メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

非公開ブログコンテンツの自己登録を利用する

更新日時 2024年 4月 12日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

Content Hub   Enterprise

自己登録をオンにすると、ブログ訪問者は登録して非公開のブログ記事を表示することができます。訪問者が初めてブログを表示した場合、「続きを読む」区切りまでの非公開ブログ記事しか読むことができません。詳しくはこちら登録ページテンプレートのカスタマイズ

既知の登録先コンタクトプロパティーと、未知の登録Eメールを送信した時間コンタクトプロパティーを絞り込み条件とすることで、自己登録したコンタクトを特定することができます。非公開コンテンツに関連付けされているコンタクトプロパティーについてはこちらをご覧ください。

注:現在、自己登録後に訪問者にEメールアドレスの確認を求めるメールをカスタマイズすることはできません。 

セルフ登録を設定する

  • HubSpotアカウントにて、上部のナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左サイドバーのメニューで、コンテンツ > 非公開コンテンツに移動します。
  • [編集するドメインを選択]ドロップダウンメニューをクリックし、非公開コンテンツがホスティングされているドメインを選択します。
  • 「セルフ登録を可能にする」チェックボックスを選択します。 
  • 左のサイドバーメニューで、コンテンツ > ブログに移動します。 
  • 現在のビューセクションで、最初のドロップダウンメニューをクリックし、ブログを選択する。ビジネスユニット追加オプションのあるアカウントでは、これは2つ目のドロップダウンメニューになります。 
  • アクセスコントロールセクションで、パブリックを選択し、誰でもブログ全体にアクセスできるが、メンバーだけが全記事にアクセスできるチェックボックスを選択します。 

注:この設定をオンにすると、ブログ記事を自己登録を使用するように設定するオプションが与えられます。自己登録を使用するには、個々のブログ記事を設定する必要があります。 

アクセスコントロールドメイン設定
  • 左下で、「保存」をクリックする。

ブログ記事にカスタムヘッダー/フッターHTMLを使用する。

自己登録を設定したら、各ブログ記事を表示するために訪問者に登録を求めるかどうかを設定することができます。 

  • HubSpotアカウントにて、[コンテンツ]>[ブログ]の順に進みます。
  • ブログ記事の上にマウスポインターを置き、[編集]をクリックします。 
  • 設定メニューをクリックし、アクセスコントロールを選択する。 
  • ダイアログボックスで、要自己登録を選択します。

アクセス制御設定

  • サインインしていない訪問者に投稿がどのように表示されるかをプレビューする:
    • コンテンツエディターで、右上のPreview。
    • 「プレビュー動作」ドロップダウンメニューをクリックし、Visitor (not signed in)を選択する。 
  • ブログ記事の編集が終わったら、右上の公開または更新をクリックします。 

複数のブログ記事にカスタムヘッダー/フッターHTMLを使用する自己登録をオンにする

ブログ記事の一覧ページから、一度に複数のブログ記事の自己登録をオンにすることができます。 

  • HubSpotアカウントにて、[コンテンツ]>[ブログ]の順に進みます。
  • 各ブログ記事の横にあるチェックボックスを選択します。
  • テーブルの上部で、「その他」ドロップダウンメニューをクリックし、「オーディエンスアクセスを管理」を選択します。 
  • 右側のパネルで、要自己登録を選択し、保存をクリックします。 

複数投稿のオーディエンスアクセスの管理

 

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。