お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Workflows

ワークフロー|よくある質問

更新日時 2020年 12月 8日

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise
Sales Hub  Professional, Enterprise
Service Hub  Professional, Enterprise

HubSpot のワークフローツールに関する回答と全般的な情報がすばやく見つかります。

全般

ワークフローを自動的に期限切れにするか、オフにすることはできますか?

いいえ。自動化を停止するには、ワークフローを手動でオフにする必要があります。

ワークフローをオフにすると、登録トリガーを満たすレコードがワークフローに登録されません。ワークフローに残っているレコードはワークフローを通して維持されますが、遅延以外のすべてのアクションが実行されません

ワークフローをオフにする方法とそのワークフロー内のオブジェクトに対する影響の詳細を確認してください。

ワークフローを一時停止することはできますか?

ワークフローの一般的な一時停止ボタンはありませんが、特定の曜日にアクションを実行しないように、一時停止の日程を設定できます。その代わり、その日のアクションは次にアクションを実行する日付に再スケジュールされます。これは特に、休日や、その他の特別な注意が必要な日にかかるキャンペーンの管理に役立ちます。

詳細については、一時停止する日程の設定をご確認ください。

「無限ループ」のためにアクションがスキップされたのはなぜですか?

ワークフロー履歴を表示すると、無限ループを避けるためにアクションがスキップされることがあります。

これは、同じワークフローの登録条件を満たすレコードを作成するためのアクションがあることを示します。このレコードを作成できる場合は、新しいレコードを作成する同じアクションに登録・リードされ、同じ登録条件を満たすことになります。これにより、「無限ループ」が作成され、ワークフローはレコードを作成し続けます。

ワークフローがレコードを無限に作成しないように、HubSpot はこのアクションの発生を防止します。このようなエラーが発生した場合、ワークフローを確認して、作成した新しいレコードがワークフローの登録条件を満たさないことを確認します。

登録トリガー

ワークフローの登録トリガーを満たす既存のオブジェクトが、オンに切り替えた後にワークフローに登録されないのはなぜですか?

ワークフローをアクティブにする前に、ワークフローがオンになったときに既存のレコードを登録するかどうかを尋ねるオプションが[レビュー]画面に表示されます。

このオプションが「いいえ」に設定されている場合、ワークフローをオンに切り替えた後にトリガー基準を満たすオブジェクトのみを登録すると、既存のコンタクト、会社、取引、見積もり、またはチケットは、その時条件を満たしていたとしても、自動的に登録されません。登録される唯一のオブジェクトは、ワークフローがオンになったに登録トリガーを満たすように変更されるオブジェクトです。 

有効なワークフローで登録トリガーを変更すると、更新された登録トリガーを満たす既存のオブジェクトをすぐに登録するためのダイアログボックスが表示されます。Marketing Hub Starter、Professional、または Enterprise アカウントがある場合、ワークフローが有効になったときに登録されるコンタクトのリストを表示できます。これらのコンタクトを表示するには、[リストを使用]をクリックします。 

workflow-enrollment-criteria-list-update

これにより、ワークフロー登録条件に基づいて新しい静的リストにリダイレクトされます。 リストは自動的に保存され、リストダッシュボードからアクセスできます[コンタクト]>[リスト]からアクセスできます。

登録トリガーを満たす既存のオブジェクトの登録方法を確認してください。 

再びワークフローの登録トリガーを満たす、以前に登録されたオブジェクトが、ワークフローに再登録されていないのはなぜですか?

既定で、オブジェクトは、ワークフロー登録トリガーを初めて満たしたとき、または手動で登録されたときのみ、ワークフローに登録されます。再登録トリガーを追加して、オブジェクトをワークフローに再登録する方法について詳細を確認してください。

 

ワークフローの登録トリガーで使用されるアクティブリストを編集するとどうなりますか?(Marketing Hub Professional および Enterprise のみ)

アクティブなワークフローの登録トリガーで使用されているアクティブなリストでフィルターを編集した後、リストを保存しようとすると、新しく更新されたリスト条件に一致する既存のコンタクトを、ワークフローに直ちに登録するかどうかを選択できるよう、ダイアログボックスが表示されます。

 

アクション

ワークフローアクションが予想時間に実行されないのはなぜですか?

