メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Workflows

ワークフローを使用してAirtableにデータを追加する

更新日時 2021年 7月 22日

対象製品

Marketing Hub Professional, Enterprise
Sales Hub Professional, Enterprise
Service Hub Professional, Enterprise
Operations Hub Professional

「Airtableへのデータの追加」ワークフローアクションを使用して、HubSpotからAirtableへのデータの送信を自動化できます。このワークフローアクションを使用することで、新規または既存のAirtableデータベース内に新しい行を作成できます。 

ワークフローを使用してAirtableにデータを追加するには、その前に、AirtableをHubSpotアカウントに接続する必要があります。ワークフロー内でアプリを接続する方法の詳細をご確認ください。

Airtableアプリをアカウントに接続する際は、Airtable APIキーを入力する必要があります。AirtableのドキュメントでAPIキーを確認する方法をご確認ください。

ワークフローを使用してAirtableにデータを追加するには:

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [ワークフロー]の順に進みます。
  • 既存のワークフローを編集する場合は、ワークフローの上にカーソルを重ねて[編集]をクリックします。または新しいワークフローを作成します。
  • ワークフローエディターで+プラスアイコンをクリックして、ワークフローアクションを追加します。

    add-an-action
  • 右側のパネルで、[Airtable行を作成]アクションを選択します。

    create-airtable-row-action
  • Airtable行の詳細を入力します。
    • ベース:ドロップダウンメニューをクリックし、データの追加先とするAirtableベースを選択します。 
    • テーブル:行を追加するテーブルを選択します。
    • ヘッダー:行ヘッダーを選択します。
    • プロパティー:情報の取得元とするHubSpotプロパティーを選択します。
  • 複数の行を追加するには、複数のヘッダープロパティーの値を選択します。
  • このアクションをワークフローに追加するには、[保存]をクリックします。