Salesforceインテグレーションの同期エラーの識別および修正方法

更新日時 July 6, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Pro & Enterprise
インテグレーションには、Salesforce同期エラーのダッシュボードが組み込まれています。同期中にエラーが発生すると、これらのエラーは[Sync Errors(同期エラー)]画面に表示されるので、HubSpot内で各エラーをチェックして、修正することができます。あるコンタクトの同期が適切に行われていないと感じるようであれば、まず最初にそのコンタクトに当たってみるのがいいでしょう。

インテグレーションに移動する

HubSpotダッシュボードから、[Account Menu(アカウントメニュー)] > [Integrations(インテグレーション)]の順に移動します。

HubSpot Help article screenshot

Salesforceの設定

[Integrations(インテグレーション)]ページの[Salesforce]セクションで、[Settings(設定)]をクリックします。

HubSpot Help article screenshot

同期エラー

左側のメニューから[Sync Errors(同期エラー)]を選択します。

HubSpot Help article screenshot

[Sync Errors(同期エラー)]ダッシュボード

ここに、インテグレーションにより検出され、まだ解決されていないすべての同期エラーが表示されます。このダッシュボードには、コネクターの全般的な状態、同期エラーにより影響を受けているコンタクト数、同期エラーの理由、エラーの修正方法が示されます。

HubSpot Help article screenshot

同期エラーを修正する

無効なEメールアドレスエラーと、その修正方法をチェックしてみましょう。このためには、[Details(詳細)]をクリックします。

HubSpot Help article screenshot

同期エラーの詳細

ポップアップウィンドウに、発生したエラーについてのより詳しい概要が表示されますこの同期エラーによって影響を受けているコンタクトのサンプルリストも提供されます。

HubSpot Help article screenshot

コンタクトの同期を再度試みる

このエラーの解決策として、[Retry syncing contactst(コンタクトの同期を再試行)]をクリックして、インテグレーションに同期を再実行させます。

HubSpot Help article screenshot

静的リストを作成する

それでもエラーが続く場合は、エラーの解決を進めつつ、この同期エラーの影響を受けているコンタクトの静的リストを作成しておくと便利です。そうすることで、問題が解決したときに、そのコンタクト全員に対してSalesforceとの同期を再実行することができます。そのためには、同期エラー詳細ウィンドウの[Create static list(静的リストを作成)]をクリックします。 これにより、静的リストが作成されます。作成したリストは、[Contacts(コンタクト)] > [Lists(リスト)]の順に選択すると表示されます。

HubSpot Help article screenshot

[Sync Error(同期エラー)]ダッシュボード上に表示されている各同期エラーをすべて解決したら、HubSpot とSalesforce間で同期できなかったすべてのコンタクトが同期され、一方のシステムから他方のシステムに新しいデータが流入しているはずです。この時点で、[Sync Error(同期エラー)]ダッシュボードは次のような状態になっています。

HubSpot Help article screenshot

前の記事

次の記事