お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Workflows

コンタクト、会社、取引、チケット、または見積もりがワークフローに登録されない

更新日時 2021年 1月 20日

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise
Sales Hub  Professional

登録されるべきコンタクト、会社、取引、チケット、または見積もりがワークフローに登録されない場合は、以下の理由が該当するかどうかを確認してください。

注:想定外のレコードがワークフローに登録される場合は、想定外のワークフロー登録に関する記事をご確認ください。

ワークフローがオンになっていない

レコードはオンになっているワークフローにしか登録できません。オンになっているワークフローでは、右上の[ワークフローは有効です]スイッチがオンになっています。そうでない場合は、[確認]をクリックしてから、[有効にする]をクリックします。

レコードがワークフローの登録トリガー条件を満たしていない

ワークフローに自動登録トリガーが設定されている場合は、レコードがそれらの条件を満たしていることを確認します。登録トリガーで使用されているANDまたはORロジックに注意してください。

コンタクトベースのワークフローの場合は、ワークフローの登録トリガーに対してコンタクトをテストして、コンタクトが登録トリガー条件を満たしているかどうかを確認できます。

レコードはワークフローがオンになった時点でワークフローの登録トリガーを満たしていたが、既存のコンタクトが登録済みに設定されなかった

既定では、ワークフローは、ワークフローがオンになった時点で登録トリガーを満たしている既存のレコードを登録するようには設定されていません。それ以降に登録トリガーを満たしたレコードのみを登録します。登録トリガーを満たしている既存のオブジェクトをワークフローに登録する方法をご確認ください。

レコードがワークフロー登録解除の対象になった

コンタクトベースのワークフロー

ワークフローに登録される時点で、コンタクトがワークフローの目標を満たしているか、ワークフローの抑制リストに登録されている場合、そのレコードは自動的に登録解除されます。

会社ベース、取引ベース、チケットベース、または見積もりベースのワークフロー

ワークフローに登録される時点で、レコードがワークフローの登録解除トリガー条件を満たしている場合、そのレコードは自動的に登録解除されます。

オブジェクトは過去にワークフローに登録されていたが、再登録が有効になっていない

既定では、オブジェクトがワークフローに登録されるのは、ワークフロー登録トリガー条件を初めて満たした時点、または手動で登録された場合のみです。オブジェクトが過去にワークフローに登録されており、再登録が有効になっていない場合は、ワークフローの元の登録トリガー条件を再度満たしても、ワークフローに登録されません。ワークフローに再登録トリガーを追加して再登録を可能にする方法をご確認ください。