お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
CMS-General

フレキシブルパターン URL リダイレクトをセットアップする

更新日時 2019年 6月 10日

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise
Basic
HubSpot CMS

フレキシブルリダイレクトは、特定の構造を持つ URL を動的に更新しますが、元の URL 構造の一部の部分を保持します。URL リダイレクトツールで、ターゲット URL に追加するコンポーネントを定義できます。

フレキシブルパターンの URL リダイレクトを作成する

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[ドメインとURL] に移動します。
  • [URL マッピング] タブをクリックします。
  • [URL リダイレクトを追加]をクリックします
  • パネルのスライドで、[フレキシブルリダイレクトタイプ]を選択します。
  • オリジナル URL Redirect to URL を定義します。
    • URLのコンポーネント部を定義するには、元のURLの変数の名前の前にコロン(:)を使用します。
    • そのコンポーネントをデスティネーションURLに追加するには、同じ名前を{}で囲んで追加します。
    • // の間の URL パスの各部分には、転送先 URL で変数として含める独自のコンポーネントが必要です。なお、このルールには例外があり、残りのURLの名前の前に * 記号を使用すると、URLの端全体(クエリ文字列の前まで)を単一のコンポーネントとして追加できます。リダイレクト先URLのコンポーネント以外のテキストが動的に置き代わることはありません。

add-flexible-url-redirect

 

フレキシブルパターン URL リダイレクトの例

元の URL の個々のコンポーネントを維持する

日付など、リダイレクト先URLにも含めたい共通パターンが元の URL 構造に含まれている場合、柔軟なパターンマッピングを使用できます。

URLの例: http://www.example.com/2012/12/30/my-first-post

元のURL:http:///www.example.com/:year/:month/:day/:post-name

リダイレクト先: http://blog.example.com/{month}/{day}/{year}/{post-name}

このフレキシブルリダイレクトを保存したら、元のサンプル URL にリダイレクトされます。: http://blog.example.com/12/30/2012/my-first-post
 

URLの終端をコンポーネントとして定義する

URLの端全体(クエリ文字列の前まで)を1つのコンポーネントにしたい場合もあります。

URLの例:http://www.example.com/product-id/22/jet-ski

オリジナル URL:http://www.example.com/product-id/*rest-of-url

リダイレクト先:http://info.example.com/products/{rest-of-url}

このフレキシブルリダイレクトを保存したら、元のサンプル URL にリダイレクトされます。:http://blog.example.com/products/22/jet-ski
 

個別のコンポーネントと残りの URL の両方を使用する

URLの例: http://www.example.com/blog/12/25/2013/marketing/merry-christmas?post-id=33

オリジナル URL:http://www.example.com/blog/:month/:day/:year/*rest-of-url?post-id=:post-id

リダイレクト先:http://blog.example.com/{month}-{day}-{year}/post-{post-id}/{rest-of-url}

このフレキシブルリダイレクトを保存したら、元のサンプル URL にリダイレクトされます: http://blog.example.com/12-25-2013/post-33/marketing/merry-christmas