • コンタクトを育成してバイヤージャーニーの先のステップに導く
  • 有望見込み客を顧客化する

プロジェクトを使用するにはこちらをクリック

続きを読む

HubSpotのワークフローは、すべてのコンタクトに一般的な同一のオファーでアプローチすることを意図したものではなく、マーケティング担当者をナーチャリングプロセスから完全に切り離すことを意図したものでもありません。ワークフローは、マーケティングインタラクションの自動化と拡大を推進し、コンタクトについてより深く理解し、個別のニーズや質問に対して最適な情報を提供できるようにすることを目的としています。コンタクトについてより深く知ることで、コンタクトを適切にセグメント化し、より適したコンテンツを提供してコンタクトを引きつけることができます。以下のリードナーチャリングのワークフロー例の設定を始める前に、リード ナーチャリング キャンペーンの計画・実行の際に留意すべきリードナーチャリングでの6つの禁止事項についてもう一度確認してください。

手順

ここでは、開始条件の選択、ワークフローの条件の設定、アクションと遅延の追加といった基本的なワークフローの設定方法についてご紹介します。

以下の例では、特定のフォームに入力したコンタクトにフォローアップEメールを送信するワークフローを設定する手順を用いて、各設定方法をご説明します。

Workflows(ワークフロー)を開く

  • Marketing ProfessionalまたはEnterpriseのアカウントで、[Contacts(コンタクト)] > [Workflows(ワークフロー)]の順に選択します。
  • Sales Professionalのアカウントで、[Sales Tools(セールスツール)] > [Workflows(ワークフロー)]の順に選択します。

新規ワークフローを作成する

ワークフローダッシュボードの右上にある[Create workflow(ワークフローを作成)]をクリックします。

注:アカウントにて作成できるワークフローは最大500件です。[Create workflow(ワークフローを作成)]ボタンがグレー表示されている場合は、未使用になっているいずれかのワークフローを削除することをご検討ください。 

ワークフローに名前を付け、ワークフローのタイプを選択する

この画面では、画面上部にてワークフローの名前を入力し、ワークフローのタイプを選択します。この例のワークフローは、コンタクトによるフォーム入力を基準とするため、[Start from scratch(新規作成)]を選択します。ワークフローのタイプの選択について詳しくは、こちらをご覧ください。

終わったら、右上の[Create workflow(ワークフローを作成)]をクリックします。

登録トリガーを設定する

次に、ワークフローへの登録を自動化するトリガーを設定します。[Set enrollment triggers(登録トリガーを設定)]をクリックし、コンタクトの登録に使用するトリガーのタイプを選択します。複数の開始条件から選択でき、それぞれについて詳しくは、こちらをご覧ください。この例では、フォームに入力したコンタクトを登録するように設定するため、[Form submission(フォーム送信)]を選択します。 

使用するトリガーのタイプを選択後、特定のフォームやミーティングリンクの送信など、このトリガーを絞りこむオプションが表示されます。この例では、このワークフローに登録するコンタクトを振り分けるために使用するフォームを選択します。トリガーの絞り込みが終わったら、[Done(完了)]をクリックし、[Save(保存)]をクリックします。

登録オプションが表示されるので、次の設定について確認します。

  1. 設定したトリガー - 設定したトリガーが表示されます。鉛筆のアイコンをクリックして編集できます。
  2. [AND/OR] - これらのボタンを使って、ワークフローのトリガーを構築する際のAND/OR条件を設定できます。[AND]をクリックすると、既に設定しているトリガーに加えてコンタクトが満たす必要がある別のトリガーを設定できます。[OR]をクリックすると、コンタクトがいずれかのトリガーを満たす場合に登録するようにトリガーを設定できます。
  3. [Reenrollment(再登録)] - コンタクトがこのワークフローに複数回登録できるように設定するには、[Change re-enrollment options(再登録オプションを変更)]をクリックします。 
  4. [Enroll existing contacts(既存のコンタクトを登録)] - [Enroll contacts who already meet these criteria(既に条件を満たしているコンタクトを登録)]チェックボックスをオンにすると、設定した条件を既に満たしているデータベース内のコンタクトを登録します。 

登録オプションの設定が終わったら、[Save(保存)]をクリックします。

5. ワークフローにアクションを追加する

次に、ワークフローにステップを追加します。アクションを追加するには、「+」アイコンをクリックします。

次に、ワークフローに追加するアクションを選択します。使用できる各アクションについて詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

この例では、コンタクトがフォームに入力した後にフォローアップのEメールを送信するように設定するため、[Send email(Eメールを送信)]を選択します(ワークフローで使用するEメールの作成については、こちらをご覧ください)。アクションのタイプを選択したら、選択したアクションの詳細を設定し、[Save(保存)]をクリックしてワークフローにアクションを追加します。 

6. ワークフローの設定

ワークフローの上部分にある[Settings(設定)]をクリックします。ここには、アクションを実行する曜日やワークフローから除外したいコンタクトの指定など、ワークフローの動作を変更できるさまざまな設定があります。ワークフローの設定について詳しくは、こちらをご覧ください。

 

設定が完了したら、下部にある[Save settings(設定を保存)]をクリックします。

7. ワークフローをテストする

ワークフローを有効にする前に、テストを行って、登録したコンタクトに対してどのようにアクションが実行されるか確認することをお勧めします。テストを行うには、右上の[Test(テスト)]をクリックします。ワークフローのテストについて詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

8. ワークフローを有効にする

ワークフローの設定が問題ないことを確認したら、ワークフローを有効にしてオートメーションを開始します。ワークフローを有効にするには、右上の切り替えスイッチをオンにします。

ワークフローをオンにすると、ワークフローの設定の概要が表示されます。各設定の横にある[Edit(編集)]をクリックすると設定を変更できます。設定の確認が終わりコンタクトの登録を開始するには、[Turn workflow on(ワークフローを有効にする)]をクリックします。

この例での設定は実際のニーズに合わせて変更してください。本ユーザーガイドの後のセクションにて、リードナーチャリングの取り組みによる効果の分析について詳しくご紹介します。ナーチャリングの対象となるコンタクト数やワークフローの目標などは各ビジネスによって異なりますのでご留意ください。

また、コンタクトとのやり取りに基づいて条件に応じてアクションを実行する分岐ロジックを取り入れて、さらに高度なワークフローを設定することもできます。ワークフローでの分岐ロジックの使用方法については、こちらをご覧ください。

前の記事

Learn about HubSpot's Worksflow Tools - Click Here

次の記事