よくある質問

更新日時 July 6, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Pro & Enterprise

HubSpotワークフローの新しい世界を探索する一方で、お使いのワークフローについての疑問点も出てくるかもしません。ワークフローを使用して、今以上にできることがあるのではないか?あるいは逆に、不要になる作業もあるのではないか? ここでは、ワークフロー導入の際に起こるそうしたいくつかの具体的な質問に対する回答を提供していきます。

以下に、ワークフローのステップや履歴の中で表示される、よくあるエラーや警告メッセージを見ていきます。

ワークフローのステップでエラーが発生するのですが、なぜですか?

ステップに必要なすべての条件が選択されていないと、赤いアラート画面のポップアップが表示されます。以下に示す例は、Eメール送信のアクションですが、ステップを保存する前に実際に送信するEメールが選択されていません。 

ワークフローの履歴に表示されるアラートやメッセージの意味は?

ワークフローの履歴を確認するには、Workflows(ワークフロー)のDashboard(ダッシュボード)でアクティブなワークフロー名をクリックしてそこへ移動し、左側のメニューで [History(履歴)] をクリックします。

以下では、ワークフロー内を進むにつれて特定のコンタクトのアクティビティについて表示されるメッセージが示されています。

遅延が変更されました。スケジュールを正しい遅延に合わせて再設定します

コンタクトに遅延が予定されており、その遅延がさらに先延ばしに変更された場合、ワークフローは新しい遅延スケジュールに合わせて実行されます。元の遅延が実行される際にワークフローはその遅延が延長されたことを検知し、新しい遅延に合わせてコンタクトのスケジュールを変更します。ワークフロー履歴は、次のアラートを表示します。

遅延スケジュールが変更されていますが、最初の遅延スケジュールに合わせて実行します

コンタクトに予定されていた遅延が、元の日付よりも前倒しに変更された場合、アクションは 元の遅延スケジュールどおりに実行され、早まることはありません。この 記事で学習したとおり、コンタクトにアクションがスケジュールされている場合、ワークフローはそのアクションを実行するときまでアクションに対する変更を検知しません。。そのため、ワークフローは最初に予定されていた遅延を実行する際に初めて、遅延が前倒しに変更されていることを検知しますが、その時点で過去となっているため新しいスケジュールどおりに実行することはできないのです。遅延の変更は、元の遅延がスケジュールされていなかったコンタクトに対しては適用されますが、元の遅延がすでにスケジュールされていたコンタクトに対しては適用されません。ワークフローのHistory(履歴)は、次のアラートを表示します。

ワークフローが無効化されています。アクションを実行しません

特定のコンタクトに対してワークフローのアクションがスケジュールされており、そのアクション実行前にワークフローが無効化された場合、コンタクトにそのアクションは実行されません。ワークフローのロジックに従って、次のアクションまたは遅延が実行されます。ワークフローを再度有効にすると、コンタクトがまだワークフロー内に存在する場合は指定されている次のアクションが実行されます。ワークフローを無効化しても、ワークフロー自体を「停止」したことにはなりませんが、ワークフロー内のすべてのコンタクトにスケジュールされたアクションの実行が中止され、開始条件を満たす新しいコンタクトもワークフローに登録できなくなります。ワークフローのHistory(履歴)は、次のアラートを表示します。

コンタクトを再登録しませんでした。ワークフロー設定により許可されていません

ワークフローの設定で、コンタクトをワークフローに一度以上登録できないようになっている場合に、このメッセージが表示されます。この場合はコンタクトはワークフローに登録されません。特定のコンタクトを登録したい場合は、ひとつのコンタクトに複数の登録を許可するよう、ワークフローの設定を変更する必要があります。その後、ワークフローに戻って手動でコンタクトを追加してください。

コンタクトが分岐条件を満たしました。YES分岐で続行します。

ワークフローで分岐ロジックを使用している場合、コンタクトがif/then分岐に到達すると、分岐条件に照らし合わせてチェックされ、条件を満たすかどうかが決定されます。もし条件を満たしている場合は、そのコンタクトが現時点で分岐条件を満たしており、ワークフローのYES分岐へ進むことが次のようなメッセージとして表示されます

コンタクトが分岐条件を満たしていません。NO分岐で続行します。

ワークフローで分岐ロジックを使用している場合、コンタクトがif/then分岐に到達すると、分岐条件に照らし合わせてチェックされ、条件を満たすかどうかが決定されます。もし条件を満たしていない場合は、そのコンタクトが現時点で分岐条件を満たしておらず、ワークフローのNO分岐へ進むことが次のようなメッセージとして表示されます

ワークフロー履歴内でアラートやエラーを回避する方法は?

これまで見てきたように、いったんワークフローがアクティブになってから遅延やアクションを変更すると、ワークフロー内のコンタクトに影響が発生します。このため、ワークフローを有効化したらタイミングやアクションを変更するなどの手を加えなくて済むよう、有効化する前にきちんと計画を練り、テストをしておく ことをお勧めします。

ワークフローをテストしているところですが、コンタクトを思うように登録できません。なぜですか?

ワークフローをテスト中にステップを実行できない、またはコンタクトが登録できない場合は、設定に問題のある可能性があります。ワークフロー内で左側にある設定に移動し、設定内容を確認してみてください。

たとえば、ワークフローの設定で平日にのみアクションを実行Yes(はい)に設定されており、テストを週末に実行しようとしている場合、こうした問題にぶつかることがあります。

ワークフローのテスト機能についてさらに詳しくは、こちらを参照してください。

ワークフローについて、さらに質問があるのですが、、、

もちろん構いません。どんなことでもお尋ねください。以下のリンクをご覧ください。

既存のリードをワークフローに追加する方法は?

自分のアクティブなワークフローに、新しいコンタクトが登録できないようにするには?

コンタクトがワークフローの開始リストから除外された場合、そのコンタクトの登録は解除されますか?

単一のコンタクトをワークフローに登録するには?

スマートリストのコンタクトをワークフローに登録するには?

ワークフローに関連付けられたスマートリストを編集した場合、ワークフローに新しいコンタクトが登録されますか?

初回にフォームが送信された場合にのみ、自動応答のEメールを送信することはできますか?

ワークフローの遅延は、前回のステップと開始時のどちらからカウントしますか?

スマートリストに含まれている既存のコンタクトがワークフローに登録されていないのはなぜですか?

ワークフローの概要で、特定のステップにおいてコンタクトが目標リストに参加するというのはどのような意味を持ちますか?

Eメールをワークフローに追加するには?

ワークフローを使用して、コンタクトのプロパティを変更することはできますか?

ワークフローにコンタクトが登録されていないのはなぜですか?

ワークフローのステップのタイミングを変更した場合、登録されているコンタクトはどうなりますか?

ワークフローのコンバージョン率とは、どういう意味でしょうか?

ワークフローを無効化してから再度有効化すると、ステップの途中にいるコンタクトはどうなりますか?

ワークフローに手動でリストを追加するには?

ワークフローで、禁止リストはどのように動作しますか?

ワークフローにステップを追加すると、アクティブなコンタクトはどうなりますか?

目標リストを変更した場合、ワークフロー概要のコンバージョン率はどうなりますか?

ワークフローからコンタクトを削除するにはどうすればよいですか?

Eメールとワークフローツールを使用して、ダブルオプトイン機能を設定する方法は?

現在ワークフローに登録されているメンバーを見るにはどうしたらよいですか?

前の記事

次の記事