Email

ウェブページバージョンのEメールを作成するには、どうすればよいですか。

更新日時 November 28, 2016

ウェブページバージョンのEメールを作成する場合、ウェブページバージョンの末尾に追加ページを作成する必要はありません。実際はもっと簡単で、Eメールの下書き設定でウェブページバージョンオプションを有効にしておくと、新しいウェブページがEメールのコンテンツを使用して自動的に作成されます。ただし、この他にページのURL、メタディスクリプション、ページタイトルなどの基本的な詳細情報は指定する必要があります。

  • [Content(コンテンツ)] > [Email(Eメール)]の順に選択します。
  • ギアアイコン > 編集するEメールの横にある[Edit(編集)]をクリックします。
  • [Settings(設定)] > [Web Version(ウェブバージョン)]の順に移動し、ウェブバージョンEメールをオフからオンに切り替えます。
  • スケジュールに特定の日時を登録し、その日時にウェブベースのEメールをランディングページにリダイレクトするオプションもあります。たとえば、24時間限定のオファーの場合、自社ホームページを選択しておき、Eメール送信の予定日時から24時間はページから自社ホームページにリダイレクトすることができます。
ユーザー追加画像
ユーザー追加画像
  • ウェブバージョンEメールの送信後、そのウェブバージョンEメールのページステータスを更新するオプションもあります。
  • EメールのウェブバージョンのURLは、有効なURLが入力、保存されてから機能します。つまり、ウェブページバージョンは、下書きEメール内でも有効です。
[Settings(設定)]タブにウェブバージョンの設定が表示されない場合:
  • Eメールエディターを開き、[Settings(設定)] > [Edit Template(テンプレートを編集)]の順に移動します。
ユーザー追加画像
[View As Web Page(ウェブページとして表示)]モジュールがテンプレート上に含まれている(テンプレート上部が一般的な配置)ことを確認します。
  • さらに、[Edit Options(編集オプション)] > [Tools(ツール)] > [Source Code(ソースコード)]の順に選択し、トークンの存在を確認します。
ユーザー追加画像
ユーザー追加画像
  • このコードは以下のような体裁となります。

  • カスタムコードを使用したテンプレートには、 {{view_as_page_section}} 、または {{view_as_page_url}}トークンが含まれる必要があります。

関連記事: