メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Workflows

ワークフローを整理する

更新日時 2022年 5月 5日

対象製品

Marketing Hub Professional, Enterprise
Sales Hub Professional, Enterprise
Service Hub Professional, Enterprise
Operations Hub Professional
ワークフローテーブルを管理し、ワークフローをフォルダにまとめることで、ワークフローを整理することができます。
 

ワークフローダッシュボードでは、以下のタブに移動することができます。 

  • すべてのワークフロー: HubSpotアカウント内のすべてのワークフローが表示されます。
  • エラーが発生したワークフロー:過去7日間にエラーが発生したワークフローが表示されます。ワークフローの一般的なエラーを特定し、トラブルシューティングする方法について説明します。 
  • 未使用のワークフローオフになっているワークフローや、過去90日間に何もアクションを実行していないワークフローが表示されます。未使用のワークフローを管理する方法をご紹介します。
  • 最近削除されたもの過去90日間に削除されたワークフローが表示されます。 

ワークフローテーブルの管理

特定のワークフローを探すには、ワークフロー名で検索するか、ワークフローをフィルタリングする方法があります。また、テーブルのカラムを更新して、特定のワークフローデータを表示することもできます。

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [ワークフロー]の順に進みます。
  • 上部の検索バーに、検索したいワークフローの名称を入力します。
  • ワークフローの種類で絞り込むことで、検索結果を表示することができます。
    • ステータス:オンまたはオフになっているワークフローでフィルタリングします。 
    • Creator:ワークフローを作成したユーザーでフィルタリングします。 
    • タイプ:案件や企業ベースのワークフローなど、ワークフローオブジェクトのタイプでフィルタリングします。 
    • 作成元ツール:フォームツールやワークフローアプリなど、ワークフローが作成されたツールでフィルタリングします。     
    • チーム:ワークフローが割り当てられているチームによってフィルタリングします。


  • テーブルに表示されるワークフローデータをカスタマイズするには、右上のTable actions > Edit columnsをクリックします。ダイアログボックスからテーブルを更新します。  
    • 左側で、表に表示させたいプロパティまたは関連付けの横にあるチェックボックスを選択します。 
    • 右側の、プロパティをクリック&ドラッグして、表中の並びを変えてください。
    • プロパティを削除するには、 x をクリックします。
    • Apply をクリックします。

ワークフローテーブルに表示する内容を選択する前に、ワークフローの詳細について学んでください。 

フォルダーでワークフローを整理する

ワークフローダッシュボードのフォルダーにワークフローを整理します。作成されたフォルダは、ワークフローとともにダッシュボードに表示されます。既存のフォルダーの中にフォルダーを作成することはできません。

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [ワークフロー]の順に進みます。
  • 右上の「フォルダの作成」をクリックします。 

  • フォルダー名を入力し、[保存]をクリックします。
  • ワークフロー]ページで、フォルダに移動させたいワークフローの横にあるチェックボックスを選択します。
  • ヘッダー行で[フォルダーに移動]をクリックします。
  • ダイアログボックスで[フォルダー名]ドロップダウンメニューからフォルダーを選択し[保存]をクリックします。
  • フォルダー名を変更するには、フォルダーにカーソルを合わせ、「名前の変更」をクリックします。
  • フォルダーを削除するには
    • フォルダーにカーソルを合わせて、「削除」をクリックします。
    • ダイアログボックスで、HubIDを入力して削除を確認し、「削除」をクリックします。フォルダーを削除すると、その中のワークフローも削除されます。フォルダーは一括削除できません。