ワークフローに関するFAQ

更新日時 7月 30, 2018

対象製品

Marketing Hub Professional, Enterprise
Sales Hub Professional, Enterprise

ワークフローツールを使用する中で、ワークフローの使い方や設定などに関する疑問が生じることがあるかもしれません。ここでは、ワークフローの実行中に生じる可能性があるいくつかのご質問と対処方法をご紹介します。

 

ワークフローのステップでエラーが発生しているのですが、なぜですか?

ステップの中で選択し忘れている条件があると、警告が赤色で表示されます。以下の例は、Eメール送信のアクションにおいて実際に送信するEメールが選択されていないため、警告が表示されています。

ワークフローの履歴に通知やメッセージが表示されていますが、どういう意味ですか?

ワークフローの履歴を確認するには、有効なワークフローを選択(ワークフローのダッシュボードでワークフロー名をクリック)し、画面上部の[History(履歴)]をクリックします。

ワークフローにおけるコンタクトの特定のアクティビティーに関するメッセージについて、以下にご紹介します。

Delay has changed, rescheduling for correct delay(遅延が変更され、変更後の遅延に合わせてスケジュールを再設定)

元々コンタクトに予定されていた遅延が、さらに未来の日時に延長された場合、ワークフローは新たに設定された遅延に合わせて実行されます。変更前の元の遅延を実行する段階でワークフローは遅延が延長されたことを検知し、延長された新しい遅延が再設定されます。ワークフローの履歴には以下の通知が表示されます。

Executing according to original delay, though the delay has changed(遅延が変更されましたが、元の遅延設定にて実行)

元々コンタクトに予定されていた遅延が、元の設定より前倒しされて過去日付に変更された場合、実際には前倒しせずに、元のスケジュール通りに遅延が実行されます。こちらの記事でご紹介しているように、コンタクトにアクションの実行が予定されている場合、ワークフローは実行予定時間になるまで予定が変更されていることを検知しません。そのため、元の設定通りに遅延を実行するときになって初めて、遅延の設定が既に過ぎてしまった時刻へと変更されたことを検知しますが、その時には既に過去の時刻になっているため、変更後の設定時刻にて実行することはできません。変更後の遅延は、その遅延をまだ設定していないコンタクトには適用されますが、既に設定しているコンタクトには適用されません。ワークフローの履歴には以下の通知が表示されます。

Workflow disabled, not executing action(ワークフローが無効。アクションが実行されません)

特定のコンタクトに対してワークフローのアクションが予定されていて、そのアクションが実行される前にワークフローが無効になった場合、コンタクトに対してそのアクションは実行されず、ワークフローのロジックに従って、次のアクションまたは遅延が実行されます。コンタクトがまだワークフロー内にいる間にワークフローを再び有効にすると、ワークフローで指定されているその後のアクションが実行されます。

ワークフローを無効にすることは、ワークフローを中止するのではなく、ワークフロー内のコンタクトに予定されていたアクションが実行されなくなり、開始条件を満たす新規コンタクトがワークフローに登録されなくなることを意味します。ワークフローの履歴には以下の通知が表示されます。

Did not re-enroll contact. Not allowed per workflow setting(コンタクトを再登録しませんでした。ワークフローの設定で許可されていません)

ワークフローの設定で、コンタクトを一度だけワークフローに登録できるように設定している場合、このメッセージが表示され、コンタクトはワークフローに登録されません。そのコンタクトを登録する必要がある場合は、コンタクトを複数回登録できるようにワークフローの設定を変更し、もう一度コンタクトをワークフローに手動にて登録する必要があります。

Contact met branch criteria, continuing on the YES branch(コンタクトは分岐条件を満たすため、YES分岐で続行)

分岐ロジックを使用しているワークフローの場合、コンタクトがIf/Then分岐に到達すると、コンタクトがその分岐条件を満たすかどうかを確認します。コンタクトが分岐条件を満たす場合は、コンタクトがその時点で分岐条件を満たし、ワークフローのYES分岐へ進んだことを示す以下のメッセージが表示されます。

Contact did not meet branch criteria, continuing on the NO branch(コンタクトは分岐条件を満たさなかったため、NO分岐で続行)

分岐ロジックを使用しているワークフローの場合、コンタクトがIf/Then分岐に到達すると、コンタクトがその分岐条件を満たすかどうかを確認します。コンタクトが分岐条件を満たさない場合は、コンタクトがその時点で分岐条件を満たさず、ワークフローのNO分岐へ進んだことを示す以下のメッセージが表示されます。

ワークフローの履歴で通知やエラーを回避するにはどうすればいいですか?

ここまででご紹介しました通り、ワークフローを有効にした後に遅延やアクションを変更すると、既にそのワークフロー内にいるコンタクトに影響が発生します。そのため、ワークフローを有効にした後にタイミングやアクションを変更することがないよう、ワークフローを有効にする前に、しっかり計画しテストを行うことをお勧めします。

ワークフローのテストで意図した通りにコンタクトが登録されないのは、なぜですか?

ワークフローのテストにおいて、意図した通りにステップを実行できなかったりコンタクトを登録できない場合は、設定に問題がある可能性があります。ワークフローにて、[Settings(設定)]を開いて設定をご確認ください。

たとえば、[Execute actions on business days only(営業日のみアクションを実行)][Yes]に設定し、週末にテストを行った場合、コンタクトが登録されないという状況が発生します。

ワークフローのテストについて詳しくは、こちらをご覧ください。

その他のご質問

その他のご質問への回答を、以下のリンクからご覧いただけます。

既存のリードをワークフローに追加するにはどうすればよいですか?

新規コンタクトが有効なワークフローに登録されないようにするにはどうすればよいですか?

ワークフローの登録トリガーを満たさなくなったコンタクトは、ワークフローの登録が解除されますか?

単一のコンタクトをワークフローに登録するには?

スマートリストのコンタクトをワークフローに登録するには?

ワークフローに関連付けられているスマートリストを編集した場合、新規コンタクトは登録されますか?

初めてフォームが送信された場合のみ自動返信メールを送信することはできますか?

ワークフローの遅延は、前のステップとワークフローの開始時のどちらから計算されますか?

スマートリストに含まれている既存のコンタクトがワークフローに登録されないのはなぜですか?

ワークフローの概要において、コンタクトが特定のステップで目標リストに追加されたのはどういうことですか?

ワークフローにEメールを追加するには?

ワークフローを使用してコンタクトのプロパティーを変更するにはどうすればよいですか?

コンタクトがワークフローに登録されないのですが、なぜですか?

ワークフローのステップのタイミングを変更した場合、登録されているコンタクトにどのような影響がありますか?

ワークフローのコンバージョン率とは、どういうものですか?

ワークフローを無効にしてから再び有効にすると、ワークフローを実行中だったコンタクトはどうなりますか?

ワークフローに手動でリストを追加するには?

ワークフローの除外リストはどのような機能ですか?

ワークフローにステップを追加すると、ワークフローを実行中のコンタクトはどうなりますか?

目標リストを変更した場合、ワークフロー概要のコンバージョン率はどうなりますか?

ワークフローからコンタクトを削除するにはどうすればよいですか?

Eメールやワークフローツールで、ダブルオプトイン機能を設定するにはどうすればよいですか?

現在ワークフローに登録されているコンタクトを確認するにはどうすればよいですか?

前の記事

次の記事