多数のレコードがワークフローに登録されているか、同時にアクションを実行すると、ワークフローが調節されることがあります。ワークフローが調節される場合は、アクションがすぐに実行されず、キュー内のレコードとして処理されます。

[日付を基準に実行] または [日付プロパティを基準に実行] コンタクトベースのワークフローでは、ワークフローに登録されたすぐ後にスケジュール設定された場合、コンタクトが最初のアクションを抜かす可能性があります。これを回避するには、事前にコンタクトを登録するか、日付または日付プロパティを基準に後に最初のアクションをスケジュール設定できます。

 

新しいワークフローアクションを追加すると、登録済みのレコードはどうなりますか?

アクティブなワークフローにアクションを追加すると、ワークフローに登録され、アクティブになっているレコードに影響する可能性があります。 

アクションを追加すると、新しいアクションにまだ到達していないレコードがそのアクションに到達したときにそれ用にスケジュールされます。すでにそのポイントを通過したレコードは、新しいアクションを実行しません。

たとえば、2 つのアクションがあるワークフローで、最初のアクションと 2 つ目のアクションの間に新しいアクションが追加された場合:

  • コンタクトのPablo the Catは、現在、最初のアクション用にスケジュールされています。新しいアクションはスケジュールされたアクションの後に続くため、最初のアクションが実行されてから新しいアクションを実行するようにスケジュールされます。 
  • コンタクトのTito the Catは、元の2つ目のアクション(現在の3つ目のアクション)用にスケジュールされます。このコンタクトはすでに新しいアクションが追加されたポイントを通過しているため、新しいアクション用にスケジュールされません

ワークフローアクションを削除すると、登録済みのレコードはどうなりますか?

アクティブなワークフローからアクションを削除すると、現在そのアクション用にスケジュールされているレコードに影響します。

削除済みのアクション用にスケジュールされていたレコードは、そのアクションを実行しません。代わりに、そのアクションのワークフロー履歴にエラーが表示されます。これらのレコードは、通常どおり、残りのワークフローを通過します。 

ワークフローのリードの回転アクションが、新しいコンタクトには 10 分間遅延されるのはなぜですか?

[既定で会社所有者をコンタクトに割り当てる] 設定を有効にしている場合リードの回転アクションをコンタクトベースのワークフローに追加すると、アラートが表示されます。コンタクトと企業担当者の同期が有効であるため、新規コンタクトの処理には約 10 分かかります。

新しい HubSpot コンタクトが作成され、所有権がコンタクトと会社間で同期されると、コンタクトが会社に関連付けられ、会社の所有者がコンタクトに同期するため、いくらか時間がかかる場合があります。結果として、リードの回転アクションを実行する前に 10 分間新しいコンタクトが遅延され、コンタクトと会社の関連付け、および所有者の同期に、十分な時間を割くことができます。

 

マーケティング E メールが、ワークフローでの送信に使用できないのはなぜですか?(Marketing Hub Professional および Enterprise のみ)

自動化用に保存されたマーケティング E メールのみをワークフローで送信することができます。マーケティング E メールが、下書きである場合、または以前にリストの受信者に送信された場合、送信 E メールアクションで選択用に表示されません

遅延

遅延を削除すると、ワークフローの遅延を待機中のオブジェクトはどうなりますか?

遅延を削除すると、遅延を待機していたレコードは直ちにその遅延をスキップして、残りのワークフローを通過します。

ワークフローの遅延の編集の詳細についてご確認ください。

遅延タイミングを変更すると、ワークフローの遅延を待機中のオブジェクトはどうなりますか?

遅延の長さを変更すると、遅延待機中のレコードが直ちに再スケジュールされます。再スケジュールでは、元の遅延で経過した時間が考慮されます。
  • 遅延を長くすると、新しい遅延期間の残り時間を完了するように遅延レコードが再スケジュールされます。たとえば遅延を1時間から2時間に調整する場合、すでに30分待機しているレコードの新たな待機時間は1時間30分です。
  • 遅延を短くすると、レコードが新しい長さで再スケジュールされるか、または遅延が終了します。たとえば遅延を2時間から1時間に調整する場合、すでに30分待機しているレコードの新たな待機時間は30分です。すでに1時間30分待機しているレコードでは、遅延が即時終了します。

ワークフローの遅延の編集の詳細についてご確認ください。