Become a HubSpot power user — join us for HubSpot Training Day 2017.

ワークフローで分岐ロジックを使用する方法

更新日時 July 6, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Pro & Enterprise

優れたマーケティングオートメーションは、目標をしっかりと認識していることから始まります。優れたマーケティングオートメーションでは、オートメーションの過程でそれぞれのマイルストーンが最適化されます。ワークフローで分岐ロジックを使用することで、コンタクトに対する特別なナーチャリング体験をさらに深め、マーケティングオートメーション戦略の各ステップを最大限に最適化するための「小目標」を定めます。

分岐ロジックとは、コンタクトがワークフロー内のアクションに基づいて1つのパスだけでなく別のパスを辿れるようにすることを意味します。たとえば、誰かにEメールを送信する場合、そのコンタクトがAとBのどちらのオプションをクリックするかに応じて受け取るコンテンツが異なるようにすることができます。

分岐ロジックは、HubSpotのワークフローの目標ベースのフレームワークと見事に調和しています。各ワークフローには、リードをMQL(Marketing qualified lead)に転換するなどのハイレベルの目標を設定することもできますが、分岐ロジックを使えばいっそうの最適化を実現できます。ワークフロー内で分岐ロジックを使用すると、そのワークフロー内のコンタクトが価値の高い特定のアクションを実行したかどうかや、特定のイベントを完了したかどうかを確認できます。分岐は、全体的な目標とも合致する「小目標」のような役割を果たす必要があります。このようにすることによって、本当に求めるものを忘れることなく、ファネルをさらに最適化できます。

このほか、ナーチャリングキャンペーンを作成する場合には、他のマーケティングと同じようにパーソナライズし、関連性の高いものにする必要があります。つまり、コンタクトがキャンペーンのコンテンツに対してどのように反応するかを予測および検討し、分岐条件を使用してコンタクトのとり得るアクションを最適化する必要があります。HubSpotが備えるインテグレーション性という性質のため、Workflows(ワークフロー)ツールではあらゆるデジタルマーケティングチャネルのさまざまな条件やトリガーに基づく分岐を作成できます。このため、本当に必要なコンテキストをインバウンドのマーケティングオートメーションに提供できます。

分岐ロジックが実際にどのように機能するのか見てみましょう。

Workflows(ワークフロー)に移動

HubSpotダッシュボードから、[Contacts(コンタクト)] > [Workflows(ワークフロー)]の順に移動します。

HubSpot Help article screenshot

新規ワークフローを作成

Workflows(ワークフロー)ダッシュボードから、[Create new workflow(新規ワークフローを作成)]をクリックするか、編集する現在のワークフローの名前をクリックします。

ワークフローに名前を付け、ワークフローのタイプを選択

ワークフローに名前を付けてから、使用するワークフローのタイプを選択します。この例では、ワークフロータイプ[Standard(標準)]を選択します。選択したら、[Create a new workflow(新規ワークフローを作成)]をクリックします。

ワークフローの最初のステップを実装

ワークフローの構築を始めます。目的の開始条件と目標リストが設定されていることを確認してください。また、必要があれば、分岐ロジックを追加する前に、アクションや遅延を追加することもできます。

If/then分岐を追加

開始条件と目標リストを設定したので、分岐ロジックを使用する場所の特定を始めます。

目的のステップの場所で[Add action or delay(アクションまたは遅延を追加)]を選択します。[Select an action(アクションを選択)]ドロップダウンメニューをクリックし、[If/then branch(If/then分岐)]を選択します。

以下のステップでは、アクションドロップダウンメニューからIf/then分岐が選択されています。条件は、ワークフローで開始条件を設定する場合と同じ方法で設定しました。

この例の条件は、ワークフロー内の前のステップから送信されたEメール内のリンクをクリックしたコンタクトを探すものです。 

If/then分岐の次のステップを設定するには、[IF NO]および[IF YES]ボタンをクリックし、そこから次のステップを選択します。

IF NO

以下の例は、IF NO分岐をクリックした後の状態を示したものです。この例では、ワークフローを終了する前に、フォローアップEメールが送信されることがわかります。

ワークフローのステップからは、最初のステップで「Hear From You email 1(返信待ちEメール1)」と呼ばれるEメールが送信され、1日の遅延後、If/then分岐でコンタクトがそのEメール内の特定のリンクをクリックしたかどうかをチェックしていることがわかります。クリックがなかった場合、ワークフローを終了する前に「Hear From You email 2(返信待ちEメール2)」と呼ばれる別のEメールが送信されます。

IF YES

同じワークフローで、コンタクトが「Hear From You email 1(返信待ちEメール1)」内のリンクをクリックした場合、If/then分岐のIF YES部分に進みます。[IF YES]をクリックすると、次のステップがワークフローの終了に先立ち、コンタクトのライフサイクルステージをMQL(Marketing qualified lead)に設定することだとわかります。

ワークフローをアクティベート

新しい分岐ロジックを使用してワークフローを設定したら必ず、ワークフローを[ON]に切り替えてください

前の記事

次の記事