お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Website Pages

ページ、ブログ記事、またはEメールの下書きに対して以前に行った変更にアクセスする

更新日時 2019年 11月 21日

未公開のページ、ブログ記事、または自動配信Eメールの下書きの編集中に、コンテンツの保存済みバージョンをレビューできます。編集中に、コンテンツエディターの一番上にある [保存] ボタンをクリックして、作業内容の変更履歴を保存します。

ページ、ブログ記事、Eメールのコンテンツに対する変更履歴を表示

コンテンツエディターで下書きの作業をすると、編集内容が自動的に保存されます。コンテンツが公開された後、コンテンツエディターに保存された編集内容は、それらの公開まで、変更履歴に保存されません。

以前に保存した変更履歴を復元するには、次の手順を実行します:

  • 編集用のページにアクセスしたら、[保存] ボタンの横にある [変更履歴の表示] アイコン listView をクリックします。
view-revisions
ユーザー追加画像
  • ポップアップウィンドウに変更履歴のリストが表示されます。このリストで、コンテンツのプレビューを表示する変更履歴をクリックします。
  • [選択] をクリックして選択内容を最終確認します。
  • コンテンツエディターにリダイレクトされたら、[保存] または [公開] をクリックして変更内容を保存します。


ドラッグ&ドロップエディターで、Eメールに対する変更履歴を表示

Eメールエディター作業する際、変更履歴が自動的に保存されます。以前に保存した変更履歴を復元するには、次の手順を実行します:

  • HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [Eメール]の順に進みます。
  • ダッシュボードで、レビューするEメールを見つけてその上にカーソルを置き、[編集]をクリックします。
  • 左上の[No saved changes(保存されていない変更はありません)]にカーソルを置き、変更履歴をクリックします。

view-revisions-drag-and-drop

  • ポップアップウィンドウに変更履歴のリストが表示されます。このリストで、コンテンツのプレビューを表示する変更履歴をクリックします。
  • [選択] をクリックして選択内容を最終確認します。
  • コンテンツエディターに戻ったら、[保存]をクリックします。
/jp/cos-pages-editor/can-i-roll-back-the-changes-i-made-to-my-landing-page