ワークフローでの分岐ロジックの使用方法

更新日時 7月 30, 2018

対象製品

Marketing Hub: Pro, Enterprise
Sales Hub: Professional

効果的な自動化を実現する上でまず必要なことは、目標を決め、目標達成の過程の各ステップを最適化することです。ワークフローにて分岐ロジックを使用すると、「小目標」を設定してマーケティングオートメーションやセールスオートメーションの戦略の各ステップを最大限に最適化し、よりコンタクトに特化したリードナーチャリングを行うことができます。

分岐ロジックを使用すると、ワークフロー内のアクションに基づいてコンタクトが異なる処理に進むように設定できます。たとえばEメールを送信する場合、コンタクトがEメール内のリンクをクリックしたかどうかによって異なるコンテンツを受け取るようにすることができます。

分岐ロジックは目標をベースとするワークフローツールのフレームワークに効果的に取り入れることができます。各ワークフローでは、有望見込み客(リード)をMQLに発展させるなど高いレベルの目標を設定できますが、分岐ロジックを使用すると目標設定をさらに最適化することができます。ワークフロー内で分岐ロジックを使用することで、ワークフロー内のコンタクトが特定の高付加価値アクションを実行したかどうかや、特定のイベントを完了したかどうかを確認でき、分岐ロジックが全体的な目標と調和する小規模な目標のような役割を果たします。そのため、最終的な目標から逸れることなくさらにファネルの下層へと導くことができます。

HubSpotは統合性に優れており、ワークフローツールはあらゆるデジタル マーケティング チャネルのさまざまな条件やトリガーに基づいて分岐することができます。そのため、インバウンド手法でのマーケティングオートメーションやセールスオートメーションに必要性の高いコンテキストを提供することができます。

それでは、分岐ロジックの実際の機能についてご紹介します。

Workflows(ワークフロー)を開く

  • Marketing ProfessionalまたはEnterpriseのアカウントで、[Contacts(コンタクト)] > [Workflows(ワークフロー)]の順に選択します。
  • Sales Professionalのアカウントで、[Sales Tools(セールスツール)] > [Workflows(ワークフロー)]の順に選択します。

新規ワークフローを作成または既存のワークフローを選択する

ワークフローダッシュボードの右上にある[Create workflow(ワークフローを作成)]をクリックするか、既存のワークフロー名をクリックします。

ワークフロー名を設定し、ワークフローのタイプを選択する

この画面では、画面上部にてワークフローの名前を入力し、ワークフローのタイプを選択します。この例では、[Start from scratch(新規作成)]を選択します。終わったら、右上の[Create workflow(ワークフローを作成)]をクリックします。

ワークフローの最初のステップを設定する

ワークフローの作成を始めます。必要に応じて、登録トリガー目標を設定します。また、アクションや遅延が必要な場合は、分岐ロジックを設定する前に設定してください。

注:たとえば、前のアクションで送信したEメールをコンタクトが開くなど、分岐条件がワークフロー内の以前のアクションに関する動作に基づく場合、分岐ロジックによる判断の前にコンタクトがその動作を行う時間を確保できるように、分岐の前に遅延を追加することが重要です。 

If/Then分岐の追加

開始条件と目標リストの設定が終わったら、分岐ロジックを使用する位置を指定します。

分岐を開始したい位置のステップにある「+」アイコンをクリックし、表示されるサイドバーメニューから[Add if/then branch(If/Then分岐を追加)]を選択します。

ワークフロー開始時の登録条件の設定と同様に、If/Then分岐の条件を設定します。

この例では、[HubSpot Owner(担当者)]のプロパティーに値が設定されているコンタクトを条件として設定しています。

「Yes」の場合と「No」の場合

次に、[Yes]または[No]の分岐の下にある「+」アイコンをクリックして、各分岐でのアクションを追加します。

下記例では、このワークフローに登録されたコンタクトの[Last email click date(最終Eメールクリック日)]に値が設定されている場合、そのコンタクトの[Lifecycle stage(ライフサイクルステージ)]プロパティーを[Marketing Qualified Lead(MQL)]に設定します。[Last email click date(最終Eメールクリック日)]に値が設定されていない場合は、そのコンタクトの[Lifecycle stage(ライフサイクルステージ)]プロパティーを[Lead(リード)]に設定します。

ワークフローを有効にする

ワークフローの分岐ロジックの設定が終わったら、右上の切り替えスイッチをオンにしてワークフローを有効にします。

前の記事

次の記事