ワークフローの設定前に準備すべきアセット

更新日時 7月 30, 2018

対象製品

Marketing Hub
marketing-pro-enterprise
Professional, Enterprise

効果的なマーケティングオートメーションを設定するための最初のステップは、明確な目標を定めることです。ワークフローの目標を決定したら、ワークフローの設定に必要なリソースを収集します。ここで必要なのは、実行したいワークフローのアクションに関連するリソースです。たとえば、ワークフローでEメールの送信、コンタクトプロパティーの値の追加、静的リストへのコンタクトの追加を実行する場合は、ワークフローを設定する前にEメールやプロパティー、リストを準備する必要があります。多くの項目はワークフロー内でも作成できますが、アセットの質に注力できるよう、ワークフローの処理と同時に作成するのではなく事前に準備する方が望ましいアセットもあります。

注:使用できるワークフローのアクションは、お客様のHubSpot製品のサブスクリプションによって異なります。ワークフローのアクションについて詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

ワークフローのアセットの例

ワークフローを設定する前に準備すべき主な項目を紹介します。

コンタクトプロパティーと値の設定(必要な場合)

ワークフローでカスタム コンタクト プロパティーの値をコンタクトに設定する場合、ワークフローを設定する前にこのコンタクトプロパティーを作成する必要があります。カスタム コンタクト プロパティーはワークフローの画面では作成できません。作成方法については、こちらの記事をご覧ください。

目標リストと除外リスト(該当する場合)

ワークフローを設定する前に目標リストと除外リスト(該当する場合)を準備することもできますが、事前に作成しなかった場合は、ワークフローで直接作成してすぐに選択することもできます。ワークフローの目標の設定については、こちらの記事をご覧ください。

リマインダーやフォローアップのアクションを記載した担当者への内部Eメール

内部のチームメンバーにリードのアクションを通知したり、そのチームメンバーが実行すべきフォローアップのアクションを通知するためのEメールです。このEメールを作成する際には、パーソナライゼーショントークンを使用してリードの情報を含めることができます。

コンタクトの名前とその担当者名によってパーソナライズした送信Eメール

パーソナライゼーションによって、ユーザー固有の情報に基づいてEメールをカスタマイズでき、Eメールの受信者は質問などの問い合わせ先を把握できます。過度なパーソナライゼーションは不快な印象を与えてしまう可能性があるため、パーソナライゼーションを行う場合は簡潔な内容になるように留意してください。

一連のフォローアップEメールを送信するようにワークフローを設定している場合は、そのすべてのEメールを作成し、適切に名前を付けておくことをお勧めします。Eメールを作成し忘れた場合やワークフローにて作成したい場合は、ワークフローにて簡単に作成することもできます。送信するEメール数を計画し、送信する最適なタイミングを見極めることが必要です。その際には、セールスサイクルの状況とそのリードが位置するペルソナのセグメントやファネルのステージに基づき送信すべき内容を考慮し、リードが購入を強要されているように感じたり、あなたからのEメールの受信を解除することがないように留意してください。リード ナーチャリング キャンペーンの自動化については、こちらの記事をご覧ください。

前の記事

Learn about HubSpot's Worksflow Tools - Click Here

次の記事