Become a HubSpot power user — join us for HubSpot Training Day 2017.

ワークフローのテスト方法

更新日時 July 6, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Pro & Enterprise

ワークフローを有効する前に、ワークフローをテストして、実際に起こる順番でイベントを確認できます。ワークフローをテストすると、ワークフローでテストコンタクトが実際に送信されます。このプロセスを実行する場合に留意すべきいくつかのキーポイントは、次のとおりです。

  • ワークフローをテストするために使用するコンタクトはワークフローに登録され、ワークフローに保存されているすべてのアクションがそのコンタクトに対して実行されます。このため、内部コンタクトまたはテストコンタクトを使用することをお勧めします。
  • テストコンタクトは実際にワークフローに登録されるため、そのコンタクトがワークフローの設定でワークフローに登録できるのが1回だけであると指定されている場合に、コンタクトが実際にワークフローに適格になると、同じコンタクトが再びワークフローの対象になることはありません。繰り返しになりますが、内部コンタクトまたはテストコンタクトを使用することをお勧めします。
  • ワークフロー内のすべてのメールが送信され、すべてのアクションが適切に実行されますが、遅延については、指定していても適用されません
  • テストコンタクトはワークフロー指標に表示されます。具体的には、テストコンタクトの数は、開始されたコンタクトの総合計と完了したコンタクトの総合計に算入されます。

ワークフローでコンタクトを送信するためにワークフローを有効にする必要はないことに注意してください。

Workflows(ワークフロー)に移動

HubSpotダッシュボードから、[Contacts(コンタクト)] > [Workflows(ワークフロー)]の順に移動します。

ワークフローを選択して編集し、有効にします。

ワークフローダッシュボードから、テストしたいワークフローを検索し、ワークフローの横にあるギアをクリックし[Edit(編集)]を選択します。

テストを選択

ワークフローの右上で、[Test(テスト)]をクリックします。

テストコンタクトを登録

ドロップダウンメニューからテストコンタクトを検索および選択し、[Enroll Contact(コンタクトを登録)]ボタンをクリックします。

注:これにより、ワークフロー内のすべてのアクションがテストコンタクトに対して実行されます。このため、テストコンタクトを使用することが不可欠です。

クリックして登録すると、次の成功メッセージが表示されます。

ワークフローの履歴を表示し、登録の詳細を確認してください。テストコンタクトはいずれも、ワークフローの履歴でグレー表示されます。

これで、ワークフローのテストが完了しました。必要があれば、時間を取ってワークフローアクションに変更を加えてください。その後、適切な開始条件を選択し、ワークフローを有効にしてください。

前の記事

次の記事